*

ネットスカウトの情報量の凄さ

公開日: : スカウト活動

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深いものだった。

ネットスカウト

 ネットスカウトとは、野球の場合はアマチュア野球を観戦して選手を評価し、インターネット上のブログやサイト、またはtwitterなどに発表している人のことを指すのだと理解している。インターネット上では何人か有名なサイトがあり、その記事を書いているネットスカウトも有名人になっている。

 その存在はプロのスカウトも認識している。行く球場行く球場で顔を合わせるのだから当然だろう。プロのスカウトもネットスカウトも有益な情報を求めており、お互いに情報共有をしている。そのため、持っている情報量は相当のものがある。

 ドラフト会議で指名された選手は、全員が活躍するわけではない。プロ野球のスカウトが複数人で評価をしてもそうなるのだ。ネットスカウトが推した選手がプロで活躍できなかったりすると、いろいろと言われたりする。しかし実際に話を聞くと、その膨大な情報量と情報交換によって裏付けされたデータにより、批判などとてもできなくなる。

 

情報が決め手

 プロのスカウトも情報が決め手となる。いい選手がどこにいるのかから始まり、その選手は今日の試合で出場するのか、今の状態はどうか、普段はどうか、そして、プロに行く意思はあるのかなど。今はインターネットで情報が得やすくなったとはいえ、この辺の情報は得にくい。

 例えばいい選手がどこにいるのかの情報がないとその選手に出会う事もできないし、試合の出場情報がないと、空振りが増えて選手を見る効率が悪くなる。広い地域を回って数百人の選手を見なければならないスカウトにとって、その情報は貴重だ。情報を得られるかはスカウトの評価の一つと言っても良いだろう。

 

野球のすそ野は広がっていく

 良い選手を獲得するためには、有名な高校や中央の大学だけを見ていれば良いものではなくなってきた。地方の大学だったり、独立リーグも増えている。球団のスカウトにとって、情報を集めるためにはネットスカウトの力が欠かせなくなるかもしれない。

 また、ネットスカウトも自分たちが調べた情報をインターネット上で発信することで、野球の人気を支えている。野球のすそ野は広いし、これからも広がっていく。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

選抜高校野球で注目された選手はドラフトで指名されやすいか

選抜高校野球大会は、まだ肌寒い季節ですが高校生たちの熱い戦いが行われています。1回戦で32チーム全て

記事を読む

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手

記事を読む

野球選手、野手の評価が難しい理由

以前、選抜高校野球大会に出場する田島大樹選手を元スカウトの日野氏に評価をしてもらいましたが、Yout

記事を読む

【ドラフト会議特集1】ドラフト会議までに何を決めておくのか?スカウト会議で行う事

 いよいよドラフト会議まであと1か月となりました。今年は「確実にドラフト1位で行ける」と言える選手が

記事を読む

スマホやAIの進化で、スカウト活動は変わっていくのか?

プロ野球のキャンプの終盤戦に入り、練習試合やオープン戦を中心に回り始めるようになる。キャンプに参加し

記事を読む

野球キャンプイン

1月、2月のスカウトの動き

プロ野球は2月1日に春季キャンプが始まり「球春到来」となる。この時期はアマチュア野球の高校野球、大学

記事を読む

【ドラフト会議特集4】スカウトの仕事、交渉事

 プロ野球のスカウトは、チームのために必要な戦力をそろえる事。選手を見て評価をすることが最も主な活動

記事を読む

広島経済大・尾仲祐哉投手にみる選手の努力と可能性

広島経済大の尾仲祐哉投手は172cm70kgの右腕投手、現在は最速で150キロを投げるが、大学入学時

記事を読む

プロ野球スカウトの面白さ ~昔のスカウトの仕事~

 北海道日本ハムの山田GMが退任されるようだ。思えば最近のドラフト会議で、唯一会場を湧かせてくれる球

記事を読む

野手のドラフト候補がスカウトに注目されるには

 センバツに出場する野手の候補を紹介してきたが、元西武のスカウト・日野茂氏に、「野手はどんな風にすれ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑