*

【ドラフト会議特集11】選手を獲得したときのスカウトの気持ちは?

公開日: : 最終更新日:2014/10/31 スカウト活動

 いよいよドラフト会議まであと2日となった。選手にとっても運命の日だが、スカウトにとっても1年間、またはそれ以上追い続けてきた選手を獲得できるか、という大切な1日である。この日をスカウトはどんな気持ちで迎えるのか、元プロ野球スカウトの日野氏に聞いてみた。

希望の選手を獲得した時は?

 元プロ野球スカウトの日野氏に、ズバリ聞いてみた。「自分が追い続けてきた選手を、獲得できたときはどんな気持ちですか?」

そうすると、意外な答えが返ってきた。

 「ズシっと急に責任を感じるようになる」と話した。選手を見て、評価して、球団にプレゼンをする。1年にドラフトで指名できるのは多くても10人くらいの貴重な枠を使っている。それがドラフト1位などではなおさら貴重なものだ。球団の保有選手はたったの70人で、その中の一人を自分の評価で採用することになり、当然それによって解雇される選手もいる。

 責任は球団へのものだけでない。獲得した選手に対しても、球団のことを説明し、しっかり育てると言って獲得をする。その選手や家族、関係者の人生を背負うことになる。プロの世界は厳しい。獲得しても3年くらいで辞めていく選手も少なくない。

 追いかけているときは「獲得したい、獲得したい」と思うのだが、いざ獲得すると喜んでばかりいられない。スカウトはその選手が2月にキャンプインに順調に入れるように、いろいろと準備をし始める。

 

選手への思いは?

 獲得した選手へは何を思うのだろう。日野氏は「長くやってくれよ、というのが大きい」。

 もちろん新人王を獲ったり、チームのエースやレギュラーになってほしい気持ちはあるのだが、まずは長くプロの世界でやって、悔いのない野球人生にしてほしい、という事のようだ。

 ファンは獲得できた選手の来年や将来の活躍を夢見るが、スカウトはやはり当事者として、非常に現実的な感じになるのがわかる。

 

一番うれしいのは?

 選手を追い続け、獲得したらうれしいよりも責任を感じ、そしてまた来年の選手を見に向う。これではスカウトの仕事というのは大変な事としか感じられない。

 それではうれしい時はどんな時なのだろう。

 「1軍で選手が活躍をした時」と日野氏ははっきりと答えた。自分が見て獲得した選手が、テレビやスタジアムで活躍する姿を見て、また来年もこういう選手を獲得しようと歩いていく。これがスカウト冥利というものだろう。

 

 ドラフト会議まであと2日、今年もまた、スカウトが責任を感じる日がやってくる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

スカウトの神様は野球マニアだった、時代で変わるスカウトの評価

 プロ野球のスカウトがすごいと思うのはスカウトは誰なのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日

記事を読む

2015年のドラフト候補は?元西武スカウト、日野茂氏の評価

10月22日のドラフト会議まで、あと1週間近くとなった。この1年間、元西武スカウトの日野茂氏とチェッ

記事を読む

ドラフト会議で選手を指名した担当スカウトの気持ち

 ドラフト会議で追い続けていた選手を指名した時、担当スカウトは「責任を感じる」ということを、【ドラフ

記事を読む

スカウト会議で話し合われる内容は?

 スカウトは今、大学生の甲子園とも呼ばれる大学野球選手権大会のために、そして高校野球の夏の予選を前に

記事を読む

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

プロの目から見たアマチュア選手のプレーと指導

 第1回プロ野球スカウト講座が7月4日に行われた。元西武スカウトであり、横浜ベイスターズの2軍監督や

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

田中正義になれるか、成長を期待したい4投手を元プロスカウトが評価

今年のドラフト会議の超目玉として、早くも一挙手一投足に注目が集まっている創価大・田中正義投手。12球

記事を読む

選抜高校野球で注目された選手はドラフトで指名されやすいか

選抜高校野球大会は、まだ肌寒い季節ですが高校生たちの熱い戦いが行われています。1回戦で32チーム全て

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑