*

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

公開日: : プロ野球

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を見ると、各球団の思惑が見えてくる。各球団はどのポジションのどの選手をターゲットに指名をしたのか、今年のドラフト会議の結果で来年正念場となる選手を挙げてみた。

 語弊の無いように説明すると、ターゲット選手は正念場と言っても来年の戦力外候補という事ではなく、刺激を与えようとしている、または与えられるられる側の選手として挙げる。

 

福岡ソフトバンク

 今年は即戦力不足で将来性重視という方針を早くから決め、右腕投手の松本裕樹投手、捕手の栗原陵矢選手、高校生遊撃手の古澤勝吾選手、左腕投手の笠谷俊介投手と各ポジションの高校生選手をそろえた。

 このことより次世代の各ポジションの軸を獲得したといってよく、これらの選手が成長した時、現在のベテラン陣は徐々に一線を退くことになる。またここ数年に入団しながら伸び悩みを見せている選手への警告とも取れる。

ターゲット選手→ 摂津投手、岩崎投手、山下捕手、川原投手、今宮選手

 

読売

 即戦力投手をあきらめても将来の4番候補となる岡本和真選手を指名した。またリリーフの左腕・戸根千明投手、右腕・高木勇人投手、先発左腕の田中投手を指名し、投手陣に喝を入れた。

ターゲット選手→ 山口鉄投手、西村投手、久保投手、中井選手、村田選手、今村投手

 

オリックス

 即戦力先発左腕の山崎福也投手を単独で指名し、必要性の高さを感じさせた。また将来の遊撃手候補・宗佑磨選手や即戦力の西野真弘選手を指名し、遊撃手に刺激を与えた。

 投手は若手、ベテランを左右ともに指名し、現有投手陣の危機感をあおった。

ターゲット選手→中山投手、井川投手、安達選手、縞田選手

 

阪神

 即戦力にこだわり、左腕の横山雄哉投手、リリーフ右腕の石崎剛投手、守屋功輝投手を指名、また外野手では能力抜群の江越大賀選手を指名した。内野手では守備に定評のある植田海投手を指名し、打撃タイプの北條選手に刺激を与える。

ターゲット選手→榎田投手、小嶋投手、福原投手、安藤投手、伊藤隼選手、北條選手

 

北海道日本ハム

 先発右腕の有原航平投手を獲得、これは先発でくすぶる同じ早稲田大の斎藤佑樹投手への強烈な刺激となる。2位から4位では清水優心選手、浅間大基選手、石川直也投手、また下位でも立田将太投手、高濱祐仁選手、太田賢吾選手、佐藤正尭選手と各ポジションの高校生を指名、伸び悩む若手に刺激を与える。

ターゲット選手→斎藤投手、松本選手、鵜久森選手、中村勝投手

 

広島東洋

 即戦力投手は取れずに外野手の野間峻祥選手を1位指名、また薮田和樹投手はリリーフ候補として、さらに塹江敦哉選手、藤井晧哉選手といった速球派投手を加えた。またリリーフ左腕候補の飯田哲矢投手、スラッガータイプの遊撃手、桒原樹選手も指名している。

 外野手でレギュラーを獲れていない岩本選手、栗原選手、そして外野で出場する堂林選手の競争がし烈になる。また左腕の候補も下からの突き上げで正念場となりそうだ。

ターゲット選手→岩本選手、栗原選手、堂林選手、中村投手、岩見投手、庄司選手

 

千葉ロッテ

 即戦力内野手を単独指名し、必要性の高さを示した。即戦力では寺嶋寛大捕手を指名し、捕手では吉田選手などとポジション争いをする。ドラフト2位指名の田中英祐投手は素質を買っての指名とみられる。

ターゲット選手→根元選手、高濱選手、翔太選手、吉田選手、大嶺投手、唐川投手など

 

中日

 全員全ポジションの即戦力を指名しようと決めていたようだ。野村亮介投手、浜田智博投手、友永翔太選手、石川俊選手、加藤匠馬選手、井領雅貴選手、遠藤一星選手で特に内外野に即戦力が加わった。

ターゲット選手→野本選手、平田選手、和田選手、森野選手、堂上直選手、高橋周平選手、吉見投手

 

埼玉西武

 即戦力では左腕投手の佐野泰雄投手と打力のある外崎修汰選手を指名した。1位では高橋光成投手を指名し若手投手の底上げを図る。ただし全体的に指名選手は少なく危機感はあまり煽られなさそうだ。

ターゲット選手→小石投手、中崎投手、相内投手

 

横浜DeNA

 1位2位では即戦力の右腕と左腕を、さらに中位以降も左腕投手、内野手を中心に指名をした。ターゲットが明確な指名となった。

ターゲット選手→尚成投手、田中投手、山崎憲選手、石川選手、白崎選手

 

東北楽天

 ドラフト1位、2位は高校生投手を指名し、伸び悩んだ若手選手を一層する構え。また足を使える福田選手、長打力のフェルナンド選手、伊東亮大選手を指名し、主軸選手を補強した。

ターゲット選手→菊池投手、戸村投手、中川選手、榎本選手、北川選手、銀次選手

 

東京ヤクルト

 左腕の竹下真吾投手、右腕の風張蓮投手のほか、リリーフ左腕、右腕を補強した。また捕手も山川晃司選手を3位で指名し、中村選手と競わせる。

ターゲット選手→石川投手、館山投手、由規投手、村中投手、松岡投手、赤川投手、中村捕手

関連記事

9人指名して6人が1軍昇格、東北楽天の2013年ドラフト

 東北楽天のドラフト4位ルーキー、古川侑利投手が1軍に昇格した。これで昨年、東北楽天が指名した9選手

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~セリーグ編~

 プロ野球も開幕して2週間が過ぎ、対戦カードも一巡した。各球団とも開幕前に想定した力が出せているチー

記事を読む

日本人打者よ、空振りやエラーをしてさらに上を目指せ!

 プロ野球はオールスター出場選手がすべて決定した。投手陣では大谷翔平投手をはじめ、菅野智之投手、則本

記事を読む

新監督は活躍できるか

来年は巨人の高橋由伸監督、阪神の金本知憲監督、横浜DeNAのラミレス監督が指揮を執る。共に監督就任は

記事を読む

野球選手のヒーローインタビュー

 日野茂氏が湘南シーレックス(現横浜DeNAのファームチーム)の2軍監督をしていた時、野球の技術だけ

記事を読む

福岡ソフトバンクの優勝と大型補強

 2014年のプロ野球は福岡ソフトバンクが日本一となり終了した。シーズン前に大型補強を行っていた福岡

記事を読む

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山選手などを中心に、かつての黄金

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:セリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はセリーグ編。

記事を読む

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑