*

【ドラフト会議特集4】スカウトの仕事、交渉事

公開日: : スカウト活動

 プロ野球のスカウトは、チームのために必要な戦力をそろえる事。選手を見て評価をすることが最も主な活動になってくるが、もう一つ重要な事がある。獲得したい選手との交渉事だ。これは野球に深くかかわった人でなければ難しい仕事だと感じた。

ドラフト前の交渉

 高校生や大学生がプロ志望届を提出し、社会人選手についてもプロ入りの意思があるかの確認が進んでいる。プロ志望届を提出すると、学生はプロ野球の関係者と交渉ができる。その交渉をするのはスカウトの仕事である。

 素直に交渉ができればよい。高校生の場合は未成年という事もあり、親や親族、または高校の監督や部長(先生)が交渉を担当することになる。大学生、社会人だって監督などチーム関係者が交渉の窓口になることが多い。

 そして交渉時は、詳しくはかけないが、いろいろな関係者が出てきたり、いろいろな条件が出てきたりする。チームのほかの選手を指名することだったり、ドラフトの指名順位だったり、そのほかのことだったり。

 またドラフト直前には指名の可能性が高い選手に挨拶の連絡をいれたり、会見や指名後の段取りなども済ませておいたりと、細かい所までが忙しい。

 

ドラフト後の交渉

 そしてドラフト会議で指名後は、指名のあいさつをした後、契約の話に入る。ここでも関係者が出てきたりといろいろなことがある。球団と選手の関係者との間に立ち、厳しい交渉が行われる。

 この交渉事は、やはり野球に深く携わっていた人のほうがうまくいくのだろうと思う。相手の交渉担当の監督が、スカウトの高校時代、大学時代の先輩・後輩だったりすると、当然話は早くなる。

 

選手を評価する能力とともに、関係者とタフな交渉力が求められるスカウト。チームの裏方だが、チームの強さを支える大きな力だ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

ネットスカウトの情報量の凄さ

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深い

記事を読む

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手

記事を読む

【ドラフト会議特集1】ドラフト会議までに何を決めておくのか?スカウト会議で行う事

 いよいよドラフト会議まであと1か月となりました。今年は「確実にドラフト1位で行ける」と言える選手が

記事を読む

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

スカウトの夏!緊張の夏

 高校野球の各地の大会が本格的に始まっています。高校野球の夏の大会、スカウトにとっては、大きな賭けを

記事を読む

スマホやAIの進化で、スカウト活動は変わっていくのか?

プロ野球のキャンプの終盤戦に入り、練習試合やオープン戦を中心に回り始めるようになる。キャンプに参加し

記事を読む

なぜこの選手を獲得できなかったのか?嘉陽宗一郎投手

昨日、東都大学リーグの亜細亜大と駒沢大の対戦が行われ、亜細亜大学が勝利した。勝利投手になったのは、今

記事を読む

【ドラフト会議特集5】スカウトの1年

 10月23日のドラフト会議まであと2週間と少し、各地で大学のリーグ戦が終盤戦の盛り上がりを見せてい

記事を読む

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

夏の高校野球、プロのスカウトは何を見ているのか?

 季節は7月、暑い季節となりました。そして熱い高校球児の戦いが各地で行われています。新聞でも注目の球

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑