*

一流選手が名指導者になるために

公開日: : プロ野球

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろん選手としても一流で名指導者となった人も少なくありませんので、これは一概にいう事は出来ない言葉です。ただ、一流の選手が他の選手を育てようとするには、いろいろと越えなければいけないものがあるようです。

一流選手が作る壁

 一流選手は実績も十分です。その選手が監督など指導者となったとして、プレーする選手は「まだ一流でない選手」が多いわけで、指導者に対して一目置く形で自然に壁ができてしまう事があります。

 巨人の王貞治氏は巨人では助監督を経て長い年数をかけて選手との壁を取り払ったり、また選手も実績も一流となっている選手が多く、連続して良い結果は残せませんでしたがリーグ優勝を果たしていました。そして福岡ダイエーの監督に就任しましたが、最初は結果を残せずにファンからも野次が出るなど苦心をしていました。

 しかしそこで、福岡ダイエーの根本氏が選手に対し、「お前達、何を構えてるんだ。この人は、今では『世界の王』と言われているが、昔はラーメン屋の倅だったんだ。お前達と何も変わりゃしない。そう思ってやりなさい」と話し、それから監督と選手の距離が縮まってリーグの強豪チームとなり2度の日本一にもなっています。

 

 もう一つあります。プレーの質も自分がイメージしているものと実際の選手のプレーに差があると、やはりストレスとなるものです。ヤクルトで日本一となった野村監督のように、そこで選手を成長させるための指導ができるようになるまでは、かなりの我慢と時間が必要でしょう。

 

プレーを言葉にすること

 そしてプロ野球で2軍監督を務めた日野氏は、もう一つの指摘をします。

 「一流の選手は現役時代は自分のことを一生懸命やって最大の力を出すようにしている」、そして「自分の考えはあるが感覚でつかんでいるものが多い」と話す。

 一流の選手は中学生や高校生の時からトップクラスの選手である選手が多く、それは中学や高校の指導者も指導できないレベルに入っている事もある。結果を残していれば指導を受けることは少なく、自分の感覚を研ぎ澄まして、他者から言葉で指導を受けることは少ない。

 そのためそのまま指導者になろうとすると、「どんな言葉で伝えればいいのかがわからない」という。

 一流の選手でも自分の間隔を頭の中で言葉に置き換え、メモや日記に残す選手は良いが、バットスイングを続けて感覚をつかもうとするとそれを言葉にするのはむずかしい。

 

 ただし日野氏は「一流の選手は、一流の選手を導くのは素晴らしいものがある」と話し、一流の選手が何を感じているのか、何を気にしているのかを理解することができるという。

 一流の選手が一流の指導者となるには、現役時代に日記やノートをつけることが大切。また指導者となたら、我慢を重ね選手の側に降りていくこと、または一流の選手がそろったチームの監督になること、という事になりそうだ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~セリーグ編~

 プロ野球も開幕して2週間が過ぎ、対戦カードも一巡した。各球団とも開幕前に想定した力が出せているチー

記事を読む

この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」にて、ドラフト1位指名されそう

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

期待が不安を上回る、3月を楽しもう!

 いよいよ3月に入る。日本の場合、多くの物事の1年間の活動が3月で終わり、4月から新しい1年が始まる

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

西武ライオンズはこれから上がっていく、石毛宏典氏が話す

西武ホールディングスの株主総会が行われ、西武ライオンズについて株主より厳しい意見が出たようだ。元西武

記事を読む

横浜DeNAが2011年に獲得した高校生選手を自由契約に

 横浜DeNAは2011年に高校生8人を指名したものの、ドラフト1位の北方悠誠投手や帝京の伊藤拓郎投

記事を読む

上から行くか下から行くか、12球団ルーキー事情

ルーキーにしてみれば、プロ野球選手としてスタートとなるキャンプを1軍で迎える事は、それだけ評価が高い

記事を読む

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑