*

新人が開幕スタメンを奪うには?

公開日: : プロ野球

 プロ野球が開幕した。毎年、オープン戦では新たに入団した選手が注目され、チームの戦力アップを想像する。しかし、実際にペナントレースの開幕を迎えると、昨年までのレギュラー陣が名を連ねることが多い。新人が開幕スタメンをつかみ取る難しさを、横浜ベイスターズでヘッドコーチなどを経験した日野茂氏に聞いた。

新人が開幕スタメンを獲る条件

1.強力なレギュラー選手の存在

 プロ野球や競争社会といっても、やはりチームの中心選手は、首脳陣もファンも戦力として最初から計算に入れている。例えばオリックスの糸井選手や福岡ソフトバンクの内川選手などからポジションを奪うのは、その選手がケガでもしない限りほぼ不可能といえる。

 

2.故障無く開幕を迎える

 次に重要なのは、故障なく開幕を迎える事で、これが意外と難しい。中日ドラゴンズのドラフト3位、中日の友永翔太選手はオープン戦で活躍を見せたものの、故障のため開幕を1軍で迎えることはできなかった。新人ではないが、巨人で今年こそ主軸をと期待されていた大田選手も、故障で降格している。

 

3.オープン戦の成績

 そのような強力なレギュラーがいない場合、新人もオープン戦で結果を残せばチャンスを掴む可能性出てくる。どのくらいの成績を残せば良いのか、日野氏は「新人で打撃が売りの選手ならば打率4割以上は欲しい。それくらいのものが無ければ、打率.250の実績のある選手の方を使う」と話す。

 野手に関していうと、プロ野球での経験というものはやはり大きい。そして経験を積んでいるベテラン選手でさえ、開幕戦で結果を残すことは難しいという。選手を使う監督としても、新人の勢いというものは認めながらも、やはり実績のある選手を使う事で安心をしたくなるという。新人を起用してノーヒットに終わったり、エラーなどで試合を決まってしまうと非常に悔いが残る。それならば、実績のある選手を使ってノーヒットに終わっていたほうが、まだ悔いが残らないという。監督もやはり人間なのだろう。

 

4.チームの状況

 3とも関連するが、チーム状況によって新人が起用されやすい状況になっているかという事もある。例えば巨人や阪神といった伝統も人気もあるチームは、常に戦力が整えられ常に勝利を求められるチームであり、開幕で新人を使うような賭けをしなくても実績のある選手を使えば勝てる戦力がある。新人を使うのはそのベテラン選手の疲労が出てくる事、または主力に故障が出てきたときに使えばよい。

 逆に横浜DeNAなどは、成績は上昇しているものの昨年も5位と下位で低迷していたチームで、常にチャレンジャーの精神を持てる状況にある。そこで実績のある選手を外し、新人を起用する賭けもしやすくなる。

 また、監督が交代したチームも、ある程度のチーム作りの時間が監督に与えられていることが多い。そのため、この選手を中心選手に育てるという考えで腹をくくって使っていくこともあるという。ただし、福岡ソフトバンクは、監督が何もしなくても優勝できる、と評論家が話すように戦力が整っている。工藤監督は新人監督といえど、今年は自分の色を出していくのはなかなか難しい。来年あたりから自分の考える選手を起用していくのだろう。

 

 このようにさまざまな条件をクリアし、新人が開幕をスタメンで迎えることができる。野手では横浜DeNAの倉本寿彦選手がスタメンレギュラーを獲得した。もしエラーなどをすればファンも、そしてスタメンを奪われた山崎選手も納得するのが難しく、中畑監督に批判が集まるリスクがあった。しかし倉本選手はヒットも放ち、守備でも好プレーを連発して期待に応えた。

 広島も新人の緒方監督が野間峻祥選手を3試合目に1番ライトに抜擢した。緒方監督はドラフト会議でも外れ1位で希望して野間選手を獲得し、腹を決めているように見える。

 巨人は新人の高木勇人選手を新人としては久々の開幕ローテーションに加え、初勝利を挙げた。投手はすぐに活躍する選手も多いが、「巨人で」という事は快挙だろう。裏を返すと投手の戦力が薄くなっていることを示している。

 新人の活躍もプロ野球の花、エラーなどで小さくなることなく、将来のチームの中心選手になってほしい。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

選手の成長とケガのケアに重点を置いた、工藤監督の福岡ソフトバンク優勝に石毛宏典氏語る

 工藤公康監督が就任して1年目の福岡ソフトバンクがパリーグ優勝を果たした。コーチ未経験での就任1年目

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

9人指名して6人が1軍昇格、東北楽天の2013年ドラフト

 東北楽天のドラフト4位ルーキー、古川侑利投手が1軍に昇格した。これで昨年、東北楽天が指名した9選手

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む

野球キャンプイン

プロ野球の秋季キャンプはなぜ地獄なのか

プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。長いシーズンの戦いを終えたプロ野球選手が、「地獄」と称され

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑