*

読売ジャイアンツの2015年のチーム構成

公開日: : プロ野球

 昨年、セリーグを制覇したものの、CSで敗れて日本シリーズに進出することができなかった、読売ジャイアンツの2015年をどのように戦おうとしているのか、チーム構成を見てみる。

選手の構成

支配下登録66人
投手 31人 野手 35人
  戦力 控え 将来・その他   戦力 控え 将来・その他
先発
16
内海
大竹
菅野
杉内
小山

高木京
マイコラス
ポレダ
今村
江柄子 

阿南
田中大
平良
田中麗
松本竜
須永 
ポジション
(ポジション
番号順) 
小林・相川
阿部・セペダ
片岡・井端
村田・中井
坂本・寺内
アンダーソン・金城
松本哲・橋本
長野・亀井  
實松

藤村


大田
堂上
高橋
加藤・河野・鬼屋敷
坂口・岡本
大累・吉川
和田
古澤
矢野・隠善
立岡
横川
リリーフ
15
 

山口
西村
マシソン
澤村
青木
久保 

戸根
高木勇
笠原
香月
田原 
公文
土田
福田
メンドーサ
合計 12 12 10    16 6 13

 

投手

 先発投手はFAやドラフトなどで実績のある選手の加入は無く、外国人投手2人を獲得したものの昨年の戦力で戦う事となりそうだ。先発投手陣は実績も力も十分の戦力がそろうが、控え投手陣の頭数が少ないようにもみえる。主力の故障や外国人次第ではローテーションを組むのに苦労するかもしれない。

 リリーフは昨年はやや疲れも見せた山口、西村、マシソンがいるがそこに澤村が加わる。ドラフトで獲得した戸根、高木勇の二人も1年目から活躍できそうで、昨年よりは使える投手が増えた。

 将来性では、平良投手や田中麗、田中太などの期待したいが、松本竜はそろそろ尻に火がついてきた。可能性ある選手はもう少し欲しい所だ。

 

野手

 昨年は阿部選手の打撃不振や長野選手のケガや不信で苦しんだ。しかし昨年から大きな上乗せは無く、今後、外国人選手の補強などの可能性が高い。阿部選手がファーストになったことで、8番、9番でチャンスを迎える時に、代打、そして捕手の交代といった戦い方が増える。控えの野手の活躍がカギになるかもしれない。

 金城選手や堂上選手を獲得したこともうなづける。

 外野手では故障が続く中で昨シーズン終盤戦には大田選手が活躍を見せた。アンダーソン、長野、大田で戦えれば面白いが、金城、堂上を獲得したことからも、控え野手の層の薄さを感じているようだ。

 内野手から和田選手の転向や、秋のドラフト会議では外野手の指名があるかもしれない。

 

将来

 投手、野手ともに戦力が固まっている。菅野、坂本と若い選手が引っ張っているが、それに続く若手選手が、投手、野手ともに欲しい。主軸では辻選手、岡本和真選手に期待したい。辻選手は主軸を打てる内野手として、岡本選手は4番を任せたい。

 長野選手が欠ける時の1番や3番を打てる選手が必要で、和田選手の成長、あるいはドラフト会議で新戦力の獲得が必要だろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

今年のドラフトは豊作か?

プロ野球キャンプでは昨年のドラフト会議で指名されたルーキー選手、特にドラフト1位で指名された選手が、

記事を読む

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

横浜DeNAが2011年に獲得した高校生選手を自由契約に

 横浜DeNAは2011年に高校生8人を指名したものの、ドラフト1位の北方悠誠投手や帝京の伊藤拓郎投

記事を読む

2015年のドラフト会議はどうなるのか?

 2015年プロ野球ドラフト会議が10月22日に開催されることが決定した。昨年は早稲田大の有原航平投

記事を読む

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む

かつてのプロ野球選手のトレーニングとは?

今年のオフはダルビッシュ有投手のTwitterにて、トレーニング方法の話が良く聞かれ、大谷翔平投手、

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、セントラルリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑