*

最終戦

公開日: : 少年野球指導

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その試合は白熱した熱戦になることが多い。

最後

 学校を卒業すると同時に、小学生は中学生のチームへ、中学生は高校野球に移っていく。そしてその時に、チームの多くの選手は離れ離れになっていく。特に中学生は、名門高校に進む選手などは遠くに行く選手も多いだろう。もちろんシーズンオフになれば帰省もできるが、それぞれが新しいチームで新しいチームメイトや新しい友達と過ごすことが多くなっていく。

 その中には野球を辞める選手もいる。中学生は3年生になる時に受験のためにチームを離れる事も多いのだが、高校からは新たなチャレンジをする選手も少なくない。

 そんな選手たちに、少年野球チームは卒業試合というか、このチーム・メンバーで戦う最後の試合を行う。この試合は普段よりも選手の気持ちが込められ、1点がなかなか奪えない気迫あふれる試合となることが多いという。

 それもみな、このチームメイトへの離れたくないという気持ちだったり、感謝だったり、数年間の思い出だったり、そういうものがすべて込められているからなのだろう。最後までチームで野球を続けた選手が味わえる、一生懸命の試合だ。

 また、新しい場所で活躍をして、その中からプロ野球選手になる仲間も出てくるかもしれない。離れても面倒くさがったりせず、いつまでも大切に。いつかきっと、この仲間と野球をやっていて良かったと思う日が来ると思います。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

野球練習の工夫

練習はきつい!そういうイメージがある。体を作るには淡々と走ることを繰り返す。そして野球は瞬時に打球を

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

元プロ野球選手が教える守備練習は違った!

 元プロ野球選手が教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーでは、この日も内野守備の練習が行われた

記事を読む

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ

記事を読む

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカン

記事を読む

東北楽天シニアチームが発足、プロも選手も第一歩踏み出す!

 東北楽天ゴールデンイーグルスが、リトルシニアチーム「東北楽天リトルシニア」を発足させた。第1期生と

記事を読む

野球のムーブメントと特徴、ライト前を守るセカンド

 野球のムーブメントは現在も起こっている。広島カープで今年入団4年目となる菊地涼介選手、セカンドの守

記事を読む

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと

記事を読む

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑