*

東北楽天シニアチームが発足、プロも選手も第一歩踏み出す!

公開日: : 少年野球指導

 東北楽天ゴールデンイーグルスが、リトルシニアチーム「東北楽天リトルシニア」を発足させた。第1期生として1次選考、2次選考により20人がメンバーとなっている。

プロへの道へ第一歩

 中学生の野球少年がプロ野球選手を目指すには、もちろんいろいろな道がある。中学の軟式野球部で全国大会を目指したり、ボーイズリーグ、リトルシニアリーグなどの硬式の少年野球チームに参加して全国大会を目指したり。

 そしてそこで活躍したり、注目された選手が野球推薦で高校へと進学したりする。もちろんそこで推薦を得られなくても、高校の野球部で体ができて力を見せる選手もいる。

 そして高校野球、大学野球、社会人野球などで成長を続けていく中で、プロのスカウトが注目し、プロ野球選手へとえらばれていく。この時、選手に注目したり選手を選ぶ事は、最近では数値評価などもしているがスカウトの主観による要素も少なくない。そしてその時、例えば東北楽天のスカウトが、二人の良い選手を見つけたとして甲乙つけがたい時、「東北楽天リトルシニア」の出身だったらそちらの選手を選ぶだろう。

 

プロ球団も第一歩

 東北楽天にしても、東北楽天リトルシニアからプロ野球選手が生まれたほうが、経営面で良い影響となるのも間違いない。少子化により球団経営の将来に危機感があるのも感じられる。

 毎年20人が加わり、リトルシニアリーグで戦っていく。おそらく全国から有力な選手が集まるだろう。このチームがどのような結果を残していくのか注目だし、この他のプロ野球チームが同じような動きを広げていくかどうか、それも注目だ。

 高校や大学でも、元プロ野球出身の指導者が増えている。この中学生のチームと高校、大学、そしてプロ野球がどのようにつながっていくのだろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典氏が考える少年野球選手の育て方

石毛宏典氏は野球教室で少年野球選手に指導を行っている。石毛氏が考える少年野球の育て方について聞いた。

記事を読む

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

野球練習の工夫

練習はきつい!そういうイメージがある。体を作るには淡々と走ることを繰り返す。そして野球は瞬時に打球を

記事を読む

キャッチボールが全て!

野球塾のZEROベースボールアカデミーの練習メニュー、キャッチボールに多くの時間を取ります。なぜキャ

記事を読む

目標を立てる

2017年がスタートしました。野球選手の皆さんも、「大会で優勝すると」、「来年の進路を決める事」、チ

記事を読む

野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか

 高校野球秋季大会の関東地区で浦和学院が優勝し、センバツ出場が確実視されている。その浦和学院は明治神

記事を読む

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑