*

松坂大輔が帰ってくる!その1

公開日: : プロ野球

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。

高校2年から急成長

 松坂大輔投手は身長は180cm前後(現在は183cmと紹介されれているが、高校時は178cm前後で紹介されていた)で、例えば田中将大投手(185cm前後)や大谷翔平投手(193cm)のように体格に恵まれているわけではなく、しかも中学時や高校1年生から大活躍を見せて注目されていたわけではない。

 それでも2年生の時にはエースとなり1997年の夏の神奈川大会を戦った。しかし横浜商戦でサヨナラ暴投で敗れ3年生達の涙を目の当たりにし、これがきっかけとなって怪物へと成長していく。この敗戦を最後に秋の新チームから翌年の国体まで44連勝を続け、高校生で負けることは無かった。

 

伝説の1年

 秋の明治神宮大会は3試合をすべて投げ抜き、決勝では150キロを記録していた新垣渚との対戦となったが、これも制して優勝を飾る。

 1998年春、センバツ大会では村田修一選手(現巨人)の東福岡や夏に伝説の試合を繰り広げるPL学園、そして決勝では久保康友投手の関大一を4安打完封し、全国制覇を成し遂げる。

 春の神奈川大会、夏の神奈川大会予選を勝ち抜くと、夏の甲子園大会でも1回戦でノーヒットノーランを記録した鹿児島実の杉内俊哉投手と投げ合い勝利、その後星稜を倒して迎えたPL学園戦、伝説の延長17回の死闘を演じ250球を一人で投げぬいた。

 迎えた準決勝は明徳義塾戦、のちにプロ入りする寺本四郎投手のいる優勝候補だったが、前日250球を投げた松坂投手の姿が先発のマウンドになく、チームも8回表まで0-6と敗色濃厚となった。しかし8回の裏、横浜高校は脅威の追い上げで4点を奪い4-6とすると、9回表のマウンドにはテーピングを自ら外した松坂大輔投手が上がる。

 これでチームも球場も盛り上がり9回裏に3点を奪って6-7の奇跡の大逆転を見せた。

 そして伝説はこれだけで終わらない。決勝は京都成章だったが、松坂大輔投手はノーヒットノーランで優勝を飾った。

 第80回の夏の甲子園大会は、松坂の大会と呼ばれる。

 

横浜高校のチームメイト

 甲子園で150キロを記録した松坂投手は、国体でも手を緩めずに153キロを記録しこれも優勝、44連勝を達成した。

 横浜高校のチームメイトは、ベイスターズで活躍を見せる小池正晃選手、西武、横浜で活躍する後藤武敏選手、中日に入団する小山良男捕手などがいた。チームメイトに恵まれたともいえるが、松坂大輔という怪物がチームメイトを成長させたのかもしれない。

 そして同学年のライバルには、これまで上げた選手のほかに、和田毅、森本稀哲、藤川球児、古木克明、木佐貫洋、長田秀一郎、館山昌平、久保裕也といったプロ野球で活躍を見せる選手が続々と誕生した。彼らもまた怪物を追って社会人、大学などで成長している。

つづく

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む

【ドラフト会議特集2】ドラフト会議を待つ選手の心境、王道のドラフト候補・上田浩明の場合

 ドラフト会議を待つ選手にとっては、10月23日のドラフト会議に向けてそわそわしたような時期が続くよ

記事を読む

選手の成長とケガのケアに重点を置いた、工藤監督の福岡ソフトバンク優勝に石毛宏典氏語る

 工藤公康監督が就任して1年目の福岡ソフトバンクがパリーグ優勝を果たした。コーチ未経験での就任1年目

記事を読む

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

大谷翔平選手の活躍とマーケティング戦略

 6月19日、北海道日本ハムの大谷翔平選手が8回を投げて1安打11奪三振で無失点に抑えた。甲子園で見

記事を読む

この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」にて、ドラフト1位指名されそう

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑