*

監督はどっしりと構えて

公開日: : 少年野球指導

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非常に大きい。これは監督のサインを元に選手が動くという事もあるが、監督の自信のある姿を見て選手も落ち着くのだろう。

選手の掌握

 野球だけでなくあらゆる団体競技、またはスポーツだけでなく職場などでも、管理をする人の力量により、チームが力を発揮できるかどうかが変わってくる。

 もちろん監督の頭の良さや作戦のすばらしさという事もあるが、それだけでは選手は思い通り働くことはできない。監督の熱量だったり、この監督を何とか胴上げしたいという人柄だったりして、選手に信頼されるようになってから選手に監督のビジョンを浸透させていく。そして監督は選手のことを良く見て、どんな選手かどんな力を持っているか、どんな時に力を発揮してくれるかなどを把握して、選手とコミュニケーションを取り、また信頼を築いてゆき、選手は監督の指示を信頼して監督の指示の通りに働く事になる。

 嘗ては監督の怖さ、暴力、上級生の指導という事もあったが、今はそんな時代ではない。

 

監督に信頼感

 勝負事では成功もあれば失敗もある。成功した時、監督は喜んでいるか、失敗した時、監督が見てくれているかを選手は見ている。また、調子が良くない時や負けているとき、選手は監督の姿や顔をちらちらとみる。その時、監督が不安そうな顔をしていたり、ソワソワと不安そうな態度をみせていたら、選手も不安を感じてしまう。

 作戦に失敗しても、相手の作戦にしてやられても、監督は堂々としていてほしい。それが選手に信頼感を与える。

 名将と言われた監督には信念と共に自信があった。人を信じ、自分を信じる。共に信じる力。その力の強さが名将と言われる人の強さなのだろう。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

元プロ野球選手が教えるという事

元プロ野球選手が、大学野球や高校野球、そして少年野球チームの監督やコーチとして選手を指導しているケー

記事を読む

野球のムーブメントと特徴、右投げ左打ち

 野球界にもムーブメントがある。ネックウォーマーのような防寒具だったり、防具なども技術の進化やファッ

記事を読む

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカン

記事を読む

野球塾の練習内容とは?

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、元プロ野球選手の指導を受けるために、月曜日から金曜日まで

記事を読む

野球教室トレーニング

野球はフットワーク!

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、小学校低学年から中学生、そして大人まで、元のプロの選手が

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑