*

人工芝も本物、野球塾の施設

公開日: : 少年野球指導

 埼玉県川口市にある小学生、中学生に野球を教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーは、室内練習場で練習を行う。当然、人工芝なのですが、この芝を最近張替え、プロのグラウンドで使われるような「本物」になりました。

 

プロのグラウンドで使われる人工芝

 野球にとってグラウンドの土や芝の状態は、プレーに影響を与える要素になります。プレーするグラウンドではその前の練習でグラウンドの状態を知るためにボールの跳ね方、転がり方、止まり方などをじっくりとみます。

 室内の練習場では芝生の管理は難しく、ドーム球場などと同じように人工芝を使います。しかし、この人工芝、以前は柔らかさもなく、日本のプロ野球が使う各球場でも、コンクリートの上でプレーしているようという批判があり、選手のヒザに負担がかかるという指摘もありました。そこで今は、人工芝も改良が重ねられ、土のグラウンドや天然芝の上に比較的近いものになりつつあります。

 

高校野球では天然芝や土が主流

 高校野球では地方の各球場が基本的には天然芝で、小さい所では土のグランドもあります。芝と言ってもきれいに整備されているのではなく、雑草と混ざりあったグラウンドだったりします。

 野球塾ではまずは高校野球を目指す選手が多く、土や天然芝の感覚でプレーできたほうが良いのは間違いなく、天然芝に近い最新型の人工芝に入れ替えました。

 

 足を踏み入れるとふわふわとしていて走っても足に負担がかからない感じです。指を入れると人差し指の第2関節くらいまでの深さがあります。滑り込んでも大丈夫そうです。

 

 全面を張り替えるのにどのくらい掛かったのか、聞いてみましたが内緒とのことでしたが、「高級自動車」くらいという目安も。

 この最新の人工芝で、小学生や中学生の選手が元プロ野球選手のコーチの指導の下で上達して、甲子園の天然芝やプロ野球の球場の人工芝でプレーする姿を待っています。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロ野球が少年野球チームを運営へ

 東北楽天がリトルシニアのチームを運営していくことが分かった。リトルシニア連盟に所属し、最初は20人

記事を読む

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

野球も変わっていく

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進

記事を読む

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む

野球を考える時間を毎日つくる

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。

記事を読む

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

目標を立てる

2017年がスタートしました。野球選手の皆さんも、「大会で優勝すると」、「来年の進路を決める事」、チ

記事を読む

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

野球のムーブメントと特徴、右投げ左打ち

 野球界にもムーブメントがある。ネックウォーマーのような防寒具だったり、防具なども技術の進化やファッ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑