*

元プロ野球選手が教える守備練習は違った!

公開日: : 少年野球指導

 元プロ野球選手が教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーでは、この日も内野守備の練習が行われた。普段は「体の正面」で、「両手を使って」捕ることを教えているが、この日のアドバイスは「両手を使わなくても、正面でなくてもいい」という物だった。

グラブの位置の間隔をつかむ

 小学生の部でも中学生の部でもまず最初にやったのは、正面のゴロに対して体のある部分(企業秘密)にグラブを構えて捕球する練習だった。失敗をしてもかまわないという事で、小学生は楽しみながらやっていた。そして中学生はそれでも失敗すると悔しそうにしていたが、次第にコツをつかんで捕球できるようになった。

 これはグラブの位置の感覚を掴む練習になる。守備ではボールを見て捕球の姿勢をとるが、打球(特に厳しい打球)に対しては感覚でグラブを出すことになる。予測するボールの位置にグラブを出せるかどうかが大切だ。

 この練習で、グラブの位置を目で確認しなくても感覚でボールの位置に出せるようになれば、捕球は抜群に良くなる。

 

シチュエーションによる守備の姿勢

 次に行われたのは体から左右に大きく離れた打球を捕球しスローイングする練習。これも回り込んで体の正面に入れる暇などない。足を使って打球の近くまで来たらあとは感覚でボールの位置にグラブを出す事になる。

 また捕球してからのスローイングでも、中学生は強い球をファーストに投げられていたのだが、元西武の上田コーチでの実演は違った。言葉では説明は難しいが、確かにプロ野球ではこのような姿勢でスローイングをしている。一瞬を争うプレーでは、このような事が大切なのだと改めて感じさせた。

 

プロ野球を見ていますか?

 野球塾に通う選手は、多くはプロ野球選手を目指している。しかし、プレーについてはプロ野球選手が、こういう時はどんな体勢で捕球をしているのか、どんな体勢でスローイングをしているのか、あまり見ていない気がした。

 野球の練習のほかに塾にも通ったり、または家でゲームをすることもあるだろう。でもプロ野球選手が夢ならば、プロ野球は見ておくべきだと思う。そこで気になるプレーがあったり、かっこいいプレーがあったらマネをするのが良いと思う。プロ野球でもメジャーリーグでも良いが、まずは身体能力や体型の近いプロ野球選手のプレーを見てマネするのが良いと思います。

 そしてどうしてそういう体勢で捕るのかなどを野球塾でコーチたちに聞いて、そこで理解することで自分のものになっていくのだと感じます。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、

記事を読む

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

野球練習の工夫

練習はきつい!そういうイメージがある。体を作るには淡々と走ることを繰り返す。そして野球は瞬時に打球を

記事を読む

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

野球も変わっていく

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進

記事を読む

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

キャッチボールが全て!

野球塾のZEROベースボールアカデミーの練習メニュー、キャッチボールに多くの時間を取ります。なぜキャ

記事を読む

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑