*

【高校野球】レギュラーをめぐる戦いがスタート

公開日: : 高校野球

 夏の高校野球大会が8月25日にやや遅めに幕を閉じて1週間と少し、高校野球はその大会中からすでに、来年に向けた大会が始まっている。

チームは毎年変わる

 秋の大会には3年生は出場することは出来ないため、野球部を引退する。そして2年生が最上級生となり、新たなチームがスタートする季節だ。

 高校野球の監督の頭の中には、すでに新チームの構想がある。2年生で中心的な選手がいて、その選手が投手ならば来年のチームは守りを中心にした形にしよう、4番を打つものすごいスラッガーならば、その選手の前にチャンスが作れるチームにしようと。チームの伝統の形というものは当然あるものの、その学年に在籍する選手のタイプ、そして中心となるような選手を見てチームを作り上げていく。

 それは例え甲子園で優勝したチームでも、いやおうなく3年生はいなくなり新しいチームにならざるを得ない。特に3年生の中心選手がそろったチームほど、下級生の試合経験が少なく秋の大会では苦戦することもある。

 

選手にとってもチャンス

 選手にとってもチャンスである。ポジションがリセットされいよいよ自分が主役になれる。

 これまでレギュラーになれなかったのが、実力的に3年生にかなわなかったという選手ばかりではない。全国4000校近くの高校があれば、その中には3年生と2年生に軋轢があったりして、満足いく野球生活が送れていなかった選手もいる。その選手にとっても心機一転の時期となる。

 野球塾のゼロ・ベースボールアカデミーでも毎年楽しみな季節だ。卒業生が高校野球で背番号をもらったという報告が入ってくる。具体的な名前は出せないが、関東の甲子園で優勝経験のある超名門校でこの夏から4番を打っていた選手、別の優勝経験のある名門高校で1年生で3番サードのレギュラーとなった選手、東北の名門校でこの秋4番を任される選手などがいる。

 ほかにも都大会で常に上位に顔を出しているチームのセカンド、北関東でこちらも県大会常連のチームで1年生でエースになった投手など、楽しみな報告が続く。

 

 この時期にレギュラーとなったからと言って、来年、レギュラーである保証はない。または今大会中にレギュラーを奪われる選手だっているだろう。レギュラーとなった選手は必死にそれを守ろうと頑張り、レギュラ―になれなかった選手もレギュラーを奪おうと必死に頑張る。

 その戦いがスタートする。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

横浜高校の渡辺監督が勇退、約半世紀の監督人生

 横浜高校の渡辺監督が今年限りで勇退するという報道がされた。70歳、昨年、同校の小倉部長が勇退したが

記事を読む

野球と自分の実力の評価

 野球選手は時には道の選択が必要になる時がある。熱戦が繰り広げられている高校野球でも、3年生は夏の大

記事を読む

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

夏の高校野球、2011年からの選手宣誓の内容と宣誓をした主将たち

 いよいよ夏の高校野球、甲子園大会が開幕しました。今年は作新学院主将・中村幸一郎選手による選手宣誓が

記事を読む

怪物と怪物が出会ったら

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物

記事を読む

石毛宏典氏の高校野球への提言

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした

記事を読む

代表に集った選手たちは、何を得たのか?

 8月の甲子園終了から約2週間、侍ジャパンU18代表が集まった。約17万人の高校野球部員の中から選ば

記事を読む

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

高校野球のベスト8と地域の差

 今年の夏の高校野球選手権、北信越地区や東北地区の活躍が目立った。しかしベスト8には実力のある東海、

記事を読む

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(1)

昨年、高校野球100年という事で、沢山のイベントが行われ、夏の甲子園も大いに盛り上がった。とても長い

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑