*

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

公開日: : 少年野球指導

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと思ってしまう。しかしそれは違う。野球塾で元西武の上田浩明コーチは、少年野球選手たちのキャッチボールを見て、すかさず指摘する。

「それは肩慣らしだ」

 

キャッチボール

 キャッチボールとはボールを投げる事ではなくキャッチすることである。つまりキャッチする部分が大切なのだ。

 「ボールのキャッチなんて何も考える事がないのでは?」と思うかもしれないが、元プロ野球選手にしてみればそれは違う。

 腕を前に出してボールをキャッチするポイントを確認する。そしてその場所に体を持っていくように前に足を出していく。そして性格に、スローイングの基本姿勢に入ってボールを投げる。

 プロ野球選手にしてみれば、キャッチボールは「キャッチ」ボールになっている。

 少年野球選手たちは、投げる事に真剣になり、受けるほうでは身体の近くでボールをつかむだけ。そこから足を踏み出してスローイングに入るから一連の流れになっていない。

 

 プロ野球の選手は本当に基本に忠実で、キャッチボールの1球1球を大切にしている感じがします。その繰り返しを長い間することによって、長い間野球を続けることができるのでしょう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

東北楽天シニアチームが発足、プロも選手も第一歩踏み出す!

 東北楽天ゴールデンイーグルスが、リトルシニアチーム「東北楽天リトルシニア」を発足させた。第1期生と

記事を読む

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

日本人と野球と感謝

小さなころから野球をやっている選手は、練習や試合の前と後に自然にグランドに礼をしているのではないかと

記事を読む

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ

記事を読む

プロ野球が少年野球チームを運営へ

 東北楽天がリトルシニアのチームを運営していくことが分かった。リトルシニア連盟に所属し、最初は20人

記事を読む

野球の練習で頭を使う事の大切さ

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは1日にキャッチボール、守備練習、そして打撃練習を効率よく進

記事を読む

野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか

 高校野球秋季大会の関東地区で浦和学院が優勝し、センバツ出場が確実視されている。その浦和学院は明治神

記事を読む

野球塾から高校野球、そして

野球塾のZEROベースボールアカデミーも、3月は卒業の季節です。これまで多くの選手が卒業していますが

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑