*

【ドラフト会議特集1】ドラフト会議までに何を決めておくのか?スカウト会議で行う事

公開日: : 最終更新日:2014/10/02 スカウト活動

 いよいよドラフト会議まであと1か月となりました。今年は「確実にドラフト1位で行ける」と言える選手がなかなかおらず、各球団も血眼になって上位候補の視察に訪れているようです。1か月後に迫ったドラフト会議までに、球団はどんなことを決めておくのでしょうか?西武でスカウトをしていた日野茂氏に話を聞きました。

ランクは4段階

 この話は日野氏がスカウトや編成をしていた時のもので、現在は変わっているかもしれません。

 まずドラフトで指名する選手のリストと順位づけは大体終わっている事が多く、年によってリストアップされている選手は違ってくる。40人前後というところのようだ。

 そして、その候補者をSランク~Cランクに分け、そのランクの中でも順位づけをしておく。

  • Sランク  絶対に欲しい選手  4人程度
  • Aランク  ほしい選手(2位で獲得を想定)     10人程度
  • Bランク  可能性のある選手(足が速い、打球を遠くに飛ばすなど一芸がある) 
  • Cランク  可能性のある選手の中で下位レベル

 このうち、Sランクの中から最初(ドラフト1位)に指名する選手を決め、抽選などで獲得ができなかったら、Sランクの選手を順番に指名していく。

 そして指名の可能性のある選手には、ドラフト会議前に連絡を入れておく。

 

他球団の状況

 候補選手のチーム関係者や親族などから、他球団の情報が入る事がある。また新聞などの情報から他球団の指名候補者を探っていく。そしてドラフト会議の前日や当日のスカウト会議では、12球団の指名シミュレーションをしておく。

 

難しいドラフト2位、3位

 各球団ともドラフト2位、3位までは本当に欲しい選手を指名したい。したがって2位での指名に駆け引きが行われることが多い。

 指名のランキングでいくとSランクに挙げた選手はすでに指名されていることが多く、Aランク、Bランクの選手を見る事になるが、「このあたりは順番が難しくなってくる」と日野氏は話す。他球団の状況やドラフト1位で獲得した選手により柔軟に指名選手を変えるようだ。1位で野手を獲得したら2位ではBランクの投手を獲得したりすることもあれば、他球団が1位で想定外の選手を指名したときに、「2位でこの選手を指名するかもしれない」と、Bランクの選手を繰り上げる事があるという。

 したがって、「2位と3位の指名は順位が逆になることは多い」と日野氏は話す。

 以降はドラフト会議の下位は順位に従って指名し、予定した人数でドラフト会議の指名を終える。

 

基本的にはスカウト会議参加者の総意で決まる

 ではSランクの中から誰を1位指名するのかをどうやって決めるのだろうか? 日野氏は「基本的にはスカウト会議の参加者の総意で決まる」と話す。全スカウトが納得の1位指名候補となる。ただし、球団や年度によっては「人気を買う事もある」と話す。甲子園や神宮で活躍した選手が優先されることがある。

 これについて日野氏に、「スカウトは実力のある選手が欲しいのか、人気のある選手が欲しいのか」と聞くと、「当然、実力のある選手を指名したい」と話す。ただし球団は経営されているもので、経営者の判断は理解をしているという。

 

10月23日のドラフト会議まで1か月、ドラフト会議までの内側の話などを特集して参ります。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

ドラフト下位指名選手の活躍、スカウトの喜び

 昨日の中日と横浜DeNAの試合で、中日のドラフト7位ルーキー・遠藤一星選手が勝ち越しのヒットを放ち

記事を読む

スカウト会議で話し合われる内容は?

 スカウトは今、大学生の甲子園とも呼ばれる大学野球選手権大会のために、そして高校野球の夏の予選を前に

記事を読む

ネットスカウトの情報量の凄さ

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深い

記事を読む

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手

記事を読む

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする

記事を読む

明らかになる選手の能力、チームの選手を見る目は一致しているか?

新人合同自主トレがスタートした。そこには選手を預かる1軍2軍の監督やコーチ、担当したスカウト、そして

記事を読む

プロの目から見たアマチュア選手のプレーと指導

 第1回プロ野球スカウト講座が7月4日に行われた。元西武スカウトであり、横浜ベイスターズの2軍監督や

記事を読む

【野手編】2015年のドラフト候補は?元西武スカウト・日野茂氏の評価

 あと1週間に迫ったドラフト会議、元西武ライオンズスカウトの日野茂氏がチェックした、今年のドラフト候

記事を読む

【ドラフト会議特集4】スカウトの仕事、交渉事

 プロ野球のスカウトは、チームのために必要な戦力をそろえる事。選手を見て評価をすることが最も主な活動

記事を読む

2015年のドラフト候補は?元西武スカウト、日野茂氏の評価

10月22日のドラフト会議まで、あと1週間近くとなった。この1年間、元西武スカウトの日野茂氏とチェッ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑