*

福岡ソフトバンクの優勝と大型補強

公開日: : プロ野球

 2014年のプロ野球は福岡ソフトバンクが日本一となり終了した。シーズン前に大型補強を行っていた福岡ソフトバンクの優勝はどのようなものだったのか。

2013年オフの補強

 2013年オフに断行した福岡ソフトバンクの主な補強は、

  • 岡島秀樹投手 アメリカより
  • 中田賢一 FA 中日より
  • 鶴岡慎也 FA 北海道日本ハムより
  • スタンリッジ 阪神より
  • サファテ 埼玉西武より
  • ウルフ 日本ハムより
  • 李大浩 オリックスより

それでもリーグ戦では78勝60敗、3位には大差をつけたものの、オリックスにはゲーム差なしの優勝だった(80勝62敗)。ほかにも2013年に多村選手とのトレードで獲得した吉村裕基選手、五十嵐亮太投手も優勝に貢献しているほか、主軸を打った内川聖一選手や捕手として活躍した細川亨選手もFAで獲得している。

 

生え抜き選手は

 しかし生え抜き選手も活躍を見せている。2005年に自由枠で獲得した松田選手、2007年に高校生ドラフト2位で獲得した中村晃選手、2009年にドラフト1位で獲得した今宮健太選手、2010年ドラフト2位の柳田悠岐選手、2011年ドラフト1位の武田翔太投手などが活躍、長谷川選手、本多選手、明石選手などが脇を固めた。

 

チーム戦略は成功か

 全体的にはFAや他球団の外国人の獲得といったFAや外国人による補強が、ドラフトでの補強以上に優勝に与えたの間違いないと思われる。ただしこれは批判されるポイントでは決してない。メジャーリーグ的なチーム強化戦略と言える。

 結果日本一になることができた。観客が増えたり、グッズ販売が増えたりと波及効果も当然大きいだろう。そしてもう一つの目的である球団の収支がどようになるのか、注目をしたい点だ。大型投資をしても大きく利益が得られれば投資効果は高かったといえる。

 

日本では難しい

 メジャーリーグではニューヨークヤンキースのように、他球団の戦力を集めてチームを作る球団(もちろん選手も育てるが)は、毎年補強を続けていく必要がある。メジャーリーグのように球団数が多く、また移籍しやすい制度でもあり、各球団のエースや4番を打つ有力選手が毎年のように移籍市場に出てきている。従ってそういう選手を毎年獲り続けることも可能かもしれない。

 しかし日本は12球団しかない。またFAによる移籍はそれほど多くなく自球団を除いた11球団からFAや外国人の獲得ができる人数は非常に少ない。やはり日本では、ドラフト会議で有望選手を獲得する必要性は高いと考えられ、自前で他国の有望な外国人選手を探し出す必要もあるだろう。

 福岡ソフトバンクの戦略はこれからが正念場となりそうだ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【ドラフト会議特集9】ドラフト会議を10倍楽しくするためのテレビ番組

 10月23日に行われるドラフト会議まであと1週間を切った。今年のドラフト会議を楽しむためにも、今週

記事を読む

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む

プロ野球のエースのすごさ!

 プロ野球、先発ローテーションとして活躍する投手の中で、エースと呼ばれる投手が各チームに存在します。

記事を読む

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

今永昇太投手、上原健太投手、岡田明丈投手を石毛宏典、元プロスカウト・日野茂が斬る

今日はドラフト1位候補に名前のあがる駒澤大・今永昇太投手と、明治大の上原健太投手、大商大の岡田明丈投

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首位を走る。逆に千葉ロッテはチー

記事を読む

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

一流選手が名指導者になるために

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑