*

選抜高校野球、注目候補の活躍はあまり見られず

公開日: : 高校野球

 選抜高校野球大会の1回戦が、最後の登場となる東海大四vs豊橋工の試合ですべて終わった。出場32校すべてが登場したが、プロのスカウトが色めきだった場面は多くなかった。

投手

 投手では県岐阜商の高橋純平投手が圧巻だった。最速も150キロを記録し、公言していた完封とはならなかったものの2安打11奪三振1失点の見事なピッチングだった。ストレートだけでなく、鋭いスライダーもプロのスカウトが評価し、球速を130キロに抑えてもキレが良く空振りを奪えた。

 下半身の強化にはまだまだ余地を残しているように見えるが、2014年の安楽智大投手や高橋光成投手クラスの評価には確実に上がったといえる。

 しかし、このほかの選手では常時130キロ後半を記録するような投手も少なく、仙台育英の佐藤世那投手、敦賀気比の平沼翔太投手がさすがの投球を見せたが、この投球でドラフト圏内に入ってきたとは言い難い。昨年夏に145キロを記録した近江の小川良憲投手、昨年の優勝投手・高橋奎二投手も、投球でステップアップをし好投したものの、昨年思われた成長の期待からはやや下回ったように見える。

 その他にも東海大菅生・勝俣翔貴投手、奈良大付の坂口大誠投手、英明・田中寛大投手などは素質は見えたものの、投手としては大学や社会人を経由してという思いをスカウトにさせたのではないかと思う。

 今後は、隠し玉と言われる八戸学院光星の八木彬投手や、敦賀気比の2年生・山崎颯一郎投手などがまだ登板しておらず、期待したい投手だろう。

 

野手

 野手については1回戦だけではとても判断できないが、期待通りの活躍を見せた選手としては、常総学院の宇草孔基選手、大阪桐蔭の福田光輝選手、木更津総合の檜村篤史選手、龍谷大平安の舩曳海選手だろうか。昨年の岡本和真選手のような度肝を抜く活躍を見せた野手はいなかった。

 野手も2回戦あたりから暖かくなりスイングできるようになるだろう。期待の仙台育英・平沢大河選手や静岡高校の安本竜二選手、堀内謙伍選手、大阪桐蔭の青柳昴樹選手の大きなあたりなどにも注目したい。

 

  昨年の選抜大会は、智弁学園・岡本和真選手が1試合2本塁打を打てば、佐野日大の田嶋大樹投手がベスト4まで勝ち上がるピッチングを見せ、豊川の田中空良投手、桐生第一の当時2年生の山田知輝投手、履正社の永谷暢章投手なども魅力的なピッチングを見せた。今年もこれからの試合を期待したい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む

高校野球の名将の引退

 昨日、高校野球の佐賀大会では佐賀北高校が佐賀工業を下して甲子園出場を決めた。佐賀北の百崎監督は20

記事を読む

高校野球、エラーで負けてしまった選手たちへのメッセージ

 夏の高校野球大会、甲子園では49校による48試合が行われ、そのうちサヨナラで試合が終わったのは5試

記事を読む

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそ

記事を読む

高校野球のタイブレーク導入に5割が支持のアンケートは適切か?

   高校野球連盟は、選手の健康管理に関するアンケート結果を公表した。報道によると、「回

記事を読む

浦和学院は3日目第3試合!!

 高校野球の組み合わせ抽選が行われ、浦和学院は3日目第3試合で昨年覇者の龍谷大平安と対戦する。ZER

記事を読む

高校野球の都道府県別出場校数と部員数

 第96回高校野球大会は、甲子園で熱戦が繰り広げられている。今日は八頭高校が大阪桐蔭と対戦したが敗れ

記事を読む

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第4回:流行曲~

 高校野球応援特集、第4回、今回は流行曲です。  第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園

記事を読む

この季節の高校野球、チームの形ができる時

 4月、5月のこの季節は、大学では春季リーグ戦が開催され、また高校野球も選抜高校野球大会の熱気も冷め

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑