*

プロ野球が少年野球チームを運営へ

公開日: : 少年野球指導

 東北楽天がリトルシニアのチームを運営していくことが分かった。リトルシニア連盟に所属し、最初は20人、その後は毎年10人ずつを募集していくという。プロ野球の挑戦が始まっている。

少年世代へのアプローチ

 多くの野球選手は野球を始めたのは小学校低学年から高学年という事が多く、その中で、中学生から本腰を入れるようになったという選手もいる。近所には少年野球チームがあり、とりあえずボールを触ってみる事から始まる。

 野球を続けるかどうかのこの大切な時で、多くの少年野球チームは、指導者が野球の指導方法を考え、学び、少年に野球を伝えている。しかし、野球経験の少ない指導者のいるチームで指導を受け、理不尽な指導や選手起用をうけて野球をやめてしまう子もいる。

 この大切な時にプロ球団もアプローチをし始めている。球団が直々に野球教室や野球スクールを開き、元プロ野球選手や現役選手が野球の楽しさや指導をしている。また、球団だけでなく、プロ野球OBや選手会なども独自に野球教室を開いている。

 また、元プロ野球選手が少年野球チームを持ったりするケースもあり、この世代は意外と「プロ」との接点がある。

 

大切な中学時代

 そして中学生いなると、身体ができてきてプレーが大人のものに近くなってくる。同時に身体的な違いや能力違いがあらわれ、そして義務教育が終わり本格的に進路を選択するための受験勉強が始まる。この中で野球を続けるべきか、受験勉強をするために学習塾に通うのかといった判断をすることになる。

 ZEROベースボールアカデミーでは、元プロ野球選手のコーチが小学生や中学生の指導をしているが、中学2、3年生あたりで受験のために野球をやめる選手もいる。また選手の中には、他の選手と比べて体が小さかったり、プレーが上達せずに「高校、大学、プロで野球を続けられない」と自ら判断してしまう選手もいる。

 プロのコーチから見てても、まだ体は出来ていないがこれから成長すると思う選手も、自ら「あきらめる」判断をしてしまう選手がいることを残念がる。

 自分がどのあたりにいて、これから伸びるのか?今後、野球を続けていくために、何をやっておけばよいのか、とても重要な時期が小学生、中学生の時代にあり、そこには指導者が必要となる。

手つかずの高校野球

 中学野球の指導はかなり本格的になり、シニア、ボーイズまたは軟式でも名門と呼ばれるチームがある。今回の東北楽天の挑戦はまずここから始まった。また千葉ロッテも野球スクールを積極的に行っており、おそらく数年後には少年野球チームを作るだろうと予想される。またZEROベースボールアカデミーのような野球塾も広まりつつある。

 しかし、プロ球団や野球塾ができるのはここまでだ。高校野球になると(基本的に)プロ野球選手と自由に接触することが、学生野球憲章によって禁止される。選手の指導はすべて、各高校に任されることになり、選手も甲子園を目標とする事になる。

 今ではアマ指導資格の復活制度もでき、元プロ野球選手が高校などで指導をすることができるが、やはり自由に指導をしたり接触をすることは難しい。

 高校野球を目指すことで、これまで多くの選手が成長したことは間違いないだろう。しかし、高校野球を目指す中で、故障により夢破れたり、いろいろな理由でチームのレギュラーになれず、満足いく高校野球生活を送れなかった選手もいるだろう。野球の推薦で入学した選手などは、退部をし退学までしてしまう選手もいる。

 その時受け皿となり、高校の野球でプレーができなくても別の道で野球がうまくなる制度があってもいい。また、甲子園を目指すだけでなく、将来のメジャーリーグ入りを目指す選手も出てきているだろう。そういう選手のため組織があってもいい。

 少年には野球以外でもいろいろなものを体験してほしい。その中で野球で行くと決めた選手には、いろいろなルートで野球を続けられるように、これからチャレンジが必要となる。

 (Professional baseball view 編集部)

関連記事

野球塾の練習内容とは?

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、元プロ野球選手の指導を受けるために、月曜日から金曜日まで

記事を読む

様々なプレーを経験をしておくことの大切さ

元プロ野球選手が教える野球塾のゼロベースボールアカデミーでは、4月のある日、逆シングルのプレーの練習

記事を読む

石毛宏典氏が考える少年野球選手の育て方

石毛宏典氏は野球教室で少年野球選手に指導を行っている。石毛氏が考える少年野球の育て方について聞いた。

記事を読む

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと

記事を読む

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、

記事を読む

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

【ドラフト会議特集12】プロ入りする選手はどこが違うのか

 今日はドラフト会議当日となる。野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、2011年に北海道日本ハ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑