*

ドラフト会議で選手を指名した担当スカウトの気持ち

公開日: : スカウト活動

 ドラフト会議で追い続けていた選手を指名した時、担当スカウトは「責任を感じる」ということを、【ドラフト会議特集11】選手が獲得したときのスカウトの気持ちは? で言っている。それとは別にいくつかの想いがあるという。

選手への想いと不安

 獲得した選手の素質や能力について、自分が追い続けて評価し、そしてフロントや監督、全スカウトの総意でお墨付きを得ていることもあってか、心配はないという。

 ただしプロで活躍できるかどうかについては大きな不安がある。それはこれまで獲得してきた選手が、プロ野球で活躍することができずに数年間で野球を辞めていく姿を見ているからだ。

 指名された選手も、ドラフト直後は夢のプロ野球選手になったことで、周囲からも毎日のように祝福を受け、マスコミの取材を受けたりと注目されるが、少し時間が経つと「ふと」今後について不安がよぎったりする。

 

心配なのは

 一つは競争に勝てるかどうかの不安。1年目からポジション争いをするわけだが、当然プロ野球にはこれまでレギュラーをしていた選手がおり、また一つのポジションに複数の「選ばれた」選手がいる。プロでやっていける素質や能力は、そこにいる全員が認められてプロ入りしているわけで、その中で勝ち残らなければならない。

 ケガもするかもしれない、現在のレギュラーが若く、長い間控えになることを想像してモチベーションが維持できないかもしれない。

 そしてもう一つ大きな心配がある。野球選手は基本的に小学生や中学生の頃から野球ばかりしてきた選手が多い。また特に高校生は地方出身の選手も少なくない。

 プロ野球では1年目から、新たな仲間とのコミュニケーション、一人暮らし、これまで見たことのない金額、都会での生活、周囲からの注目と誘惑をいったものを一度に経験することになる。精神的にも不安になったり浮かれたりしてしまう。都会に慣れなかったり、女性の問題だったりで野球どころでなくなった選手も少なくないと元スカウトの日野氏は話す。

 

スカウトの親心

 日野氏は選手に対し「故郷に帰るときには、せめて体を壊して帰ってくれ」と思うという。体を壊したのならば、「そのくらい精一杯やった」と堂々と故郷に戻れる。もちろん後悔は残るだろうが。

 しかし、それ以外の理由で野球を辞めると、その後悔は大きい。

 プロ野球の12球団の保有枠は基本的に70人(育成枠も含めるともっと多い)、その中で1軍登録枠は28人で試合に出られるのは25人、そして野球のポジションは9つ、先発投手のローテーションは5つ程度。

 この中に飛び込んでいく選手に大きなエールを送りたい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

2015年ドラフトを元西武スカウト・日野茂氏に聞く

2015年のドラフト会議から1ヶ月が経ち、球団では入団発表が行われている。今年のドラフト会議の指名の

記事を読む

ドラフトの注目遊撃手、中京学院大・吉川尚輝選手を元スカウトが分析する

今年のドラフト会議で、注目されている大学生がいる。中京学院大の吉川尚輝選手は、プロのスカウトがドラフ

記事を読む

プロ野球のスカウティングは「営業」か「投資」か

 ローソンの社長を務めた新浪氏が10月からサントリーホールディングスの社長に就任する。近年は新卒学生

記事を読む

プロの目から見たアマチュア選手のプレーと指導

 第1回プロ野球スカウト講座が7月4日に行われた。元西武スカウトであり、横浜ベイスターズの2軍監督や

記事を読む

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手

記事を読む

広島経済大・尾仲祐哉投手にみる選手の努力と可能性

広島経済大の尾仲祐哉投手は172cm70kgの右腕投手、現在は最速で150キロを投げるが、大学入学時

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする

記事を読む

ドラフト下位指名選手の活躍、スカウトの喜び

 昨日の中日と横浜DeNAの試合で、中日のドラフト7位ルーキー・遠藤一星選手が勝ち越しのヒットを放ち

記事を読む

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑