*

島袋洋奨投手はプロで活躍できるか

公開日: : 大学野球

 2010年の高校野球は興南高校が春夏連覇を達成した。その時のエース・島袋洋奨投手は大学時代に明と暗を経験した。 秋季リーグ戦になり、徐々に復活の兆しも見え始めた島袋投手について、プロで活躍できるのかどうかを、元西武のスカウト・日野茂氏に聞いた。

夏からの復活の足跡

 島袋洋奨投手は、8月19日に行われた巨人2軍との交流戦で先発をすると、6回を投げて7安打を許したものの1失点に抑える好投を見せた。この試合にはプロのスカウトも注目し、春からの復活を印象付けた。

 しかし、9月3日の東都大学リーグ開幕戦の亜細亜大戦には登板せず、登板したのは9月9日の国学院大戦の8回から3番手であった。しかし島袋投手はストライクが入らず、球速も最速150キロにはとど遠い内容で1アウトを取っただけで3つの四死球を与えて降板してしまう。

 それから再び登板機会が空いたが、9月30日の拓殖大戦で10-2と点差の開いた場面で登板をすると、1回で2安打1四球で2失点と、結果は残せなかった。しかしこの登板では球速も140キロ中盤を記録するなど、プロのスカウトも期待感を持つ登板だった。

 そして10月2日の拓殖大戦では5-6と1点ビハインドの場面の7回から登板すると、3イニングで1安打3四死球も無失点に抑えた。球速も148キロを記録した。島袋投手もコメントも徐々に明るさを取り戻している。

 

常に注目

 普通の選手ならば、春にほとんどストライクを投げられず、ほとんど登板もできなかった時点で、今年のドラフト候補からは外されている。しかし島袋投手は甲子園の春夏連覇エースだった。しかも左腕で150キロを投げる選手として、プロのスカウトはどんなに状態が悪くても、頭の隅には必ず名前が残っていた。

 その島袋投手も高校時代より大学で活躍してプロ入りすることを目標としていた。そして9月26日にプロ志望届を提出している。

 また一般の人も島袋投手の名前を知っている人は多い。やはり甲子園連覇のエースはだてではない。

 

プロで活躍できるか

 このような状態でドラフト会議を迎える事となった島袋投手だが、実際に元プロ野球のスカウトで、中央大学出身でもある日野茂氏に島袋投手のピッチングを見てもらい、最終的な評価をしてもらった。

見てもらった映像はYoutubeに投稿されていた「2014/08/19 中央大学 島袋洋奨 巨人二軍戦5奪三振!」等。

 

 日野氏は「自分ならば推薦はしない」と初めに話した。しかしそれは現在の状態だからというものではなく、高校時代から続けているトルネード気味のフォームについての指摘だった。

 「タイプ的には150キロを投げる左の投手で、プロではリリーフで使われることになる。ワインドアップからの球は体全体で投げていて勢いもあるセットからの球は良くない。ランナーが出ると厳しくなる。」と理由を答えた。

 そしてプロでの活躍については「今のフォームで続けるならば厳しい。プロに入ってフォームを改造する事になるが、それで結果がでるか」と話した。

 身体が決して大きくない島袋投手は、全身で投げる必要がある。プロに入ってからは消耗の激しくなるため、長いシーズンや長年活躍できる身体が必要という指摘もあった。

 

松井裕樹投手と比較

 小柄な左腕というと昨年、東北楽天にドラフト1位で入った松井裕樹投手がいる。エース級の投球は出来ず途中2軍におちたものの、ほぼ1年間を通して投げ切った。

 島袋投手と松井投手を比較すると、日野氏は「ウイニングショットの差がある」と話した。松井投手にはフォークや鋭いスライダーがあり、三振を奪うことができる。しかし、今の島袋投手には高校時代のような鋭いスプリットのようなウイニングショットがまだ見られない。

 必殺球によって切り抜けられるか、ストレートを粘られて球数が増えるかは、小さな体の速球派投手にとっては非常に重要な要素となる。

 

 まとめると、今はまだ投球をする段階で苦しんでいるが、もう少し時間をかけて高校時代のようなウイニングショットを磨き、さらに経験を積んで投球術を得たり、体力をつける必要があるという事だろう。

 島袋投手はプロ志望をした。プロのスカウトはどのように判断するか。そしてプロ入りした時にどんなスタイルの投手になって活躍を見せるだろう。やはりいつまでも目が離せない投手なのは間違いない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

この季節の大学野球、それぞれの進路へ

 4月、5月のこの季節は、高校、大学、社会人の各種大会やリーグ戦が開催されています。大学野球にとって

記事を読む

2016年のドラフト候補の目玉・田中正義投手

2015年のドラフト会議が終わり、2016年のドラフト会議に向けたスカウト活動がスタートしている。

記事を読む

今度は大学生、社会人の季節

センバツ高校野球が盛り上がりの中で幕を閉じた。そしていよいよ週末に、一部の大学リーグ戦がスタートする

記事を読む

【大学野球選手権特集】富士大・多和田真三郎投手を元プロスカウトが評価する

 いよいよ6月8日(月)より、全日本大学野球選手権大会が始まります。東京六大学からは早稲田大が、東都

記事を読む

侍ジャパン大学代表はどれだけ強いのか?

 今日6月29日、韓国で行われるユニバーシアードに出場する「侍ジャパン大学代表」が、プロ野球(NPB

記事を読む

しっかりとやるべきことを繰り返して、東京大学の野球部の勝利

 東京六大学リーグでは東京大学が、2010年10月2日に早稲田大に勝って以来、約4年半にわたって94

記事を読む

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

京都大学の勝ち点への道のり

関西学生野球リーグの京都大学が5月7日の同志社大戦で勝利し、23季ぶりの勝ち点を挙げた。この勝ち点の

記事を読む

学生野球の怖さ

東都大学野球リーグは亜細亜大が8勝2敗で優勝を勝ち取った。開幕2連敗からの逆転での優勝だった。学生野

記事を読む

さらにすそ野が広がる大学野球

日本の野球界は、高校野球は高校野球連盟の調査によると平成27年度には4021校、168,898人の部

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑