*

来年は野手に注目選手が!2015年のドラフト

公開日: : 大学野球

 ドラフト会議の目玉選手は多くは投手の場合が多い。しかし来年は久しぶりに野手が注目される年となりそうだ。

ここ数年は投手が注目

 ここ数年のドラフト1位で指名重複した選手を見てみると、

2014年は早大・有原航平投手に4球団、済美高・安楽智大投手に2球団、

2013年は松井裕樹投手に5球団、大瀬良大地投手に3球団、石川歩投手に2球団、

2012年は藤浪晋太郎投手に4球団、東浜巨投手に3球団、森雄大投手に2球団、

2011年は藤岡貴裕投手に3球団、高橋周平選手に3球団、菅野智之投手に2球団、

2010年は大石達也投手に6球団、斎藤佑樹投手に4球団。

13人が指名重複しているが、そのうち野手は1人だけである。ドラフト1位で注目され、しかも複数の球団が重複するようなドラフトの目玉は投手が圧倒的に多い。近年で野手が目玉となり注目された年だと、1995年の福留孝介選手までさかのぼるのではないかとも思う。

 

注目野手の価値は高い

 そう考えると注目投手は毎年いるのに対し、複数球団が重複してでも欲しいという野手はここ5年で一人と価値の高い事がわかる。

過去を見ても福留孝介選手、松井秀喜選手、高橋由伸選手、清原和博選手などの名前が思い出されるが、来年はここに加わるかもしれない野手の候補が、しかも複数いる。

 

2015年注目の野手

 最も注目されるのは、明治大の高山俊選手とみられる。明治大の外野手でなんと大学3年生の時点で東京六大学リーグ通算100安打を達成し、史上最も早い達成となった。そして来年はリーグ記録を塗り替えるのではないかとみられる。この高山選手、コツコツ当ててヒットを量産するタイプではなく、鋭いスイングで外野手を越えたりホームランも打てる長打力があり、またバントヒットで出塁する走力もある。まさに三拍子そろった中距離打者で、プロ野球でも1年目から3番を任せられる選手と言える。

 また、もう一人注目される野手がいる。慶応大の谷田成吾選手は慶応高校時に70本以上のホームランを放ったスラッガーとして注目され、東京六大学でも大学2年までは2本塁打だったが、3年生となった春は4本、秋もここまで3本のホームランを放っている。打球は途中からぐんぐん伸びライトポール際はもちろん、反対方向のフェンスも越える。パワーで持っていくのでなく技術で持っていくようなきれいなフォームが特徴的で、まさに高橋由伸選手2世と言ってよい。

 高山選手は最多安打記録、谷田選手もホームランを量産し、現在通算9本のホームランを20本に乗せることができれば、プロ球団は放ってはおかないだろう。もちろんもっと素晴らしい投手が出てきたり、チーム事情で投手を優先する球団もあるだろうが、野手の注目選手は獲得できたら10年間は安泰になる。

 

 2015年のドラフト戦線も激しく、そして注目されるものとなりそうだ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【ドラフト会議特集7】ドラフトの目玉、早稲田大・有原航平投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議(10月23日)まであと10日を切り、各球団の動きも最後の慌ただしさを見せている

記事を読む

【大学野球選手権特集】仙台大・熊原健人投手を元プロスカウトが評価する

 大学野球選手権が始まりました。大会前に巨人がスカウト会議を開き、富士大の多和田真三郎投手と共に、仙

記事を読む

さらにすそ野が広がる大学野球

日本の野球界は、高校野球は高校野球連盟の調査によると平成27年度には4021校、168,898人の部

記事を読む

大学野球はもっと発展できないか

 大学野球選手権、神宮球場や東京ドームに足を運ぶと、以前に比べると人が増えた気もする。雨の多い季節の

記事を読む

【ドラフト会議特集6】京大生、田中英祐投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議で話題となりそうなのが、京都大の田中英祐投手だろう。身長は180cmまでいかない

記事を読む

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

学生野球の怖さ

東都大学野球リーグは亜細亜大が8勝2敗で優勝を勝ち取った。開幕2連敗からの逆転での優勝だった。学生野

記事を読む

東京六大学・東都が初戦敗退、地方大学の波

 大学野球選手権の2日目、東京六大学代表の慶応大が神奈川大に敗れ、東都大学リーグ代表の亜細亜大が創価

記事を読む

島袋洋奨投手はプロで活躍できるか

 2010年の高校野球は興南高校が春夏連覇を達成した。その時のエース・島袋洋奨投手は大学時代に明と暗

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑