*

【ドラフト会議特集12】プロ入りする選手はどこが違うのか

公開日: : 少年野球指導

 今日はドラフト会議当日となる。野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、2011年に北海道日本ハムにドラフト2位で指名された松本剛選手が在籍していた。松本選手以外にも多くの選手を指導してきたが、その中で松本選手は何が良くてプロ入りすることができたのか、顧問として指導にあたる元・横浜ベイスターズ2軍監督や西武でスカウトをしていた日野茂氏に話を聞いた。

他の選手と何が違ったのか?

 今回もずばりと聞いてみた。「松本選手は他の選手に比べてどこが良かったのでしょうか?」

すると日野氏は間髪いれずに、「夢や目標に対して、みんなが持っている物よりも持ち方が違う」と答えた。

体が大きかったり、足が速かったり、守備が抜群にうまかったりという話しを想像していたが、「気持ち」の違いがあったとの事だった。

 「一つ一つに取り組み方が違う。」

 「自分の体を手を抜かずに動かす。」

 それによって自然と体が強くなっていったという。

 頭でプロ野球選手に憧れを抱くよりも、松本選手は実際に体を使いっていた。元々身体能力が高かったものの、プレーを教えても頭で理解する選手は多いが、松本選手は自分で考え、繰り返しプレーした事で、最後は考えることなく自然にプレーができるようになっていた。

 

プロ入りを目指す選手たちへ

 少年野球チームでも野球塾でも、ほとんどの選手がプロ野球への想いを持っている。しかしその思いが体を動かす事につながるかどうかだろう。

 チームや野球塾で教えられた時、うなずいて、言われた通りにプレーして、練習が終わった、だけではなく、考えて、工夫をして、繰り返して体にしみこませることが必要です。非常に苦しい事ですが。

 

 今日は、それを実践した選手たちが、プロへの門を開く日です。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む

野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか

 高校野球秋季大会の関東地区で浦和学院が優勝し、センバツ出場が確実視されている。その浦和学院は明治神

記事を読む

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカン

記事を読む

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、

記事を読む

様々なプレーを経験をしておくことの大切さ

元プロ野球選手が教える野球塾のゼロベースボールアカデミーでは、4月のある日、逆シングルのプレーの練習

記事を読む

バッティングの課題を気付かせる方法

今年のオープン戦は、東北楽天のドラフト1位ルーキー・オコエ瑠偉選手が、スポーツ紙やテレビ番組でかなり

記事を読む

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

野球塾から高校野球、そして

野球塾のZEROベースボールアカデミーも、3月は卒業の季節です。これまで多くの選手が卒業していますが

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑