*

社会人野球、人気の合宿地は宮崎、鹿児島そして・・・

公開日: : 社会人野球

 プロ野球のキャンプがいよいよ来週日曜日からスタートするが、社会人野球のチームもおおむね2月に暖かい地方でキャンプを行う。

沖縄には4チーム

 プロ野球のキャンプといえば、「沖縄」で行うチームが多いが、社会人野球はJABAが発表しているもので4チームと多くはない。

 沖縄

 日本通運が2月6日~2月20日まで、JR東日本が2月9日~2月22日まで、日立製作所が3月2日~3月15日まで、日本生命が3月5日~3月15日まで、4チームとも各業界で日本のトップを走る巨大企業だけのことはある。

 

 人気なのは宮崎の7チーム、プロ野球もキャンプをはる暖かい場所だけのことはある。また鹿児島が6チームと多い。

 

 鹿児島 6チーム

 日本製紙石巻(3月6日~3月16日)、JX-ENEOS(2月13日~2月23日)、三菱日立パワーシステムズ横浜(2月17日~2月28日)、新日鐵住金東海REX(2月21日~3月1日)、パナソニック(2月2日~2月13日)、大和高田クラブ(2月22日~3月1日)

 宮崎 7チーム

 JFE東日本(2月18日~2月28日)、鷺宮製作所(2月18日~2月25日)、セガサミー(2月6日~2月27日)、東京ガス(2月14日~2月28日)、JR東海(2月5日~2月19日)、東邦ガス(3月1日~3月10日)、大阪ガス(2月7日~2月21日)

 

その他では

 その他で人気が高かったのは和歌山県の6チームだった。プロ野球のキャンプは無いものの、比較的近くて温暖な場所という事もあり、人気が高いようだ。その他には愛媛には3チームが集まっている。

 愛媛 3チーム

  Honda(2月21日~3月1日)、東芝(2月12日~2月22日)、JFE西日本(2月13日~2月27日)

 

 和歌山 6チーム

  ジェイプロジェクト(3月3日~3月16日)、三菱重工名古屋(2月28日~3月7日)、西濃運輸(2月9日~2月21日)、ニチダイ(2月7日~2月13日)、日本新薬(2月9日~2月20日)、NTT西日本(3月1日~3月8日)

 

 沖縄にキャンプを見に行くファンの人も多いと思う。沖縄では大学生も合宿を行っていたりもする。プロ野球キャンプを見にいくとともに、社会人、大学生の合宿を見てみるのもいかがでしょうか?

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

クラブチームの甲子園とクラブチームの実態

 ベースボールクラブチームの甲子園でもある、全日本クラブ野球選手権大会が西武ドームで開催された。決勝

記事を読む

2014年の社会人野球シーンを振り返る

 2014年の高校野球、大学野球を振り返りをしました。今日は2014年の社会人野球シーンを振り返りま

記事を読む

西濃運輸・佐伯尚治投手の涙とルーズヴェルト・ゲーム

 都市対抗野球は西濃運輸が優勝し、黒獅子旗を手にした。創部55年目、都市対抗に33度出場の末の初優勝

記事を読む

今度は大学生、社会人の季節

センバツ高校野球が盛り上がりの中で幕を閉じた。そしていよいよ週末に、一部の大学リーグ戦がスタートする

記事を読む

【ドラフト会議特集8】ドラフト上位候補に挙がる社会人投手の評価は?

 ドラフト会議に向けて各球団はスカウト会議などで指名候補を絞り込む。プロ志望届を提出している高校生、

記事を読む

社会人野球選手もつらいよ

 18日から都市対抗野球が開幕する。日本のアマチュア野球といえば、高校野球、大学野球と社会人野球が中

記事を読む

社会人野球は危機感を

毎年、日本の野球で最も早い公式戦は、社会人野球のJABA東京スポニチ大会である。今年もあと1か月後の

記事を読む

社会人野球出身スラッガーは誕生するか

 福岡ソフトバンクで活躍していた松中信彦選手が引退を表明した。松中選手といえばプロでの活躍ももちろん

記事を読む

去りゆく野球選手たち

社会人野球日本選手権も今日、決勝戦となった。今シーズンの社会人の公式戦はこれが最後となり、シーズンオ

記事を読む

都市対抗は今日決勝戦!ベテランの西濃運輸か、若手の富士重工か

 都市対抗野球大会は、本日決勝戦が行われます。都市対抗野球についてのあれこれをまとめました。  ま

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑