*

監督の色とチームバランス

公開日: : プロ野球

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリーグは広島、パリーグはオリックスといった優勝の期待が高かったチームが苦戦している。どのような事が考えられるのだろう。

チームバランス

 元横浜ベイスターズで2軍監督などを務めた日野茂氏は、オリックスのチーム状態について、「補強でチームバランスが崩れている」と指摘した。金子千尋投手や吉田一将投手といった投手の故障の影響も大きいだろうが、打線が補強をしたわりには迫力が欠けている。

 「去年が絶妙のバランスだったのだと思う」と日野氏は話す。

 昨年のオーダーと今年のオーダーを書いてみる。

2014年

打順  
平野恵(ヘルマン)
安達(平野)
糸井
ペーニャ(糸井)
T岡田
ヘルマン(ペーニャ)
川端(原拓)
駿太、坂口
伊藤

2015年

打順  
ヘルマン
平野恵
糸井
中嶋
T岡田(ブランコ)
小谷野
坂口
安達
伊藤

 オフに中嶋選手、ブランコ選手、小谷野選手を獲得し、主軸を一層した形になっている。その前からも糸井選手やペーニャ選手などを獲得しており、主軸を外部から招へいする事は比較的多いチームではあったが、今年は中嶋選手を不動の4番に据えた。

 並びだけをみると強力になったように見える。ただし打線というものも、ただ大砲や打つ選手を並べるだけではつながらない。1998年の横浜ベイスターズのマシンガン打線のようにそれぞれが役割を認識し、前後を打つバッターの特徴やプレーを理解することで、繋がりが生まれる。

 まだ始まったばかりであり、これからお互いがプレーを理解し信頼してくるだろう。終盤戦には破壊力が威力を見せるようになると思う。ただし、今の状況で借金を膨らませると取り返しがつかないことになる。耐える時期だろう。

 

監督の色

 広島カープはというと、打線についてはあまり入れ替わりを見せていない。エルドレッド選手の故障があったが、昨年もエルドレッド選手が故障をする中で戦っている。変わったといえば野村監督から緒方監督に代わった事だろう。ただし、監督の交代というのは、思う以上に大きな変化を与えるという。

 監督がどんなプレーを期待しているのか、選手は見ている。そして監督考えと選手の考えが重なって、初めて力を出す。サッカーでは監督によってフォーメーションが変わったり、大きく変化することがあるが、野球もあまり目に見えないかもしれないが、監督の考えというのはチームのベースになっている。

 野村前監督がAクラスに入るチームを作ったが、そのままで今年は優勝まで手が届いたかはわからない。そこに緒方監督の色が加わる事で、優勝へのあと一歩に手が届くと考えたのかもしれない。緒方監督は1番でドラフト1位ルーキーの野間選手を起用し、自分の色をチームに溶け込まそうとしている。

 ちなみに福岡ソフトバンクも秋山監督から工藤監督に交代したが、まず選手が勝ち方を知っていることが大きく、充実した戦力もある。したがって工藤監督は今年は大きなチームカラーや選手起用の変更はせず、現有戦力の見極めて自分の色を出すのは来年からとなりそうだ。

 広島は選手が優勝の仕方を理解しているわけではない。監督の考えと選手の考えが一致してようやく優勝が望めるチームだろう。その時期がいつごろ訪れるかはわからないが、そこまで待つ必要があるのだろう。

 

 野球は戦力を集めるだけで勝てるものではない。その戦力を結び付けてようやく勝てるチームになる。選手同士がお互いを理解して結びつくのか、監督が考え方を選手に伝えて結びつけるのか。優勝経験が少ないチームは優勝をするには、やはり時間がかかるといえる。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む

日本人打者よ、空振りやエラーをしてさらに上を目指せ!

 プロ野球はオールスター出場選手がすべて決定した。投手陣では大谷翔平投手をはじめ、菅野智之投手、則本

記事を読む

ソフトバンク・島袋洋奨投手、もっと自信をもっていい

ソフトバンクのドラフト5位ルーキー・島袋洋奨投手が9月25日の千葉ロッテ戦で8回に登板し、1回をノー

記事を読む

福岡ソフトバンクの2015年のチーム構成

 昨年日本一となった福岡ソフトバンクは2015年をどのように戦おうとしているのか、チーム構成を見てみ

記事を読む

ドラフトに見る独立リーグの役割、石毛宏典氏が語る

2015年のドラフト会議では四国アイランドリーグプラスから6人が、BCリーグからも6人が指名された。

記事を読む

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む

横浜DeNA・白崎浩之選手の4月23日のプレーを検証する

もう2週間前になるが、4月23日の巨人戦で2年目のショート・白崎浩之選手が3失策、初回にはファースト

記事を読む

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑