*

浦和学院は3日目第3試合!!

公開日: : 高校野球

 高校野球の組み合わせ抽選が行われ、浦和学院は3日目第3試合で昨年覇者の龍谷大平安と対戦する。ZEROベースボールアカデミーに通っていた浦和学院の4番・山崎滉太選手、エース・江口奨理投手が王者に挑む。

好調4番打者

 浦和学院の4番を打つ山崎滉太選手については、以前に山崎選手を教えたコーチ陣に、どんな選手が甲子園に行けるのかを聞いている。野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか 

 その山崎選手だが、昨年秋は4番を打ち打率は3割5分を越すもホームランは1本も無く、守備もファーストという事もあって、高校野球ファンからは、注目すべき選手という声はあまり聞かれなかった。ZEROベースボールアカデミーのコーチ陣に聞いても、走力や身体能力は「それほどでもない」という話しだった。

 しかし、それでも浦和学院が山崎選手を4番として使い続けるかを聞くと、「将来、プロに行く可能性がある子を育てているように見える」と話す。強いスイングから放たれる打球はチームでもずば抜けており、体も180cmと大きく目を引く。4番としての風格を買っての起用だった。またチームメイトも山崎選手を信頼しているように見え、山崎選手もそれにこたえようと、明治神宮大会では打球を顔に受けて出血しながらも、次の試合には4番として出場した。

 その4番打者が開花しようとしている。沖縄キャンプで長打力を見せつけると、12日の帝京高校との練習試合でも特大の3ランホームランを放った。走れないから、守れないからではなく、その先を見据えて選手を使った事で浦和学院の4番が成長した。

 

 昨年の王者・龍谷大平安と一昨年の王者・浦和学院の対戦は順調にいけば3月23日(月)に行われる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

高校野球は大阪桐蔭が優勝!夏の甲子園の勝率は8割8分、8度出場して4度優勝

 夏の高校野球が大阪桐蔭が優勝した。大阪桐蔭はこれで夏の大会は4度目の優勝で、中京大中京の7度、広島

記事を読む

高校野球の監督の情熱

 済美高校の上甲監督が逝去された。1975年から宇和島東高校のコーチになると1977年に監督に就任、

記事を読む

この季節の高校野球、チームの形ができる時

 4月、5月のこの季節は、大学では春季リーグ戦が開催され、また高校野球も選抜高校野球大会の熱気も冷め

記事を読む

創志学園・高田萌生投手と、敦賀気比・山崎颯一郎投手を、元プロスカウトが評価

センバツ大会の智弁学園と高松商の大熱戦となった決勝戦から、早いもので1ヶ月が経った。高校野球は各地の

記事を読む

敦賀気比が初優勝、思いを継いで福井県勢が甲子園初制覇

 選抜高校野球大会は敦賀気比の優勝で幕を閉じた。敦賀気比は、昨年(2014年)の夏にベスト4、201

記事を読む

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む

高校野球のタイブレーク導入に5割が支持のアンケートは適切か?

   高校野球連盟は、選手の健康管理に関するアンケート結果を公表した。報道によると、「回

記事を読む

横浜高校の渡辺監督が勇退、約半世紀の監督人生

 横浜高校の渡辺監督が今年限りで勇退するという報道がされた。70歳、昨年、同校の小倉部長が勇退したが

記事を読む

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑