*

野球選手はいつ休むのか

公開日: : プロ野球

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという選手もいる。野球選手にとって休みとは?

休ませない方針

 中日の落合GMはあるテレビ番組で、監督時代に2月1日から紅白戦を行った事について、「初日から紅白戦をやると言っておけば、選手はオフも休まない・休ませないためにやっている」という話をしていた。

 プロ野球選手にとって、10月から11月に野球シーズンは終わる。そして11月から12月はシーズンオフとなる。ただし秋季キャンプに参加したり、海外のウインターリーグに参加したりもしている。そして12月も年末に差し掛かる頃も、ジムに通ったり、走り込みをしたりとトレーニングをしている。

 スポーツ選手ならば当たり前のことなのだが、シーズンオフは休みの期間ではないのが一般的のようだ。

 

休むのはいつか

 むしろ、シーズンオフは来年に向けて体を作る期間であり、シーズン中にできない体を鍛えたり、弱い部分を強くしたりといったことを行う。春のキャンプではそれらが出来上がった状態で、野球のプレーができるように調整していく事になる。また、3月から10月までにシーズンで体重が大きく減ってしまう選手もいる。その体力をこのオフに付ける必要がある。

 ではプロ野球選手の休みはいつなのだろう。やはりシーズン中という事になる。シーズン中は次の機会に力を出し切るために疲れを取る必要がある。もちろんトレーニングも継続するが、シーズンオフよりもシーズン中の休日のほうがゆっくり休める選手もいるようだ。

 しかし実際にはシーズン中も成長しようと必死にトレーニングをしている。心からゆっくり休めるのは、現役を引退した後かもしれない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

中畑清監督について、駒大の後輩・石毛宏典氏が語る

横浜DeNAの監督を4年間務めた中畑清監督が、前半は首位だったものの後半失速し、最下位に沈んだことを

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

【ドラフト会議特集9】ドラフト会議を10倍楽しくするためのテレビ番組

 10月23日に行われるドラフト会議まであと1週間を切った。今年のドラフト会議を楽しむためにも、今週

記事を読む

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む

プロ野球選手のエラーと教育、横浜DeNA・白崎浩之選手

セリーグの最下位に低迷する横浜DeNA、4月23日の巨人戦では2年目のショート・白崎浩之選手が3失策

記事を読む

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉

記事を読む

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む

横浜DeNAが2011年に獲得した高校生選手を自由契約に

 横浜DeNAは2011年に高校生8人を指名したものの、ドラフト1位の北方悠誠投手や帝京の伊藤拓郎投

記事を読む

横浜DeNAの金城龍彦選手、スターへの道

横浜DeNAの金城龍彦選手がサヨナラ打を放った!これでチームタイ記録となる8度目のサヨナラ安打となっ

記事を読む

大谷翔平選手の活躍とマーケティング戦略

 6月19日、北海道日本ハムの大谷翔平選手が8回を投げて1安打11奪三振で無失点に抑えた。甲子園で見

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑