*

【ドラフト会議特集7】ドラフトの目玉、早稲田大・有原航平投手はプロで活躍できるか

公開日: : 大学野球

 今年のドラフト会議(10月23日)まであと10日を切り、各球団の動きも最後の慌ただしさを見せている。今年のドラフトで最も名前が挙がってくるのは、早稲田大・有原航平投手だった。この有原投手はプロで活躍できるのか、元西武スカウトの日野茂氏に解説をおねがいした。

広島が1位指名を公表

 広島の松田オーナーは10月10日、マツダスタジアム内の会議室で行われたスカウト会議の終了後に、「1位が決定しました。早大の有原くんです」と名前を公表した。地元広島・広陵高校の出身で、常に追い続けていた。187cm90kgの大きな体があり、最速で156キロを記録する今年のドラフトの目玉候補だ。

 当然、この有原投手には他球団も注目をしている。巨人は春より有原投手の名前を挙げ、阪神も10月18日に中村GMが東京六大学の早稲田大戦を視察し、1位指名を決めるという。他にもドラフト1位候補の中に有原投手の名前を入れている球団は多く、今年のNO1投手と言えるだろう。

 しかし、この有原投手に不安がないわけではない。広陵高校時に春の選抜高校野球大会では準優勝したものの、夏は調子を崩した。プロが注目をしたものの早稲田大学へと進学をした。

 大学でも1年生の時から150キロ近い球を投げていたものの、好投した次の当番で大量失点をしたりと、3年生までは13勝しながらも10敗をしていた。それでも4年生春には5勝を挙げてこれでプロの評価はぐんぐんと上がった。しかし、優勝を書けた早慶戦では7回を投げて2失点に抑えながらも敗れてしまう。

 

課題があるも直る

 まずは4年生春のピッチングフォームを、元スカウトの日野氏に見てもらった。見てもらった映像は以下の通り。

(Youtube 2014/6/20 有原航平 (早稲田大学) 154km/h計測 4年生 2014年ドラフト候補 より)

 

 有原航平投手の課題の一つとして挙げられるのが、ストレートがシュート回転する事だ。体の開きやバランスによるもので、日野氏はこのフォームについて指摘をした。ただし、「これはプロで直る」と断言している。その他の点も含め「馬力もあり十分ドラフト1位候補」と評価した。

 有原投手は156キロを記録しているが、リーグ戦では球速よりもやや力を抜いたフォームでコントロールを重視する。これは東海大の4年生の時の菅野智之投手に似ている。菅野投手に比べると、コントロールや変化球の質ではまだ及ばないように見えるが、ここまでの馬力を持ち、それを抑えながらでも140キロ後半で押すことができる投手はなかなかいない。

 プロ入りしてから課題を克服するのに、少し(といってもほんの少し)の時間が必要かもしれないが、プロで活躍している姿が見える。ドラフトの目玉はやはりドラフトの目玉だった。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

大ブレーク、創価大・田中正義投手

 侍ジャパン大学代表とプロ野球(NPB)の若手選手が対戦したユニバーシアード壮行試合、創価大の田中正

記事を読む

この季節の大学野球、それぞれの進路へ

 4月、5月のこの季節は、高校、大学、社会人の各種大会やリーグ戦が開催されています。大学野球にとって

記事を読む

島袋洋奨投手はプロで活躍できるか

 2010年の高校野球は興南高校が春夏連覇を達成した。その時のエース・島袋洋奨投手は大学時代に明と暗

記事を読む

2016年のドラフト候補の目玉・田中正義投手

2015年のドラフト会議が終わり、2016年のドラフト会議に向けたスカウト活動がスタートしている。

記事を読む

創価大・田中正義投手を元プロスカウトが評価、高校生の時に獲れなかった理由

 大学野球選手権で大きな話題となったのは、創価大学の2年生・田中正義投手だった。球速が出にくいといわ

記事を読む

野球キャンプイン

大学で野球を続けるということ

 夏の高校野球の日程が各地で進んでいる。甲子園開幕に向け、甲子園決勝に向け、全国4000校、10万人

記事を読む

70連敗を止めにいった東大の誤算

東京六大学では東京大学がワーストタイの70連敗となった。2010年の早稲田大学戦で斎藤佑樹投手に勝っ

記事を読む

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

しっかりとやるべきことを繰り返して、東京大学の野球部の勝利

 東京六大学リーグでは東京大学が、2010年10月2日に早稲田大に勝って以来、約4年半にわたって94

記事を読む

大学野球に危惧、石毛宏典氏が語る

ドラフト会議のシーズンが近づいてくる。高校野球の選手はテレビ中継などもあり、また青春のドラマとして注

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑