*

高校野球選手の進路とトレンド

公開日: : 高校野球

 高校野球選手の進路、有力な選手は昨年の段階で大学に推薦が決まっていたり、社会人への内定が決まっていたりする。そしてそれらを得られなかった選手も、この秋に様々な進路を取ったことだろう。

有力選手のトレンドは?

 高校野球で将来有望と評価された選手は、多くの大学や社会人から声がかかることになる。高校の監督の人脈によって、どこに行くかを決められる選手もいるだろうが、やはり進路の一番人気は大学という事になるだろう。

 高校野球の有望選手は、大体は小中学校の時から有名だった選手が多く、野球で将来を創っていくと決めた選手が多い。野球で大学まで進める選手は数が多いわけではない。やはりすごい事だと思う。

 選手からしても、大学に進むことは、大学でプロ入りのチャンスがつかめるかもしれないし、もし駄目だったとしても社会人で、と2度チャンスを得られる可能性がある(数は少ないのだが)。また将来、プロ野球に入れなかったとしても、やはり大学までは出ておきたいと思うのは親も選手も同じかもしれない。そうしたことからもやはり大学へ進む選手は多い。

 

最有力選手のトレンドは

 では、高校野球でプロ野球を志望すればドラフトにかかったかもしれな選手の進路はどうだろう。一時期は早稲田実の斎藤佑樹投手、沖縄尚学の東浜巨投手、興南の島袋洋奨投手、日大三の吉永健太朗投手と、甲子園優勝投手が続々と大学に進学した。プロ志望をすればドラフト会議で上位指名の可能性もあった選手たちだ。

 しかし、最近では即プロに入る選手が増えたほか、例えば昨年の佐野日大・田島大樹投手や、一昨年の瀬戸内・山岡泰輔投手のように社会人チームに進む選手も目立ってきたように見える。

 理由を聞くと、やはり二人ともプロ入りを希望しているものの、高校時代の実績では不安を感じていたという。その中で大学からも声がかかったと思うが、3年間でドラフト会議で指名を受けることができる社会人を選択したとみられる。

 山岡投手は1年目から東京ガスのリリーフエースとして150km/hの球を投げ込み、田嶋投手も先日の東京スポニチ大会で先発して好投を見せた。おそらくプロに行っても1年目から活躍した選手かもしれないが、レベルが非常に高い。

 大学の4年間は長い。しかも大学は練習の姿勢や上下関係がやや古い考えのチームもある。その中で前述の斎藤投手や東浜投手がそれぞれのリーグで大記録を打ち立てる活躍をしたものの、大学4年時は高校時や大学1年時のような勢いのある球は鳴りを潜めていた。そしてプロ入りしてもなかなか活躍できない状態が続いている。

 将来プロで活躍する事を考え、社会人入りする選手というのが最近の傾向となるだろう。ちなみに独立リーグは3年、2年といった縛りが無く、1年目からドラフト会議で指名を受ける事の可能だ。独立リーグ出身でプロ野球で活躍する選手も出てきており、今後、そちらに行く有力選手も出てくるかもしれない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

東海大相模・小笠原慎之介投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今日は今年の高校生の左腕投手でNO1の声もあがる東海大相模・小笠原慎之介投手を、元西武スカウトの日

記事を読む

今年のドラフトの目玉は高校生左腕、履正社・寺島成輝投手を元プロスカウトが評価

 今年ドラフト会議では、創価大の田中正義投手が一身に注目を浴びている。10年に一人、20年に一人と評

記事を読む

石毛宏典氏の高校野球への提言

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした

記事を読む

頑張れ、野球塾出身の4番!そして全国の高校野球3年生へ

 ゼロベースボールアカデミーで、元プロ野球選手の始動を受けた選手たちが、高校野球の最後の1年を戦って

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

【高校野球選手の進路】すぐにプロに入るか、大学・社会人を経由するか

 夏の高校野球が終わり、3年生の高校球児達は自分の将来について考える。野球推薦で大学に入学すべくセレ

記事を読む

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典

記事を読む

浦和学院は3日目第3試合!!

 高校野球の組み合わせ抽選が行われ、浦和学院は3日目第3試合で昨年覇者の龍谷大平安と対戦する。ZER

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑