*

新春のスカウトの動き

公開日: : プロ野球

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束の間の休みとなる。しかし、スカウトの正月はほとんどない。

来年のドラフト会議に向けて

 1月、正月が明けるか正月中に、早くも来年のドラフト候補たちが動き出す。チーム練習を行う高校、大学、社会人チームもあり、スカウトたちは年始のあいさつに顔を出す。

 福岡ソフトバンクのスカウトが、あるドラフト候補選手がいるチームが毎年恒例で行っている新春マラソンの視察に訪れた、という事もあった。候補にアピールをして信頼される存在になること、またチームの監督などに挨拶をして人間関係を作ることが目的となる。信頼関係が深くなれば、いろいろな情報を教えてもらったりすることもできる。

 そして、1月の2週目以降にも、今秋のドラフト会議の候補をリストアップするスカウト会議が行われる球団も多い。

 今では選手の情報管理もシステム化されており、これまで視察した選手とその評価はすでに球団に伝わっているのだが、やはり数百人に上る候補のリストアップをする会議までには、それなりに準備することもある。

 

新入団選手のケア

 また、もう一つ大切な仕事が、昨年のドラフト会議で指名して獲得した新入団選手の事。トレーニングの進め方や悩みの相談もすれば、チームの監督やコーチ陣にその選手の特徴を伝え、キャンプでの指導内容やそれ以降の起用法などを考えてもらうようにする。

 その選手を一番よく知っているのは担当のスカウトで、選手も一番近い存在として不安な中で頼ることも多いだろう。また監督・コーチもどんな選手なのかをイメージするため、スカウトからその選手の情報を聞く事になる。

 

 大変忙しい季節なのだが、新入団選手の活躍、そして今年のドラフト候補との出会いを想像し、希望も期待も膨らむ季節でもある。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

プロ野球のエースのすごさ!

 プロ野球、先発ローテーションとして活躍する投手の中で、エースと呼ばれる投手が各チームに存在します。

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~セリーグ編~

 プロ野球も開幕して2週間が過ぎ、対戦カードも一巡した。各球団とも開幕前に想定した力が出せているチー

記事を読む

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑