*

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

公開日: : プロ野球

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そしてプロの第一歩を踏み出すのに大切な事があると、元スカウトの日野茂氏は話す。

キャンプまでにすること

 プロ野球は来年1月にも新人の合同自主トレなどが行われる。ドラフト会議で指名された選手がどのようにこのオフを過ごすのかはとても重要である。このオフの練習メニューなどは球団から渡されるのかと聞くと、「トレーニングコーチがトレーニングについてのアドバイスをする」という事だった。

 プロ1年目という事もあり、さすがに新人選手も緊張感があるため、いろいろ報道はされるものの1月には体を仕上げてくる選手が多いという。しかし中には「なめてくる」子はいるという。

 高校、大学、社会人で一線級で活躍してきた選手だ。やはりお山の大将になっていることもある。「自分は通用する」と思ってプロに入ってくる。そしてそういう選手はプロ野球のキャンプに参加して「ビビる」という。投手であれば自分よりも速い球を、軽いフォームでコーナーに決めてくる。そういう選手がブルペンにずらっと並んでいるのだ。

 そしてそういう選手はそこから「目いっぱい」やってしまい、オーバーワークで故障をしてしまったりする。

 

自分に計画ができる選手

 日野氏は「自分に計画ができる選手」でないと厳しいという。以前、ドラフトで指名された選手について「プロに入るのが目的ではなく、プロで活躍することが目的。プロに入っていかに活躍するかを考えながら高校、大学でプレーしている選手が有望」と話していたが、それにつながってくる。

 毎年多くの選手が初キャンプで「プロのレベルの高さに圧倒された」と話す。想像の2割増しいや、5割増しくらいに考えて丁度良いのかもしれない。

 

ビビって生きろ!

 日野氏は「ビビって生きろ!と言っている」と教えてくれた。ビビるというのは委縮することではない。

「世の中がどうなっているかを理解し、自分がどれだけ準備が必要で、そして準備をするか。」

が大切だという。

 委縮ではなく、それに対して準備をすること、また大切な言葉を頂いた。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望

記事を読む

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む

西武ライオンズはこれから上がっていく、石毛宏典氏が話す

西武ホールディングスの株主総会が行われ、西武ライオンズについて株主より厳しい意見が出たようだ。元西武

記事を読む

プロ野球開幕の緊張を味わいたい

プロ野球選手にとって、野球は楽しいのだろうか?率直に石毛宏典氏、日野茂氏に聞いてみた。すると・・・。

記事を読む

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

鳥谷選手が抜ける意味

 プロ野球のストーブリーグで、大物選手の移籍や残留などのニュースがある。特に阪神の鳥谷敬選手は、長年

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

期待が不安を上回る、3月を楽しもう!

 いよいよ3月に入る。日本の場合、多くの物事の1年間の活動が3月で終わり、4月から新しい1年が始まる

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑