*

高校野球の監督の情熱

公開日: : 高校野球

 済美高校の上甲監督が逝去された。1975年から宇和島東高校のコーチになると1977年に監督に就任、以降、済美高校の監督に就任するなど2014年まで37年間の監督生活を続け、現役のまま亡くなられた。

高校野球に情熱

 上甲監督は宇和島東高校の野球部でプレーしたあと龍谷大学に進み、4年間ベンチ入りしたが思うような成績を残せず一般就職をしたが、その後、地元に帰り薬局を開いていたようだ、そしてコーチから監督となり、1987年に甲子園に出場、1988年春に選抜高校野球大会で優勝監督となった。

 その後、済美高校の監督に就任すると、2004年の選抜大会で優勝、夏は準優勝に輝いた。そして昨年、久々に甲子園に出場を果たすと、安楽智大投手を擁してセンバツで準優勝をしている。

 熱い情熱を持ち、熱心に指導をされていた。

 高校野球の監督は長く続けられる有名な監督が多い。横浜高校の渡辺元智監督が1968年に監督となって46年間、智弁和歌山の高嶋仁監督は1972年に智弁学園の監督に就任してから智弁和歌山に映り42年間も務めている。他にも今年夏まで九州国際大付を率いていた若生正広監督も、今年監督勇退を発表したが、来年4月には埼玉栄高校の監督に就任するようだ。

 とにかく高校野球の監督とは、一生を費やすことができる職業のようだ。

 

高校野球監督のおもしろさ

 高校野球の監督は教育者でなければならない。その点は、毎年生徒を教えて生徒を送り出す教師と同じ役割である。ただし、高校野球の監督には、甲子園という共通の目標がある。高校野球で勝つことが高校の知名度アップにもつながり、高校から期待を寄せられている所も多い。

 そして高校野球の監督は、推薦入学の枠を持っていたりと権限も与えられている場合がある。選手の視察をしたり練習会等でスカウティングをし、練習で各地に遠征して選手を育ててチームを作り、そして甲子園などの大会で戦いに臨む。選手は毎年入れ替わり、毎年違う状況が作り出される。

 いろいろ話を聞くと、高校野球の監督は一度やったら辞めたくない魅力的なポジションのようだ。やはり選手をスカウトする楽しさ、その選手が育っていく楽しさ、そして甲子園など大会で戦う楽しさは、病みつきになるのだろう。

 時には誘惑などもある。また思うように結果が残せないと学校内での地位も低くなり、生徒を預けた保護者からきつい言葉をもらったりもする。それでも魅力的なポジションだ。

 

 昨年の選抜に安楽智大投手を一人投げさせ、結果的に故障させてしまった。また野球部でいじめが発覚しこの秋の大会出場を辞退するなど、いろいろな問題が起こる中で亡くなり、無念は残るだろう。それでも上甲監督は、自らがスカウトして立派に育てた安楽智大投手を、夏の戦いが終わるまで見届けた。

 プロ野球選手の安楽投手を見ることは出来なかったが、最後まで高校野球監督の情熱は変わらなかった。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

高校野球、2014年の夏の甲子園入場者数は歴代5位で斎藤佑樹・田中将大の年を上回る

 2014年夏の高校野球大会は大阪桐蔭が優勝した。今年の夏の甲子園の入場者数は約85万3千人で、これ

記事を読む

東海大相模・吉田凌投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今年のドラフト候補の高校生の中で、プロが注目している左右の投手が東海大相模にいる。共に中学時代から

記事を読む

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む

高校野球の2014年の日程終了!今年の高校野球シーンを振り返る

 高校野球は明治神宮大会が終わり、2014年のすべての日程が終了した。あとは年末を越し、1月末に選抜

記事を読む

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む

【センバツ注目選手】遊撃手編~その3~ 木更津総合・檜村篤史選手を元プロスカウトが評価する

 センバツ出場選手の評価シリーズ、今日は遊撃手編の最後として、木更津総合高校の檜村篤史選手を見てみた

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑