*

野球選手はいつ休むのか

公開日: : プロ野球

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという選手もいる。野球選手にとって休みとは?

休ませない方針

 中日の落合GMはあるテレビ番組で、監督時代に2月1日から紅白戦を行った事について、「初日から紅白戦をやると言っておけば、選手はオフも休まない・休ませないためにやっている」という話をしていた。

 プロ野球選手にとって、10月から11月に野球シーズンは終わる。そして11月から12月はシーズンオフとなる。ただし秋季キャンプに参加したり、海外のウインターリーグに参加したりもしている。そして12月も年末に差し掛かる頃も、ジムに通ったり、走り込みをしたりとトレーニングをしている。

 スポーツ選手ならば当たり前のことなのだが、シーズンオフは休みの期間ではないのが一般的のようだ。

 

休むのはいつか

 むしろ、シーズンオフは来年に向けて体を作る期間であり、シーズン中にできない体を鍛えたり、弱い部分を強くしたりといったことを行う。春のキャンプではそれらが出来上がった状態で、野球のプレーができるように調整していく事になる。また、3月から10月までにシーズンで体重が大きく減ってしまう選手もいる。その体力をこのオフに付ける必要がある。

 ではプロ野球選手の休みはいつなのだろう。やはりシーズン中という事になる。シーズン中は次の機会に力を出し切るために疲れを取る必要がある。もちろんトレーニングも継続するが、シーズンオフよりもシーズン中の休日のほうがゆっくり休める選手もいるようだ。

 しかし実際にはシーズン中も成長しようと必死にトレーニングをしている。心からゆっくり休めるのは、現役を引退した後かもしれない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

野球のセンスとは?天才は存在するのか?元プロ野球選手が語る

プロ野球の世界に、天才と呼ばれる選手がいる。それではプロ野球選手から見て「天才」はいるのだろうか?西

記事を読む

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

前田健太投手はメジャーで活躍できるか

ポスティングでメジャーリーグ入りを目指す広島の前田健太投手、アメリカでもいくつかの球団が獲得を目指し

記事を読む

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

2015ドラフトを振り返る

2015年のドラフト会議が終わりました。当サイトで取り上げた選手も指名をされていますが、まずは今年の

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑