*

福岡ソフトバンクの2015年のチーム構成

公開日: : プロ野球

 昨年日本一となった福岡ソフトバンクは2015年をどのように戦おうとしているのか、チーム構成を見てみる。

選手の構成

支配下登録70人
投手 35人 野手 30人
  戦力 控え 将来・その他   戦力 控え 将来・その他
先発
20
摂津
中田
武田
スタンリッジ
大隣
松坂
東浜
ウルフ
岩嵜
飯田
帆足
バンデンハーグ
寺原
山田 
松本
加治屋
笠原
笠谷

伊藤祐
ポジション
(ポジション
番号順) 
細川・鶴岡
李・松中
本多・明石
松田・金子
今宮・高田
内川・中村
柳田・城所
長谷川・吉村  
高谷
猪本
牧原
川島

江川
塚田
福田
斐紹・栗原・拓也
李杜


古澤
真砂
上林
— 
リリーフ
15
 

森福
五十嵐
サファテ
柳瀬
嘉弥真 

千賀
岡本
大場
二保
川原
日高
星野
島袋
合計 12 12 10    16 7 7

 

投手

 投手は昨年のローテーションに加え、松坂投手が加入した。控えでも東浜投手や飯田投手、帆足投手などの質の高い選手がそろっており、バンデンハーグ選手の力も期待できそうで、ローテーション投手が不調や故障をしたとしても、ある程度補える。

 リリーフは戦力と控えで10人。森、五十嵐、サファテが万全で昨年は優勝したが、岡島選手や控えだった江尻投手が抜け、層が薄くなった。

 投手はずばり先発重厚型で7回程度を任せ、リリーフは8回、9回を信頼性の高い少ない人数で抑えるという形となる。

 

野手

 昨年はケガでレギュラーメンバーがちょくちょく抜けたものの、8ポジションをすべて挙げられる固定のレギュラーが強みか。また、控えでも実績も実力もある選手がそろう。

 ただし遊撃手に関しては今宮選手がぬけると、守備のいい高田選手を使うか、打撃を期待して牧原選手などを使うかという事になる。唯一課題という事になりそうだ。

 固定レギュラーによる強力布陣で、昨年と大きな変化がなく今年に挑む。

 

将来

 投手については高校生投手を多く獲得し、じっくり育てる構えを見せている。またこの表には入れていないが、チームに3軍を持っており育成枠との入れ替えが激しい。育成枠で育成している選手も多い。

 課題の遊撃手に関しては将来を期待して古澤選手を獲得したが、打撃を行かしてサードなども考えられる。内野手全般に育成の層が少なく、今後の補強ポイントとして挙げられる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

上から行くか下から行くか、12球団ルーキー事情

ルーキーにしてみれば、プロ野球選手としてスタートとなるキャンプを1軍で迎える事は、それだけ評価が高い

記事を読む

【ドラフト会議特集9】ドラフト会議を10倍楽しくするためのテレビ番組

 10月23日に行われるドラフト会議まであと1週間を切った。今年のドラフト会議を楽しむためにも、今週

記事を読む

OBへの尊敬

昨日、侍ジャパンと強化試合で対戦した台湾のナショナルチーム、その4番を打った陳金鋒選手のセレモニーが

記事を読む

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

福岡ソフトバンクの優勝と大型補強

 2014年のプロ野球は福岡ソフトバンクが日本一となり終了した。シーズン前に大型補強を行っていた福岡

記事を読む

新人が開幕スタメンを奪うには?

 プロ野球が開幕した。毎年、オープン戦では新たに入団した選手が注目され、チームの戦力アップを想像する

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑