*

羽ばたく野球塾卒業生、見違える姿を!

公開日: : 注目選手

 いよいよ本日、2015年の選抜高校野球大会の出場チームが決定する。ZEROベースボールアカデミーを卒業した選手も出場確実となっているチームに在籍している。

チームの軸として

 昨年、野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか  という記事を書いた。明治神宮大会で準優勝した浦和学院の4番ファースト・山崎滉太選手についての内容で、元プロ野球選手や指導者だった野球塾のコーチからの期待などを書いた。

 山崎選手は182cm85kgの身長体重があり、ひときわ目を引く選手であることは間違いない。ただしひいき目で見ても、打撃、守備で秋の時点でプロが注目する選手に比べると、何か物足りなさがあった。しかし、その山崎選手を4番として使い続ける浦和学院の森監督の期待も感じさせる。

 高校生は冬はトレーニングの季節で、走ったりウエイトトレーニングをしたりする。まだ成長期であり身長も伸びる。細く見えた体もがっしりして180cm80kgを超す選手もどんどん増えてくる。そして、秋から打球もプレーも大きく変わる選手もいる。

 山崎選手には4番としての活躍を期待している。またエースの江口奨理投手も野球塾に通っていた事がある。それぞれチームの軸として、チームに2年ぶりの優勝をもたらす活躍を見せてほしい。

 

期待の1年生も

 また関東でセンバツ出場が確実視されているチームで、昨年空には1年生で内野手のレギュラーとして出場していた選手も、ZEROベースボールアカデミーの出身だ。

 コーチは「小学生の時はやや太り気味で、足もあまり動けない選手だった」という。しかし体ができてきて打撃のパワーがついてくると、卒業時にはコーチも期待する選手となっていた。レギュラー争いの激しいチームだが、1年生でスタメンで出場すれば、注目されるだろう。

関連記事

その時を待つ斎藤佑樹投手、その凄さは大舞台で

 2010年のドラフト会議、4球団がドラフト1位指名して華々しくプロ野球に入った北海道日本ハムの斎藤

記事を読む

第86回選抜高校野球大会の注目の投手、佐野日大・田嶋大樹投手に注目

  いよいよ明日、3月21日より第86回選抜高校野球大会が開幕する。今大会にも大勢の

記事を読む

元西武の日野スカウト、甲子園に出場した投手について語る

 元西武でスカウトとして活躍した日野茂氏が、8月22日のテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」で、甲子園

記事を読む

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

秋のドラフトパン祭り、今年のドラフトは”山崎”が中心? 大学生BIG4を評価する

今年のドラフト会議は特に大学生投手に注目が集まっている。中でもプロからの注目度が高く、大学BIG4と

記事を読む

第86回選抜高校野球大会の注目の野手、智弁学園・岡本和真選手を元スカウトが見る

第86回選抜高校野球大会も、準々決勝となりました。 一通りのチームが出場し、実力を出し切れたチ

記事を読む

ドラフトで指名された選手に対する、元プロスカウトの評価を振り返る

 10月23日にドラフト会議が終わり、104人のプロ野球選手(候補)が誕生しました。これから契約をし

記事を読む

少年野球の練習と工夫した練習

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています

記事を読む

大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季を迎える。メジャーでも二刀流に

記事を読む

野球を新たなステージに持っていく選手、北海道日本ハム・大谷翔平

 北海道日本ハムの大谷翔平投手が160キロを記録し、5回まで10奪三振という投球を披露した。速球は常

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑