*

天理高校・坂口漠弥選手を元プロスカウトが評価する

公開日: : 高校野球

 選抜高校野球大会が終わり、高校生たちは夏に向けて動き始めている。そのセンバツで長打力が注目されたのが、準決勝・決勝で3本のホームランを放った敦賀気比の松本哲幣選手だが、1回戦で長打力に注目されたのは天理高校の坂口漠弥選手だった。坂口選手について、元西武スカウトの日野茂氏に評価をしてもらった。

坂口漠弥選手

 坂口選手は185cm90kgの右のスラッガーで、センバツ前までに高校通算28本塁打を記録していた。そしてセンバツでは1回戦・糸満戦で2打数1安打(2四球)、左中間スタンドにホームランを放ち、プロのスカウトからは「今大会NO1のスラッガー」と評価が上がった。2回戦の健大高崎戦では3打数0安打に終わっている。

 

 日野氏には選抜大会でのテレビ中継と共に、これまでのいくつかの映像を見てもらった。

 

Youtube 第87回選抜高校野球大会1回戦 糸満vs天理 坂口漠弥選手(天理) ツーランホームラン  BASEBALL LOVE様

 

Youtube 【天理】坂口漠弥選手(2年秋)【14年秋近畿】 kenanasq様

 

 かなり力のこもったようなバッティングフォームだが、「トップの位置もしっかりと決まっており、悪くないフォーム」とまずはバッティングフォームを評価、さらに変化球の見逃しかたを見て「見逃し方もしっかりしている。ボールを呼び込めている」と話した。

 「これならばインコース、アウトコースにも対応できアベレージも残せる」と話し、スラッガーとしてホームランを狙うだけでなく、打率も残せる可能性があるという。そしてホームランの打球についても「飛ばす力は十分」と評価した。

 かなりの高い評価だが、膝を曲げて低く構えるバッティングフォームについて聞くと、「バッティングは試行錯誤して決めるもので、おそらく見るたびの少しずつ変化している。」「今もまだ試行錯誤中だろう。」とのことだった。打撃については、これがいい形というものはなく、個人個人の身体や感覚で違う。基本的なものはあるが、窮屈そうに見えてもその方が本人はしっかりとボールを待てて打てるならば、それでよいという。

 本来は実際に見ないとわからないが、映像などでチェックするときは構えよりも、「ボールの待ち方、特にボールを呼び込めているか」、「スイングの始動の時の形」などを見ると良い、とアドバイスもいただいた。

 昨年は同じ奈良県のスラッガーで、智弁学園の岡本和真選手が、巨人にドラフト1位指名されて入団している。坂口選手はそれに続くか、それとも大学や社会人など別の道も考えているのか、いずれにしてもこの春から夏にかけての活躍が楽しみな選手だ。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

高校野球100年、審判員も100年

 100年目の高校野球大会が開幕した。第一回全国中等学校優勝野球大会は1915年8月19日~23日に

記事を読む

怪物と怪物が出会ったら

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物

記事を読む

元西武の日野スカウト、甲子園に出場した投手について語る

 元西武でスカウトとして活躍した日野茂氏が、8月22日のテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」で、甲子園

記事を読む

石毛宏典氏の高校野球への提言

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした

記事を読む

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む

小豆島と小豆島高校と甲子園

小豆島高校がセンバツ大会に出場、1-2で惜しくも敗れ甲子園1勝はならなかったが、落ち着いた戦いぶりを

記事を読む

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む

バスターは難しい

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構

記事を読む

高校野球の2014年の日程終了!今年の高校野球シーンを振り返る

 高校野球は明治神宮大会が終わり、2014年のすべての日程が終了した。あとは年末を越し、1月末に選抜

記事を読む

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(1)

昨年、高校野球100年という事で、沢山のイベントが行われ、夏の甲子園も大いに盛り上がった。とても長い

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑