*

自主性と個性的なフォーム

公開日: : 少年野球指導

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方、日本の野球は理想のフォームに近づけるような形が多いと言われる。それはなぜだろう?

松坂大輔投手のフォームの変化

 松坂投手は元々、強い背筋や肩の可動域の広さなどがあり、下半身で受け止めることで強い球を角度良く投げていた。しかしメジャーリーグではマウンドが固く、上半身の力を下半身で受け止めるのに苦労し、つま先が横を向いたまま上半身の力で投げているような感じのフォームとなった。

 マウンドだけでなく、右腕の故障などの影響もあるだろうが、日本で投げていた時の理想的なフォームに比べると、かなり独特なものとなり、人によっては不評なフォームとなった。投げる球の勢いも依然に比べれば衰えているが、これはフォームが原因なのか故障の影響が原因なのかはわからない。

 

自主性と個性

 そのフォームの改造の成否に関係なく、メジャーリーグの場合は結果がすべてで、どのようなフォームでも結果を残せばトップリーグでプレーし大金を稼ぐことができる。自分で良いフォームを考えて行くことで結果を出す。良い投手のフォームを参考にする選手もいれば、自分の特徴をより目立たせようと考える選手もいる。

 日本の野球は、ダルビッシュ投手や大谷翔平投手といった理想的なフォームに近づける事で、良いピッチングができるように、肩やひじの故障が少ないようにアドバイスすることが多く、選手も監督やコーチの言う事をよく聞く傾向がある。スカウティングでもフォームの綺麗さも、球の回転だったり将来故障しにくいという理由で評価のポイントになったりする。

 そのため、高校野球、大学野球では個性がないわけではないが、比較的近い投げ方で登板する投手が多いと感じる。

 日本の場合アメリカのように数千人が下部組織でプレーするようなすそ野の広さは無く、少数精鋭で選手を育てている。そのため、その少数の選手には理想的なフォームを求めるのだろう。

 

日本でも

 ただし、日本でもメジャーリーグのように個性的なフォームで投げる投手が多い場所がある。それは社会人野球で、特にベテランの投手のその傾向がある。

 社会人でベテラン投手になると、プロへ行くというよりは、社会人野球で結果を残すことの気持ちが強くなる。そして社会人野球ではベテランとなると、あまりコーチがフォームについて指導することも少なくなるのだろう。フォームに特徴を持っていた投手が年々、その特徴が目立つようになっていく傾向があるように感じる。

 そして社会人のベテラン投手は結果を残す。メジャーリーグと同様に結果を残しているから、ますます特徴を強くしたりする。

 どちらが良いかということは無い。選手によっては、理想的なフォームに合わせて成功した投手もいるし、個性的なフォームにして長く野球を続けている投手もいる。何事も自分で責任をもって、フォームを考えていくことなのだろう。

 元横浜ベイスターズの2軍監督で若い選手を見てきた日野茂氏は、「人に言われて変えて失敗したのでは悔いが残る」と話す。人の話を聞くことも需要だが、自分がしっかりと納得してフォームを変えていくことが重要だ。

 人に言われるままでフォームを変えても、それが失敗して結果を残せなくなったらそれは自分の責任となる。また失敗して元に戻そうとしても、自分で考えていないとなかなか戻すことは難しい。

 

 共通することは、「自分で考える」という事だ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む

【少年野球】投手に最も大切なのは?

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、毎週月曜日に投手の練習を行っている。投手の練習は野手よ

記事を読む

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

監督はどっしりと構えて

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非

記事を読む

野球は技術!

以前、広岡監督、森監督、野村監督などの選手の育て方について、石毛宏典氏に語ってもらった。広岡監督は野

記事を読む

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

野球のムーブメントと特徴、ライト前を守るセカンド

 野球のムーブメントは現在も起こっている。広島カープで今年入団4年目となる菊地涼介選手、セカンドの守

記事を読む

人工芝も本物、野球塾の施設

 埼玉県川口市にある小学生、中学生に野球を教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーは、室内練習場

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑