*

一流選手が名指導者になるために

公開日: : プロ野球

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろん選手としても一流で名指導者となった人も少なくありませんので、これは一概にいう事は出来ない言葉です。ただ、一流の選手が他の選手を育てようとするには、いろいろと越えなければいけないものがあるようです。

一流選手が作る壁

 一流選手は実績も十分です。その選手が監督など指導者となったとして、プレーする選手は「まだ一流でない選手」が多いわけで、指導者に対して一目置く形で自然に壁ができてしまう事があります。

 巨人の王貞治氏は巨人では助監督を経て長い年数をかけて選手との壁を取り払ったり、また選手も実績も一流となっている選手が多く、連続して良い結果は残せませんでしたがリーグ優勝を果たしていました。そして福岡ダイエーの監督に就任しましたが、最初は結果を残せずにファンからも野次が出るなど苦心をしていました。

 しかしそこで、福岡ダイエーの根本氏が選手に対し、「お前達、何を構えてるんだ。この人は、今では『世界の王』と言われているが、昔はラーメン屋の倅だったんだ。お前達と何も変わりゃしない。そう思ってやりなさい」と話し、それから監督と選手の距離が縮まってリーグの強豪チームとなり2度の日本一にもなっています。

 

 もう一つあります。プレーの質も自分がイメージしているものと実際の選手のプレーに差があると、やはりストレスとなるものです。ヤクルトで日本一となった野村監督のように、そこで選手を成長させるための指導ができるようになるまでは、かなりの我慢と時間が必要でしょう。

 

プレーを言葉にすること

 そしてプロ野球で2軍監督を務めた日野氏は、もう一つの指摘をします。

 「一流の選手は現役時代は自分のことを一生懸命やって最大の力を出すようにしている」、そして「自分の考えはあるが感覚でつかんでいるものが多い」と話す。

 一流の選手は中学生や高校生の時からトップクラスの選手である選手が多く、それは中学や高校の指導者も指導できないレベルに入っている事もある。結果を残していれば指導を受けることは少なく、自分の感覚を研ぎ澄まして、他者から言葉で指導を受けることは少ない。

 そのためそのまま指導者になろうとすると、「どんな言葉で伝えればいいのかがわからない」という。

 一流の選手でも自分の間隔を頭の中で言葉に置き換え、メモや日記に残す選手は良いが、バットスイングを続けて感覚をつかもうとするとそれを言葉にするのはむずかしい。

 

 ただし日野氏は「一流の選手は、一流の選手を導くのは素晴らしいものがある」と話し、一流の選手が何を感じているのか、何を気にしているのかを理解することができるという。

 一流の選手が一流の指導者となるには、現役時代に日記やノートをつけることが大切。また指導者となたら、我慢を重ね選手の側に降りていくこと、または一流の選手がそろったチームの監督になること、という事になりそうだ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

プロ野球には夢がある

プロ野球には夢がある。だから多くの少年がプロ野球選手を目指す。 プロ野球で非常に悲しい出来事が起こ

記事を読む

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む

OBへの尊敬

昨日、侍ジャパンと強化試合で対戦した台湾のナショナルチーム、その4番を打った陳金鋒選手のセレモニーが

記事を読む

期待が不安を上回る、3月を楽しもう!

 いよいよ3月に入る。日本の場合、多くの物事の1年間の活動が3月で終わり、4月から新しい1年が始まる

記事を読む

かつてのプロ野球選手のトレーニングとは?

今年のオフはダルビッシュ有投手のTwitterにて、トレーニング方法の話が良く聞かれ、大谷翔平投手、

記事を読む

この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」にて、ドラフト1位指名されそう

記事を読む

選手の故障の昨今

 左前腕外側部橈側手根伸筋損傷、右膝蓋靱帯炎、右前距腓靱帯損傷、現在のプロ野球選手は、病名も正確に、

記事を読む

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しな

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑