*

【ドラフト会議特集2】ドラフト会議を待つ選手の心境、王道のドラフト候補・上田浩明の場合

公開日: : プロ野球

 ドラフト会議を待つ選手にとっては、10月23日のドラフト会議に向けてそわそわしたような時期が続くように思える。ドラフト会議を待つ選手はどんな心境なのか、ドラフト会議に指名された経験のある二人に事情を聴くと・・・。

 

王道のドラフト候補

 上田浩明氏は西武で15年間プレーをしていたが、184cmの体がありながらも守備固めで試合に出場するなど、ファンにとっては守備の職人としての印象が強いのではないでしょうか。

 その上田選手は1987年に西武にドラフト2位で指名されますが、指名されるかどうかといった不安も少なかったようで、王道のドラフト候補でした。

 上田選手は大阪の北陽高校でプレーしていましたが、当時は1985年に渡辺政仁選手が巨人にドラフト3位で指名され、1986年にも榊原勝也選手が大洋(現横浜DeNA)にドラフト6位で指名されていました。その流れでスカウトが練習グラウンドや試合に姿を見せ、内野で184cmの身長があり、長打を飛ばす上田選手に注目が集まるのは当然でした。

 高校3年になるとなんと11球団のスカウトがグラウンドに訪れ、監督や関係者に獲得の意思を伝えてきました。また上田選手の元には、近畿大や京都産業大の関西の名門大学や、日本生命、松下電器(現パナソニック)といった関西の名門社会人からも誘いを受けており、今後に不安のない状態でドラフト会議を迎えます。

 

ドラフト会議当日

 ドラフト会議の直前に、西武からは、3位から4位で指名すると伝えられていました。当時のドラフト会議は正午を挟んで午前中にドラフト1位2位指名を、午後から3位以降の指名を行っていました。そこで上田選手は高校の食堂で昼食をとっていると、突然高校のマネージャーが駈け込んできます。

 「西武が2位で指名した」

 場所を設けての記者会見などの用意はありまえんでしたが、慌てて高校の応接室に向かいました。

 ドラフトの指名の可能性が高く、指名されなかったとしても大学や社会人チームに行く事もできた上田選手でしたが、当日はやはり緊張していたようです。

 

1987年のドラフト会議は

 ちなみに1987年のドラフト会議は、PL学園が春夏連覇を果たし、立浪和義選手が中日にドラフト1位指名、橋本清投手が巨人にドラフト1位指名されました。

 ロッテは伊良部秀輝投手をドラフト1位で指名し、ヤクルトは抽選の末、長嶋一茂選手を獲得しました。その中で西武は地元・浦和学院の鈴木健選手を指名します。鈴木選手はPL学園の立浪選手と比較されるほどの選手でしたが、早稲田大学進学を示唆して他球団が指名を見送る中での指名でした。

 上田選手はドラフト2位で指名され、1位、2位とも高校生内野手の指名となりました。鈴木選手は主軸打者として、上田選手は守備職人として西武の戦力として支えました。

 

名門高校で注目され、高校生でドラフト上位指名された上田選手、プロ入りに不安のない状況でドラフト会議を迎え、回りの元プロ野球選手からは「王道のドラフト候補」と言われています。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典氏、日野茂氏が見る今年のドラフト候補

ドラフト会議が今月22日に迫ってきた。今年のドラフト候補について、元オリックス監督の石毛宏典氏、元西

記事を読む

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望

記事を読む

東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首位を走る。逆に千葉ロッテはチー

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:セリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はセリーグ編。

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

ソフトバンク・島袋洋奨投手、もっと自信をもっていい

ソフトバンクのドラフト5位ルーキー・島袋洋奨投手が9月25日の千葉ロッテ戦で8回に登板し、1回をノー

記事を読む

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑