*

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

公開日: : プロ野球

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況が、ドラフト候補にはある。高校、大学、社会人などそれぞれのチームの思惑がある。

チーム事情に3回流されたドラフト候補

 清水宏悦氏(当時は清水透氏)は1972年に河合楽器からドラフト7位で大洋ホエールズに指名され、その後、1982年まで10年間プレーし、1983年に西武ライオンズに移籍したがその年のオフに引退した。

 高校は佼成学園高校で1968年春の選抜大会に出場するなど活躍し、その年のオフにはエースの猪狩志郎投手が阪神にドラフト3位で指名されるなどプロに注目される中でプレーした。

 ここで1回目の波乱が起きる。清水選手(当時は清水透選手)はプロより声がかかっていたのだが、駒澤大学からも誘いを受けていた。本人は大学に入学の意思を示したことは無いのだが、なんと駒澤大学の野球部名簿に名前が掲載されてしまっており、プロ入りすることはできなかった。

 

2度目のチャンス

 駒澤大には進学しなかった清水選手は、社会人の名門・河合楽器に入社する。当時の河合楽器は強豪中の強豪で、レギュラー全員がプロ注目選手という状況だった。

 当時は社会人在籍年数の制限はなく、清水選手は1969年には内野手として候補に上がった。しかしチームも全員がプロに行かれても困るために、プロに行く人を先輩から順に選別した。1969年のドラフト会議では、上垣内誠選手が広島3位、西村俊二選手が近鉄3位、佐藤正治選手が阪神5位で指名されて入団する。

 そして、捕手の西沢正次選手か清水選手かどちらかをプロに入れるということだったが、チームは西沢選手に先にプロ入りを許可した。西沢選手は広島に5位で指名され入団する。

 

3度目のチャンス

 1970年、清水選手は河合楽器で活躍を見せ、プロからも大いに注目された。しかしその年も河合楽器からは山下慶徳投手がヤクルトから1位指名されると、佐野勝稔選手が近鉄に5位で指名される。清水選手にはチームから、「巨人から指名されたらプロ入りさせる」という話になっており、巨人も4位か5位で指名を予定していた。

 しかし大洋が先に3位で指名してきたため、チームはプロ入りを許さず、残留という形となってしまう。

 翌年の1971年は清水選手は打てなくなってしまい、そのオフは指名はされなかった。そして1972年、大洋にドラフト7位で指名され、4度目の正直でようやくプロ野球選手となれたのだった。

 

チームの事情や思惑

 このように、本人がプロ入りを希望し、プロ球団が欲しがったとしても、高校や大学、社会人チームの事情や思惑によってプロ入りできない選手は今もなお少なくない。それぞれのチームの監督の人の繋がりで、チームの選手をその監督の元に進ませなければならなかったり、系列の大学に進ませなければならないこともある。

 社会人チームは、選手に給料を払い野球部を常に強い状態にすることで、会社の広報や社会活動としてPRできる面がある。そのため一度に多くの選手がぬけては、そのチーム作りに影響が出てくる。

 

 ドラフト会議は時には悲劇を演出してきた。しかし、こうした事情を乗り越え、プロ入りを実現することができて喜ぶ選手のほうが多いと思う。そういった意味でドラフト会議は、華やかな舞台となり彩られる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、び

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

チーム編成トップの役割

 プロ野球でチームを強くするために、また運営するために重要な役割を持つフロント、その中でチーム編成の

記事を読む

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

器用だけど不器用だった「秋山幸二選手」はメジャーを狙えたか?

 福岡ソフトバンクの秋山幸二監督、2011年には日本一の監督になったが、選手時代も西武ライオンズで主

記事を読む

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑