*

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

公開日: : スカウト活動

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする選手にはかわいそうな場面も見られたが、日程は予定通り進んだ。このセンバツ大会、プロのスカウトの目も県岐阜商の高橋純平投手に注目が集まり、その他にあまり選手の名前が挙がらなかったが、元西武スカウトの日野茂氏は、「面白いと思う選手がたくさんいた」と話す。

決して寂しい大会ではない

 昨年の選抜では佐野日大・田嶋大樹投手と智弁学園の岡本和真選手がそれぞれ活躍し、プロのスカウトも「ドラフト上位に入る」とコメントした。岡本和真選手は巨人がドラフト1位で指名し、田嶋大樹は社会人に進んだものの先日の社会人野球・東京スポニチ大会で先発し好投している。

 今年はというと、スカウトがドラフト上位候補として挙げたのは、県岐阜商の高橋純平投手だけだったと思う。そういう意味では、著者を含めて今年プロ入りしそうな選手を探していた人はやや寂しい大会だったと思っているだろう。しかし、元西武スカウトの日野氏は、「今年は面白い選手が多かった。決して寂しい大会ではない」と話した。

 

大学に行ったら楽しみな選手

 日野氏も今年のドラフト候補としては、「県岐阜商の高橋純平くらい」と話した。しかし、仙台育英の平沢大河選手については、「追い込まれてからもあれだけのスイングができる選手はあまりいない」と評価した。無理な体勢から送球して悪送球となった場面もあったが、「判断の悪さはあるかもしれないが、あのプレーは評価の対象にはならない」と話した。

 他には敦賀気比の平沼翔太選手は投手としても評価は高いという。また大曲工のエースで4番・武田龍成選手についても、「大学に行けばいい投手になる」と評価した。

 さらに、八戸学院光星の中川優投手も印象残ったと話す。こちらも大学などで面白い選手になりそうだという。また2年生でも常総学院の鈴木昭汰投手、静岡の村木文哉投手も楽しみま選手だと話す。

 

 今年の候補という事でなければ、プロのスカウトの目には豊作と映った今大会、秋に再び名前が挙がってくる選手、そして大学、社会人などでプレーし、将来、名前が挙がってくる選手が出てきそうだ。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

明らかになる選手の能力、チームの選手を見る目は一致しているか?

新人合同自主トレがスタートした。そこには選手を預かる1軍2軍の監督やコーチ、担当したスカウト、そして

記事を読む

スカウトの神様は野球マニアだった、時代で変わるスカウトの評価

 プロ野球のスカウトがすごいと思うのはスカウトは誰なのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日

記事を読む

【ドラフト会議特集5】スカウトの1年

 10月23日のドラフト会議まであと2週間と少し、各地で大学のリーグ戦が終盤戦の盛り上がりを見せてい

記事を読む

野球キャンプイン

1月、2月のスカウトの動き

プロ野球は2月1日に春季キャンプが始まり「球春到来」となる。この時期はアマチュア野球の高校野球、大学

記事を読む

プロ野球スカウトの面白さ ~昔のスカウトの仕事~

 北海道日本ハムの山田GMが退任されるようだ。思えば最近のドラフト会議で、唯一会場を湧かせてくれる球

記事を読む

ネットスカウトの情報量の凄さ

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深い

記事を読む

野手のドラフト候補がスカウトに注目されるには

 センバツに出場する野手の候補を紹介してきたが、元西武のスカウト・日野茂氏に、「野手はどんな風にすれ

記事を読む

【ドラフト会議特集4】スカウトの仕事、交渉事

 プロ野球のスカウトは、チームのために必要な戦力をそろえる事。選手を見て評価をすることが最も主な活動

記事を読む

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

スカウトの目は様々なものに影響される

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備な

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑