*

今年の野球はどうなる? その3:社会人野球

公開日: : 社会人野球

 

 あけましておめでとうございます。昨年からスタートしたProfessional-view baseballですが、今年もよろしくお願いいたします。

 昨年末に2015年の高校野球、大学野球についての記事を載せていますが、年をまたいで続けてまいります。今回は社会人野球の2015年。

主な大会の日程

JABA東京スポニチ大会

 2月9日 組み合わせ抽選会

 3月9日 開幕 4日間 大田スタジアム、横浜スタジアム、上尾市民球場

 

第86回都市対抗野球

 7月18日 開幕 12日間 東京ドーム

 

第40回全日本クラブ野球選手権

 9月4日 開幕 4日間 西武プリンスドーム

 

第41回社会人野球日本選手権

 10月26日から11月9日の間で11日間 京セラドーム大阪

 

主な動き

  • BFAアジア選手権(タイ)
  • 新チーム
  • ドラフト会議

 

 アジア選手権がタイで行われる予定で、それに向けて昨年11月にジュニア合宿を、また12月には大学生の合宿に数人の社会人選手が参加した。大学生はユニバーシアードがあり、プロ野球選手が参加することも発表されておらず、社会人選手の侍ジャパン社会人代表が参加するとみられる。

 代表でプレーしてきた選手がプロ入りし、どんな選手が代表のレギュラーとなるか、また昨年のアジア大会では、プロやアメリカでプレーする選手を加えた台湾に大敗し、韓国ともかなりの力の差があったように見えた。今年はプロ予備軍の社会人の活躍に期待したい。

 また、埼玉県の深谷組が野球部を創設、クラブチームではなく会社チームとして都市対抗や日本選手権出場を目指す。北関東では富士重工、日本通運、Honda、新日鐵住金鹿島、日立製作所、富士重工がしのぎを削っているが、富士重工が昨年の都市対抗で準優勝、また2013年の前橋育英高校の優勝、埼玉県にBCリーグの武蔵ヒートベアーズが誕生するなど、北関東の野球熱が盛り上がっている。

 2013年のドラフト会議で多くの社会人選手が指名され、2014年も多めの指名となった。それによりレギュラーポジションが空く事で若手選手の活躍の場があり、社会人野球全体が活性化すると予想される。まだドラフト会議の目玉となるような選手はいないものの、大いに期待できる。

 

社会人野球の予想

 2014年は都市対抗では西濃運輸、日本選手権ではトヨタ自動車が優勝し、現在、超激戦区となっている東海地区のチームが全国を制した。ヤマハ、王子、JR東海、東海理化、東邦ガス、トヨタ自動車、三菱重工名古屋、新日鐵住金東海REX、西濃運輸、Honda鈴鹿、永和商事ウイング、ジェイプロジェクト、どこが都市対抗に出場してもおかしくない。

 他の地域ではチームが比較的少なく、楽に都市対抗に出場できる所もあるが、厳しい闘いを勝ち抜いたチームが強く、また補強選手でも多くの中から素晴らしい選手を選ぶことができる。今年も東海地区のチームが注目だろう。

 また新日鐵住金鹿島、三菱日立パワーシステムズ横浜、JR東日本などは複数の選手がプロ入りし戦力が変わる。ただし悲観するのではなく、他の選手が力を発揮するチャンスが増え活性化するだろうと思う。また、大久保監督が慶応大の監督に就任し交代することになるJX-ENEOSにも注目したい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

社会人野球出身スラッガーは誕生するか

 福岡ソフトバンクで活躍していた松中信彦選手が引退を表明した。松中選手といえばプロでの活躍ももちろん

記事を読む

都市対抗は今日決勝戦!ベテランの西濃運輸か、若手の富士重工か

 都市対抗野球大会は、本日決勝戦が行われます。都市対抗野球についてのあれこれをまとめました。  ま

記事を読む

野球キャンプイン

社会人野球、人気の合宿地は宮崎、鹿児島そして・・・

 プロ野球のキャンプがいよいよ来週日曜日からスタートするが、社会人野球のチームもおおむね2月に暖かい

記事を読む

都市対抗橋戸賞の西濃運輸・佐伯尚治投手、プロが獲る可能性はあると元スカウトが評価

 今年の都市対抗は大垣市の西濃運輸が優勝した。決勝の富士重工戦で完封した佐伯尚治投手は31歳のベテラ

記事を読む

クラブチームの甲子園とクラブチームの実態

 ベースボールクラブチームの甲子園でもある、全日本クラブ野球選手権大会が西武ドームで開催された。決勝

記事を読む

社会人野球選手もつらいよ

 18日から都市対抗野球が開幕する。日本のアマチュア野球といえば、高校野球、大学野球と社会人野球が中

記事を読む

【ドラフト会議特集8】ドラフト上位候補に挙がる社会人投手の評価は?

 ドラフト会議に向けて各球団はスカウト会議などで指名候補を絞り込む。プロ志望届を提出している高校生、

記事を読む

去りゆく野球選手たち

社会人野球日本選手権も今日、決勝戦となった。今シーズンの社会人の公式戦はこれが最後となり、シーズンオ

記事を読む

社会人野球は危機感を

毎年、日本の野球で最も早い公式戦は、社会人野球のJABA東京スポニチ大会である。今年もあと1か月後の

記事を読む

西濃運輸・佐伯尚治投手の涙とルーズヴェルト・ゲーム

 都市対抗野球は西濃運輸が優勝し、黒獅子旗を手にした。創部55年目、都市対抗に33度出場の末の初優勝

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑