*

一流選手が名指導者になるために

公開日: : プロ野球

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろん選手としても一流で名指導者となった人も少なくありませんので、これは一概にいう事は出来ない言葉です。ただ、一流の選手が他の選手を育てようとするには、いろいろと越えなければいけないものがあるようです。

一流選手が作る壁

 一流選手は実績も十分です。その選手が監督など指導者となったとして、プレーする選手は「まだ一流でない選手」が多いわけで、指導者に対して一目置く形で自然に壁ができてしまう事があります。

 巨人の王貞治氏は巨人では助監督を経て長い年数をかけて選手との壁を取り払ったり、また選手も実績も一流となっている選手が多く、連続して良い結果は残せませんでしたがリーグ優勝を果たしていました。そして福岡ダイエーの監督に就任しましたが、最初は結果を残せずにファンからも野次が出るなど苦心をしていました。

 しかしそこで、福岡ダイエーの根本氏が選手に対し、「お前達、何を構えてるんだ。この人は、今では『世界の王』と言われているが、昔はラーメン屋の倅だったんだ。お前達と何も変わりゃしない。そう思ってやりなさい」と話し、それから監督と選手の距離が縮まってリーグの強豪チームとなり2度の日本一にもなっています。

 

 もう一つあります。プレーの質も自分がイメージしているものと実際の選手のプレーに差があると、やはりストレスとなるものです。ヤクルトで日本一となった野村監督のように、そこで選手を成長させるための指導ができるようになるまでは、かなりの我慢と時間が必要でしょう。

 

プレーを言葉にすること

 そしてプロ野球で2軍監督を務めた日野氏は、もう一つの指摘をします。

 「一流の選手は現役時代は自分のことを一生懸命やって最大の力を出すようにしている」、そして「自分の考えはあるが感覚でつかんでいるものが多い」と話す。

 一流の選手は中学生や高校生の時からトップクラスの選手である選手が多く、それは中学や高校の指導者も指導できないレベルに入っている事もある。結果を残していれば指導を受けることは少なく、自分の感覚を研ぎ澄まして、他者から言葉で指導を受けることは少ない。

 そのためそのまま指導者になろうとすると、「どんな言葉で伝えればいいのかがわからない」という。

 一流の選手でも自分の間隔を頭の中で言葉に置き換え、メモや日記に残す選手は良いが、バットスイングを続けて感覚をつかもうとするとそれを言葉にするのはむずかしい。

 

 ただし日野氏は「一流の選手は、一流の選手を導くのは素晴らしいものがある」と話し、一流の選手が何を感じているのか、何を気にしているのかを理解することができるという。

 一流の選手が一流の指導者となるには、現役時代に日記やノートをつけることが大切。また指導者となたら、我慢を重ね選手の側に降りていくこと、または一流の選手がそろったチームの監督になること、という事になりそうだ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

中畑清監督について、駒大の後輩・石毛宏典氏が語る

横浜DeNAの監督を4年間務めた中畑清監督が、前半は首位だったものの後半失速し、最下位に沈んだことを

記事を読む

ソフトバンク・島袋洋奨投手、もっと自信をもっていい

ソフトバンクのドラフト5位ルーキー・島袋洋奨投手が9月25日の千葉ロッテ戦で8回に登板し、1回をノー

記事を読む

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

【ドラフト会議特集10】ドラフト会議、各球団の抽選の勝率は?

 今年のドラフト会議でも1位指名で1人の選手に複数の球団が指名する可能性が高いとみられています。そこ

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

選手の成長とケガのケアに重点を置いた、工藤監督の福岡ソフトバンク優勝に石毛宏典氏語る

 工藤公康監督が就任して1年目の福岡ソフトバンクがパリーグ優勝を果たした。コーチ未経験での就任1年目

記事を読む

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、び

記事を読む

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑