*

野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか

公開日: : 少年野球指導

 高校野球秋季大会の関東地区で浦和学院が優勝し、センバツ出場が確実視されている。その浦和学院は明治神宮大会でも準優勝し、来年のセンバツ大会では優勝候補にも挙げられるだろう。その中でひときわ大きな体が目を引く4番ファーストの山崎滉太選手は、ZEROベースボールアカデミーに通っていた。

4番ファースト

 山崎滉太選手は182cm85kgの大きな体があり、ひときわ目を引く。フルスイングを心掛け秋の関東大会決勝では走者一掃の2ベースヒットを放ち、優勝に貢献している。

 明治神宮大会では2回戦の東海大四戦で2打数1安打1打点とあたりを見せたが、ファーストの守備でイレギュラーした打球が右眉の上に当たって7針を縫うケガを負った。それでも準決勝の東海大菅生戦では包帯を巻き、目を腫らしながらも4番ファーストで出場して1打点を記録し、チームの準優勝に主軸として役割を果たした。

 

少年時代はどんな選手だったのか?

 山崎選手は小学校2年生の時からZEROベースボールに通い、元プロ野球選手の指導を受けた。兄と一緒に通い続けたという。

 しかし野球塾では山崎選手を指導した日野茂氏が「本当にいう事を聞かない子だった」と話し、最初は体も細い選手だったという。それでも日野氏は「言われてもいじける事のないのが良かった」と話す。いう事を聞かない子にプロのコーチ陣の指導は厳しい。それでも山崎選手は言われ続けても帰りにはピンピンとして帰っていったという。

 そんな山崎選手だがコーチ達は「小学校6生になってチームでリーダーになって変わった」と話す。野球塾に通う生徒は、シニアやボーイズなどのチームにも所属している選手が多い。そのチームで他の選手を引っ張る役割をするようになって、言う事も聞くように?なっていったという。

 

プロ野球コーチが期待すること

 その山崎選手だが、182cm85kgの身体となった。そして今は4番ファーストで出場する。山崎選手の素質的なものについて日野氏は「足が動くという選手ではなかった」と話す。182cmでも身体能力の高い選手はいるが、足についてはそこまでではないという。

 それでも「内野の守備は悪くない」と評価している。なので、「サードで出てほしい」と思っている。

 打撃については「センターに放り込めるようになれば本物になる」と話す、良い時はセンターに伸びる打球を飛ばすという。

 秋の戦いは明治神宮大会の準優勝でひとまず終わった。これから高校3年生に向けて大切なオフシーズンを迎える。山崎選手がサードを守れるように、そしてセンター方向に大きな当たりができるように、野球塾の元プロ野球コーチ陣は、もっともっと成長できると期待している。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

元プロ野球選手が教える
ZEROベースボールアカデミー

関連記事

野球は技術!

以前、広岡監督、森監督、野村監督などの選手の育て方について、石毛宏典氏に語ってもらった。広岡監督は野

記事を読む

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

【少年野球】投手に最も大切なのは?

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、毎週月曜日に投手の練習を行っている。投手の練習は野手よ

記事を読む

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ

記事を読む

野球塾から高校野球、そして

野球塾のZEROベースボールアカデミーも、3月は卒業の季節です。これまで多くの選手が卒業していますが

記事を読む

野球も変わっていく

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進

記事を読む

監督はどっしりと構えて

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非

記事を読む

野球のムーブメントと特徴、ライト前を守るセカンド

 野球のムーブメントは現在も起こっている。広島カープで今年入団4年目となる菊地涼介選手、セカンドの守

記事を読む

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑