*

野球選手のヒーローインタビュー

公開日: : プロ野球

 日野茂氏が湘南シーレックス(現横浜DeNAのファームチーム)の2軍監督をしていた時、野球の技術だけでなく、あらゆることを教えたという。その中で、インタビューの仕方についても行っていた。

インタビュー

 毎年、プロ野球では新入団選手の講義を行っており、その中でインタビューの仕方の実習もある。選手の何人かが指名され、元アナウンサーの講師の前で実演をして、ダメ出しをされるのが毎年恒例の話題となる。

 しかし以前はインタビューの仕方というものは、講義で教わったりせず「自然に慣れで覚える」という考え方で、特に講義や練習などは行っていなかったらしい。

 2000年、ファームチームの独立採算を目指して横浜ベイスターズのファームチームが「湘南シーレックス」として誕生すると、日野2軍監督は野球以外にも様々なアイディアを球団職員と一緒に考えた。その中に、ファームチームでのヒーローインタビューもあった。

 ファームチームはほとんど客を呼ぶことは無いし、その気もない。球団によってはスタンドも粗末なままで、客に見せるものではないという考え方もある。その中でヒーローインタビューなんて考えられなかった。

 しかし、湘南シーレックスは地元横須賀のお客様を呼ぶことを目指しており、1軍だけで行っていたヒーローインタビューをファームでも行った。これはスタンドに来てくれたファンに対して大きなサービスとなり、選手にとってもいつか1軍でお立ち台に立つ時の経験の場として有効だった。

 現在、湘南シーレックスは無くなったが、横浜DeNAのファームではヒーローインタビューが続けられている。

 

ここが問題、ヒーローインタビュー

 日野氏は2軍監督時代、選手に対してヒーローインタビューのやり方も教えたという。そして、今のプロ野球選手のヒーローインタビューに苦言を示す。

 ヒーローインタビューで良く「応援してください!」と話す選手がいるが、日野氏は

「観戦に来る人のことを考えてない。言うならば『自分の姿を見に来てください!』というべきだ」

という。

 「プロ野球を見に来る人」と「プレーする野球選手」、ファンは試合で勝利をしたり、戦う姿やプレーを見に、感じに来ている。勝つ喜びや必死のプレーを見ることが目的で応援をするのだから、応援するために来ているのではないと。

 もちろん結果的にスタンドでやることは「応援をする」のだが、選手から「応援を求める」のはやや違う。

 「みなさんの声援が力になります」というのは良いが、「必死に戦うので見に来てください」という気持ちを持ってほしいという事だ。

 

 アメリカの選手はプレゼンテーションやインタビューに慣れている選手が多いという。表現する教育が日本よりも行き届いているのかもしれない。そしてよく使うのは「ベストを尽くす」「チームを勝利に導く」といった言葉だ。プロ野球選手のヒーローインタビューにも注目してみてください。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

横浜DeNA・白崎浩之選手の4月23日のプレーを検証する

もう2週間前になるが、4月23日の巨人戦で2年目のショート・白崎浩之選手が3失策、初回にはファースト

記事を読む

ドラフト注目選手を、石毛宏典氏、日野茂氏が斬る 第1回「オコエ瑠偉選手・関東第一」

 プロ野球ドラフト会議が10月22日に迫ってきた。様々なメディアで注目選手が取り上げられているが、元

記事を読む

9人指名して6人が1軍昇格、東北楽天の2013年ドラフト

 東北楽天のドラフト4位ルーキー、古川侑利投手が1軍に昇格した。これで昨年、東北楽天が指名した9選手

記事を読む

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む

中畑清監督について、駒大の後輩・石毛宏典氏が語る

横浜DeNAの監督を4年間務めた中畑清監督が、前半は首位だったものの後半失速し、最下位に沈んだことを

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

新人が開幕スタメンを奪うには?

 プロ野球が開幕した。毎年、オープン戦では新たに入団した選手が注目され、チームの戦力アップを想像する

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑