*

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

公開日: : プロ野球

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況が、ドラフト候補にはある。高校、大学、社会人などそれぞれのチームの思惑がある。

チーム事情に3回流されたドラフト候補

 清水宏悦氏(当時は清水透氏)は1972年に河合楽器からドラフト7位で大洋ホエールズに指名され、その後、1982年まで10年間プレーし、1983年に西武ライオンズに移籍したがその年のオフに引退した。

 高校は佼成学園高校で1968年春の選抜大会に出場するなど活躍し、その年のオフにはエースの猪狩志郎投手が阪神にドラフト3位で指名されるなどプロに注目される中でプレーした。

 ここで1回目の波乱が起きる。清水選手(当時は清水透選手)はプロより声がかかっていたのだが、駒澤大学からも誘いを受けていた。本人は大学に入学の意思を示したことは無いのだが、なんと駒澤大学の野球部名簿に名前が掲載されてしまっており、プロ入りすることはできなかった。

 

2度目のチャンス

 駒澤大には進学しなかった清水選手は、社会人の名門・河合楽器に入社する。当時の河合楽器は強豪中の強豪で、レギュラー全員がプロ注目選手という状況だった。

 当時は社会人在籍年数の制限はなく、清水選手は1969年には内野手として候補に上がった。しかしチームも全員がプロに行かれても困るために、プロに行く人を先輩から順に選別した。1969年のドラフト会議では、上垣内誠選手が広島3位、西村俊二選手が近鉄3位、佐藤正治選手が阪神5位で指名されて入団する。

 そして、捕手の西沢正次選手か清水選手かどちらかをプロに入れるということだったが、チームは西沢選手に先にプロ入りを許可した。西沢選手は広島に5位で指名され入団する。

 

3度目のチャンス

 1970年、清水選手は河合楽器で活躍を見せ、プロからも大いに注目された。しかしその年も河合楽器からは山下慶徳投手がヤクルトから1位指名されると、佐野勝稔選手が近鉄に5位で指名される。清水選手にはチームから、「巨人から指名されたらプロ入りさせる」という話になっており、巨人も4位か5位で指名を予定していた。

 しかし大洋が先に3位で指名してきたため、チームはプロ入りを許さず、残留という形となってしまう。

 翌年の1971年は清水選手は打てなくなってしまい、そのオフは指名はされなかった。そして1972年、大洋にドラフト7位で指名され、4度目の正直でようやくプロ野球選手となれたのだった。

 

チームの事情や思惑

 このように、本人がプロ入りを希望し、プロ球団が欲しがったとしても、高校や大学、社会人チームの事情や思惑によってプロ入りできない選手は今もなお少なくない。それぞれのチームの監督の人の繋がりで、チームの選手をその監督の元に進ませなければならなかったり、系列の大学に進ませなければならないこともある。

 社会人チームは、選手に給料を払い野球部を常に強い状態にすることで、会社の広報や社会活動としてPRできる面がある。そのため一度に多くの選手がぬけては、そのチーム作りに影響が出てくる。

 

 ドラフト会議は時には悲劇を演出してきた。しかし、こうした事情を乗り越え、プロ入りを実現することができて喜ぶ選手のほうが多いと思う。そういった意味でドラフト会議は、華やかな舞台となり彩られる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

吉田正尚選手、高山俊選手、ドラフト1位候補を石毛宏典、日野茂が斬る

前回に引き続き、今年のドラフト会議で1位指名に名前の挙がる選手を、石毛宏典氏、日野茂氏に斬ってもらい

記事を読む

東京オリンピック、野球の実施の課題~その1~

 2020年の東京オリンピックで野球、ソフトボールの実施の可能性が徐々に高まってきた。オリンピックに

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

変わる背番号

プロ野球では新入団選手の発表が行われ、また他球団からの移籍選手や新外国人選手の入団なども続々ときまっ

記事を読む

ソフトバンク・島袋洋奨投手、もっと自信をもっていい

ソフトバンクのドラフト5位ルーキー・島袋洋奨投手が9月25日の千葉ロッテ戦で8回に登板し、1回をノー

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む

野球選手のヒーローインタビュー

 日野茂氏が湘南シーレックス(現横浜DeNAのファームチーム)の2軍監督をしていた時、野球の技術だけ

記事を読む

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑