*

新春のスカウトの動き

公開日: : プロ野球

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束の間の休みとなる。しかし、スカウトの正月はほとんどない。

来年のドラフト会議に向けて

 1月、正月が明けるか正月中に、早くも来年のドラフト候補たちが動き出す。チーム練習を行う高校、大学、社会人チームもあり、スカウトたちは年始のあいさつに顔を出す。

 福岡ソフトバンクのスカウトが、あるドラフト候補選手がいるチームが毎年恒例で行っている新春マラソンの視察に訪れた、という事もあった。候補にアピールをして信頼される存在になること、またチームの監督などに挨拶をして人間関係を作ることが目的となる。信頼関係が深くなれば、いろいろな情報を教えてもらったりすることもできる。

 そして、1月の2週目以降にも、今秋のドラフト会議の候補をリストアップするスカウト会議が行われる球団も多い。

 今では選手の情報管理もシステム化されており、これまで視察した選手とその評価はすでに球団に伝わっているのだが、やはり数百人に上る候補のリストアップをする会議までには、それなりに準備することもある。

 

新入団選手のケア

 また、もう一つ大切な仕事が、昨年のドラフト会議で指名して獲得した新入団選手の事。トレーニングの進め方や悩みの相談もすれば、チームの監督やコーチ陣にその選手の特徴を伝え、キャンプでの指導内容やそれ以降の起用法などを考えてもらうようにする。

 その選手を一番よく知っているのは担当のスカウトで、選手も一番近い存在として不安な中で頼ることも多いだろう。また監督・コーチもどんな選手なのかをイメージするため、スカウトからその選手の情報を聞く事になる。

 

 大変忙しい季節なのだが、新入団選手の活躍、そして今年のドラフト候補との出会いを想像し、希望も期待も膨らむ季節でもある。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」にて、ドラフト1位指名されそう

記事を読む

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しな

記事を読む

育成ドラフト指名選手の1年目での支配下登録

巨人は2015年ドラフト会議において育成ドラフト8位で指名し、育成枠で契約をしていた長谷川潤選手と支

記事を読む

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑