*

野球と2020

公開日: : 侍ジャパン

 2020年、東京オリンピックの開催が決まった。そして11月18日、IOC(国際オリンピック委員会)は2020年に向けた改革案を発表し、40項目の改革案の中に「開催都市の正式種目追加権」が入っている。

野球、ソフトボールの復活

 野球、ソフトボールは2008年の北京大会を最後のオリンピックの正式種目から外れた。そしてその後、正式競技への復活をめざし活動を行っている。しかし昨年、実施する正式競技を決める委員会の中で、野球・ソフトボールはレスリング、スカッシュとともに最後の候補となったが、レスリングが採択された。

 本来ならばこれで終わりなのだが、先日の改革案で開催都市の正式種目追加権が認められると、決定された競技以外にも競技に追加される可能性が出てきた。その数は分からないが、日本では野球・ソフトボール、空手道などが候補となりそうで、その中でも日本において競技人口の多い野球・ソフトボールが有利だとみられる。

 

5年後

 今年もあと1か月少々で終わる。そして東京オリンピックまであと5年となる。その頃、侍ジャパン日本代表として戦う選手は25歳前後の選手が中心になるだろうか。そう考えると、現在の高校生選手や大学生選手、プロ野球選手の若手がプレーすることになる。

 今年の侍ジャパンで日米野球で活躍した則本投手や大谷翔平選手などは5年後どうなっているだろう。メジャーリーグに行っているのではないだろうか。そうするとチームによってはオリンピックに出られない可能性もある。(メジャーリーグもドリームチームで参戦してほしいが)

 では誰が日本代表として出場するのか。今、高校、大学でプレーしている選手たちだろう。

 様々な乗り越えるべき壁はあるものの、どうか、高い志を持って東京オリンピックでの野球の金メダルを目指してほしい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

侍ジャパン代表26人の年代とドラフト順位を分析する

   3月10日、11日に欧州選抜と対戦する侍ジャパンの代表メンバーが発表された。プロ2

記事を読む

日本の野球は、東京五輪で繋がっていく

 先日、侍ジャパンの大学代表チームと、U18(高校生)代表チームの壮行試合が発表された。今年は大学生

記事を読む

侍ジャパンになるには

いよいよ今日から、2017年WBCに出場する侍ジャパンのキャンプが始まる。28選手がどのような球歴を

記事を読む

右投げ左打ちの外野手

WBCでは筒香嘉智選手が、ここぞという時の打撃を見せ、2次ラウンドを無傷で勝ち上がった。筒香選手とい

記事を読む

WBC決勝ラウンド、青木宣親選手は復調する

 決勝ラウンドに勝ち進んだ侍ジャパン、盛り上がるWBCについて石毛宏典氏は決勝ラウンドに向けて、青木

記事を読む

保護された中での走塁

 侍ジャパンU18代表は、今年も優勝をすることができなかった。キューバ、韓国、オーストラリアなどには

記事を読む

日本野球はさらに上を目指せ!試合に勝つ魅力と一瞬のプレーの魅力

 侍ジャパンがメジャーリーグ選抜に挑む日米野球が開催されている。1戦目は侍ジャパンの前田健太投手など

記事を読む

また一つ、壁を乗り越えた侍ジャパン

 侍ジャパンの活動は、日本代表チームの役割もあるが、日本野球の統合という使命もある。各世代、各連盟や

記事を読む

侍、いよいよ出陣!石毛宏典が考えるスタメン

  いよいよWBCの初戦が明日行われる。日本の野球のトップにいる侍たちが世界を相手に戦う

記事を読む

侍ジャパンに期待すること!

昨日、侍ジャパンのトップチームの強化試合が行われました。プエルトリコに8-3で勝利、強化試合ではあり

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑