*

【ドラフト会議特集6】京大生、田中英祐投手はプロで活躍できるか

公開日: : 大学野球

 今年のドラフト会議で話題となりそうなのが、京都大の田中英祐投手だろう。身長は180cmまでいかないようだが最速149キロの速球を投げ、関西ではNO1、全国でも屈指の右腕投手として評価されている。

 元西武スカウトの日野氏が田中投手を評価する。

田中英祐投手とは?

 田中英祐投手は兵庫の名門・白陵高校出身、毎年東大、京都大、大阪大などに2桁の合格者を出す進学校である。その高校で野球部に入部すると1年生でエースとなり、3年時には甲子園にも出場した加古川北戦で7回1失点と好投するなど、実力は評価されていた。

 京都大に進学すると1年生秋に147キロを記録し、その後も立命館大や近畿大、同志社大、関西学院大、関西大といった甲子園で活躍した選手を集められる大学を相手に好投を見せると、2年春の関西学院大で5安打完封1-0で勝利し、京都大の連敗を60で止めた。

 3年秋には立命館大戦で延長21回237球を一人で投げ抜き、13安打15奪三振で無失点に抑える快投を見せると、プロのスカウトも「この世代でリーグNO1」と評価するに至った。

 4年生の春までに7勝(26敗)、325回を投げて223奪三振、防御率は2.21となっており、大学屈指の右腕として多くの球団がドラフト候補に挙げた。

 田中投手も8月の阪神との交流戦で登板した際にプロ志望を決断している。

 

元プロスカウトの評価

 田中英祐投手の映像を元西武スカウトの日野茂氏に見てもらった。

Youtube  https://www.youtube.com/watch?v=pZRLLlV33R8 田中英祐 (京都大)より

 

 「指導はそれほどなかったようで、自分でフォームを考えて作ってきたように見える」と話した。自分の持っているものを出そうという物が感じられるとのこと。

 課題としては、「下半身が弱く、下のひねりが小さい」「フォームに無駄な動きが多い」とポイントが挙がり、「投げ切れていない印象がある」と指摘した。

 ただし、「下半身ができた時に、これまでの研究成果が出る」と話す。これまで自分のフォームを自分で考えて作ってきているため、頭の中にイメージが出来上がっている。その状態で下半身を強くしていけば、それに合ったフォームに自分でつくりかえられる、という。

 自分のフォームを理解しないと、たとえば体型が変わったり、フォームの欠点を指摘されてフォームの改造をすると、自分のフォームを見失ってしまう。そうして本来の球が投げられなくなった投手も少なくない。

 プロ入りするまでにいかに自分の体やフォームを理解しているかで、プロで長い間投げられる投手になる。

 

 即戦力ではないものの、下半身が出来て、それにアジャストしたフォームになった時、「京都大」ではなく「プロ野球選手」田中英祐がスタートする。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

来年は野手に注目選手が!2015年のドラフト

 ドラフト会議の目玉選手は多くは投手の場合が多い。しかし来年は久しぶりに野手が注目される年となりそう

記事を読む

来年の野球はどうなる? その2:大学野球

  今年もあと1週間となりました。来年の野球界の動きや予想などをしてみます。今日は大学野球について。

記事を読む

大学野球も2014年全日程終了!今年の大学野球シーンを振り返る

 明治神宮大会の大学の部、決勝では駒澤大学が明治大学を3-0で下し、駒澤大学が王者となって2014年

記事を読む

【大学野球選手権特集】仙台大・熊原健人投手を元プロスカウトが評価する

 大学野球選手権が始まりました。大会前に巨人がスカウト会議を開き、富士大の多和田真三郎投手と共に、仙

記事を読む

東京六大学・東都が初戦敗退、地方大学の波

 大学野球選手権の2日目、東京六大学代表の慶応大が神奈川大に敗れ、東都大学リーグ代表の亜細亜大が創価

記事を読む

野球キャンプイン

大学で野球を続けるということ

 夏の高校野球の日程が各地で進んでいる。甲子園開幕に向け、甲子園決勝に向け、全国4000校、10万人

記事を読む

この季節の大学野球、それぞれの進路へ

 4月、5月のこの季節は、高校、大学、社会人の各種大会やリーグ戦が開催されています。大学野球にとって

記事を読む

侍ジャパン大学代表はどれだけ強いのか?

 今日6月29日、韓国で行われるユニバーシアードに出場する「侍ジャパン大学代表」が、プロ野球(NPB

記事を読む

挫折もありの野球人生

 野球人生は、平たんな道ではないようだ。少年野球、高校、大学、社会人、そして独立リーグ、プロ野球、メ

記事を読む

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑