*

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

公開日: : プロ野球

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それがプロ野球の絶対的な頂点の地位を崩す事になるかもしれないという話です。

公明正大で緻密な経営

 プロ野球の球団運営も他の企業と同じく、収入や支出を細かく正確に、そして透明性を確保しなければならない時代になっている。

 昔はプロ野球の球団自体も、オーナー企業の宣伝のためと考えられ、球団の運営だけで黒字にするという考え方も少なかったかもしれない。その分、親会社が資金を入れ、その費用で運営費用が賄われていた。

 そういう時代にあって、選手への年俸やボールの購入、グッズの製作などもかなりあいまいに管理されており、以前は倉庫に売れ残ったグッズが沢山眠っていて、選手がファンにプレゼントしたりという事もあった。ボールも使われたものは地域の少年野球チームなどに、練習用として渡したりもしていたようだ。

 しかし今では、グッズは売れる分だけ製作し売り切る形のものが多い。限定品といった形で販売されるものが増えており、在庫で眠っているグッズも減った。ボールも使用したものも在庫として管理されるようになった。グッズやボールを簡単に配ったりすることができなくなった。

 正確な数字がわかる事で、製作するグッズの必要数が分かり、ボールも本当に必要な数が分かり、経費の削減につながる。当たり前といえば当たり前の事だが、良い面で言えば公明正大な球団運営ができるようになった。

 

日本野球の頂点

 そのようにグッズを配ったり、ボールを配ったりすること、または金銭的な流れも多少はあったと思うが、それによって日本の球界はプロ野球に頼りながら歩んでいたともいえる。

 大学、高校野球、少年野球、独立リーグのチームの運営は厳しい。硬式球は高価で、練習用のボールをボロボロになるまで使い、予算が足りなくて新しいボールも買えなかったりする。そこで以前はプロ野球で使われた中古のボールを便りにしていた。

 プロ球団からボールの供給が無くなることで野球をする機会が減っている可能性もある。グッズを簡単に配れなくなったことで、新たな野球ファンの獲得のチャンスが減っている可能性もある。

 放漫かもしれないが豪快だったプロ野球が支えてきた日本野球のピラミッド、頂点からの供給が小さくなり全体的に小さくなっていくのかもしれない。また、独立リーグやアメリカのメジャーリーグなどが、今後、日本の地域のそのような野球チームを支えるようになったりすれば、プロ野球が頂点から落ちる日もあるかもしれない。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

一流選手が名指導者になるために

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろ

記事を読む

ドラフトに見る独立リーグの役割、石毛宏典氏が語る

2015年のドラフト会議では四国アイランドリーグプラスから6人が、BCリーグからも6人が指名された。

記事を読む

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む

石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛宏典氏が、同じく1年目から西武

記事を読む

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、セントラルリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が

記事を読む

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

野球のトレンドは小柄でも飛ばせる選手、投げられる選手に?

 プロ野球は、だいたい180cm80kgくらいの選手がプレーしていて、近くで見ると大きく感じるという

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑