*

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

公開日: : プロ野球

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉市出身で、昨日はその千葉ロッテのファンの前でのセレモニーとなった。そして今日、千葉ロッテで15年間プレーをした里崎智也選手の引退が報道された。

石井一久投手

 石井一久投手は東京学館浦安のサウスポーで、当時はとにかく球が速い180cmの左腕投手ということで注目された。そのストレートは、3年夏の千葉県大会では4試合で54奪三振を奪った。ただしコントロールは良くなく、プロのスカウトの評価も割れた。

 1991年のドラフト会議では若田部健一投手に福岡ダイエーや巨人、広島、西武が、また斎藤隆投手に大洋、中日が、田口壮選手にオリックスと日本ハムが指名重複し、石井一久投手はヤクルトに1位指名されて入団した。

 ヤクルトでは制球難に苦しんだものの、1992年の日本シリーズでは高卒新人ながら3戦目に先発を任されるなど期待を受け、その後、1995年に13勝、1998年に14勝を記録するなど、ヤクルトの黄金時代を支えた。

 2002年にはメジャーリーグのドジャースに移籍し、1年目に14勝、3年目に13勝を記録した、その後メッツに移籍したものの翌年にはヤクルトに復帰し11勝を挙げると、2008年には西武に移籍し11勝を挙げている。

 スケールの大きなノーコン左腕投手は、その育成がプロ野球の夢だと思うが非常に難しい。その中で日米合わせて182勝を挙げた石井選手は、大成功の例と言える。

 

里崎智也選手

 里崎選手は鳴門工から帝京大に進学すると、帝京大では4年時にホームランを量産し、同じ首都リーグでホームランを放って活躍した原2世と評価されていた。しかし当時はヤクルトの古田敦也捕手など打つだけでなく守れる捕手も注目され、打撃が注目されていた里崎選手の評価はわれていた。

 また里崎選手が指名された1998年のドラフト会議は、松坂世代がいた大豊作の年だった。松坂大輔投手、新垣渚投手、上原浩治投手、福留孝介選手、藤川球児投手など、メジャーでも活躍したような選手がいた中で、里崎選手はドラフト2位で千葉ロッテに指名された。

 里崎選手は得意の打撃で、2001年にはフレッシュオールスターでホームランを放ちMVPを獲得したり、代打でホームランを放ったりとアピールを続けたものの、捕手としてはレギュラーを獲れずにいた。しかし2003年の5月に代打で結果を残してから捕手としても出場すると、2005年のプレーオフには優勝を決めるタイムリーを放ち、日本シリーズでも阪神を圧倒して勝利した。

 2006年には第1回WBCの日本代表メンバーに選ばれると、正捕手としてマスクをかぶり世界一に輝いた。その後は度重なる故障を克服しながら2度目の日本一を果たすなど活躍を続けたが、2013年に伊東監督が就任し、2012年に田村龍弘捕手、2013年に吉田裕太捕手をドラフトで獲得し、かぶり続けたマスクを置く時を悟っていたようだ。

 

プロでの生き方

 アマチュア時代は石井投手はストレート、里崎選手は打撃と、一つ抜きんでたものを持っていた。そして石井投手は安定したコントロールや鋭い変化球を身に着け、里崎選手も経験を積んで正捕手としても千葉ロッテの投手を支えてきた。

 器用な選手ならば、アマチュア時代から器用さを見せていただろう。二人は不器用な選手だったと思う。それでもプロでこれだけ続けることができたのは、努力しかないと思う。もし二人が器用な選手だったとしたら、ここまでの記録を残す選手にはならなかったのではないかと思う。

 

お疲れ様でした。そして今後は二人がどんな選手を育てるのか、まだまだ興味は続きます。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

ドラフト注目選手を、石毛宏典氏、日野茂氏が斬る 第1回「オコエ瑠偉選手・関東第一」

 プロ野球ドラフト会議が10月22日に迫ってきた。様々なメディアで注目選手が取り上げられているが、元

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む

育成ドラフト指名選手の1年目での支配下登録

巨人は2015年ドラフト会議において育成ドラフト8位で指名し、育成枠で契約をしていた長谷川潤選手と支

記事を読む

チーム編成トップの役割

 プロ野球でチームを強くするために、また運営するために重要な役割を持つフロント、その中でチーム編成の

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

左打者には左投手?確実性を上げるために逆方向を狙う?野球の常識とは

日本の野球で常識と考えられている事について、元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。 夏の甲子園で北

記事を読む

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

身体的能力が目立たなかった稲葉篤紀選手が、プロ野球を大きく発展させた

 北海道日本ハムの稲葉篤紀選手が今季限りで引退をする。法政大の時にドラフト会議で3位でヤクルトが指名

記事を読む

期待が不安を上回る、3月を楽しもう!

 いよいよ3月に入る。日本の場合、多くの物事の1年間の活動が3月で終わり、4月から新しい1年が始まる

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑