*

野球のムーブメントと特徴、右投げ左打ち

公開日: : 少年野球指導

 野球界にもムーブメントがある。ネックウォーマーのような防寒具だったり、防具なども技術の進化やファッション性が良くなったりとどんどん変わっていく。そしてプレースタイルも時代を切り開く選手によって、ムーブメントが起こることがある。

右投げ左打ちの急増

 ここ数年間のアマチュア野球選手は、右投げ左打ちの選手が多く、逆にスカウトは右投げ右打ちの選手を欲しがるほどだった。

 これはイチロー選手や松井秀喜選手、青木宣親選手などが右投げ左打ちで、プロ野球やメジャーリーグで結果を残し、他にも福留孝介選手、阿部慎之助選手なども右投げ左打ちで活躍をしている事が影響しているとみられる。

 理論的には野球の場合、左打者のほうが一塁に近い事から、足の速い選手は内野安打の可能性が高くなる事、また日本人の場合は右投手が多い事から左打ちの方が個人にもよるが見やすい、打ちやすいという事が一般的に言われる。

 それによって、長打力などのパワーが無かったり、どうしても結果を残したい選手本人や、親が左打ちを薦めたりという事もあり、右投げ左打ちが急増した。しかし、松井選手、阿部選手などはスラッガーであり、若いところでは筒香嘉智選手や柳田悠岐選手なども右投げ左打ちのスラッガーで、足の速い選手が右投げ左打ちという事でも無いようだ。

 ゴルフではスイングで左利きの人が右で打つと、左手で引く力があるため成功する、なんていうアドバイスもあったりする(定かではありません)し、野球でも最近では押す方の手も力も改めて評価されているが、引く方の手が重要という意見は昔からある。

 

スカウトは右打ちの選手を

 ただし、プロ野球のスカウトは最近は右投げ右打ちの選手を探す傾向はある。昨年のドラフト会議では1位2位で指名された選手は6人、右投げ右打ちが3人(巨人1位・岡本和真、千葉ロッテ1位・中村奨吾、日本ハム2位・清水優心)、右投げ左打ちが3人(広島1位・野間峻祥、福岡ソフトバンク2位・栗原陵矢、オリックス2位・宗佑磨)で数字は同じだが、スカウトからは右投げ右打ちを探しているという事を聞く。

 野球は特徴を備えた選手が活躍する場のあるスポーツで、右打者というものも特徴の一つとなっている。左投手を相手に右打者をそろえたり、打線をジグザグにしたりする監督もいる。右打者という特徴も十分アピールポイントとなる。

 憧れの選手が作り出すムーブメントはあるが、自分をしっかりとみて特徴を際立たせていくことで、将来につながる事になるかもしれない。

 (記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

少年野球の練習と工夫した練習

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています

記事を読む

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

監督はどっしりと構えて

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非

記事を読む

野球練習の工夫

練習はきつい!そういうイメージがある。体を作るには淡々と走ることを繰り返す。そして野球は瞬時に打球を

記事を読む

野球は技術!

以前、広岡監督、森監督、野村監督などの選手の育て方について、石毛宏典氏に語ってもらった。広岡監督は野

記事を読む

プロ野球が少年野球チームを運営へ

 東北楽天がリトルシニアのチームを運営していくことが分かった。リトルシニア連盟に所属し、最初は20人

記事を読む

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、

記事を読む

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑