*

読売ジャイアンツの2015年のチーム構成

公開日: : プロ野球

 昨年、セリーグを制覇したものの、CSで敗れて日本シリーズに進出することができなかった、読売ジャイアンツの2015年をどのように戦おうとしているのか、チーム構成を見てみる。

選手の構成

支配下登録66人
投手 31人 野手 35人
  戦力 控え 将来・その他   戦力 控え 将来・その他
先発
16
内海
大竹
菅野
杉内
小山

高木京
マイコラス
ポレダ
今村
江柄子 

阿南
田中大
平良
田中麗
松本竜
須永 
ポジション
(ポジション
番号順) 
小林・相川
阿部・セペダ
片岡・井端
村田・中井
坂本・寺内
アンダーソン・金城
松本哲・橋本
長野・亀井  
實松

藤村


大田
堂上
高橋
加藤・河野・鬼屋敷
坂口・岡本
大累・吉川
和田
古澤
矢野・隠善
立岡
横川
リリーフ
15
 

山口
西村
マシソン
澤村
青木
久保 

戸根
高木勇
笠原
香月
田原 
公文
土田
福田
メンドーサ
合計 12 12 10    16 6 13

 

投手

 先発投手はFAやドラフトなどで実績のある選手の加入は無く、外国人投手2人を獲得したものの昨年の戦力で戦う事となりそうだ。先発投手陣は実績も力も十分の戦力がそろうが、控え投手陣の頭数が少ないようにもみえる。主力の故障や外国人次第ではローテーションを組むのに苦労するかもしれない。

 リリーフは昨年はやや疲れも見せた山口、西村、マシソンがいるがそこに澤村が加わる。ドラフトで獲得した戸根、高木勇の二人も1年目から活躍できそうで、昨年よりは使える投手が増えた。

 将来性では、平良投手や田中麗、田中太などの期待したいが、松本竜はそろそろ尻に火がついてきた。可能性ある選手はもう少し欲しい所だ。

 

野手

 昨年は阿部選手の打撃不振や長野選手のケガや不信で苦しんだ。しかし昨年から大きな上乗せは無く、今後、外国人選手の補強などの可能性が高い。阿部選手がファーストになったことで、8番、9番でチャンスを迎える時に、代打、そして捕手の交代といった戦い方が増える。控えの野手の活躍がカギになるかもしれない。

 金城選手や堂上選手を獲得したこともうなづける。

 外野手では故障が続く中で昨シーズン終盤戦には大田選手が活躍を見せた。アンダーソン、長野、大田で戦えれば面白いが、金城、堂上を獲得したことからも、控え野手の層の薄さを感じているようだ。

 内野手から和田選手の転向や、秋のドラフト会議では外野手の指名があるかもしれない。

 

将来

 投手、野手ともに戦力が固まっている。菅野、坂本と若い選手が引っ張っているが、それに続く若手選手が、投手、野手ともに欲しい。主軸では辻選手、岡本和真選手に期待したい。辻選手は主軸を打てる内野手として、岡本選手は4番を任せたい。

 長野選手が欠ける時の1番や3番を打てる選手が必要で、和田選手の成長、あるいはドラフト会議で新戦力の獲得が必要だろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望

記事を読む

2015年のドラフト会議はどうなるのか?

 2015年プロ野球ドラフト会議が10月22日に開催されることが決定した。昨年は早稲田大の有原航平投

記事を読む

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む

上から行くか下から行くか、12球団ルーキー事情

ルーキーにしてみれば、プロ野球選手としてスタートとなるキャンプを1軍で迎える事は、それだけ評価が高い

記事を読む

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む

プロ野球選手のエラーと教育、横浜DeNA・白崎浩之選手

セリーグの最下位に低迷する横浜DeNA、4月23日の巨人戦では2年目のショート・白崎浩之選手が3失策

記事を読む

吉田正尚選手、高山俊選手、ドラフト1位候補を石毛宏典、日野茂が斬る

前回に引き続き、今年のドラフト会議で1位指名に名前の挙がる選手を、石毛宏典氏、日野茂氏に斬ってもらい

記事を読む

野球キャンプイン

井川慶投手はなぜMLBで通用しなかったのか

パシフィックリーグではオリックスの好調さが光っている。西勇輝投手、金子千尋投手の活躍はもちろんだが、

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑