*

大阪桐蔭の優勝と福岡ソフトバンクジュニア、つながり始めた12球団ジュニアトーナメント

公開日: : 高校野球

 昨日、夏の高校野球で優勝した大阪桐蔭高校、実は福岡ソフトバンクジュニアとの縁がある。優勝メンバーの3人が福岡県出身で、小学校6年生の時に福岡ソフトバンクジュニア入りしている。そしてそのチームメイトには・・・。

福岡ソフトバンクジュニア

 プロ野球では毎年冬に12球団が小学6年生を選抜したチームを作り、トーナメントで対戦する12球団ジュニアトーナメントを開催している。2005年から始まったこの大会は今年で10年目を迎える事になり、しっかりと定着をしている。

 そして2008年のジュニアトーナメント、福岡ソフトバンクジュニアは背番号2の捕手に福島孝輔選手、背番号3・内外野手に中村誠選手、そして背番号14・投手内野手として香月一也選手を選出した。そう、福島選手は大阪桐蔭のエースとして、中村選手は主将で1番打者として、香月選手は3番で主軸として大阪桐蔭で優勝メンバーとなった。

 この3人は福岡県に中学に進学したあと、大阪桐蔭に入学している。

 そしてこのチームには他にも凄いメンバーがいる。高濱祐仁選手はこの世代に中学生で注目されたスラッガーの一人で、横浜高校に進学した。昨年夏の甲子園でほーむらんをは夏などプロから注目されているが、今年の夏は調子を落とし甲子園出場もならなかった。ちなみにホークスジュニアで背番号0を付け主将を務めたのが松崎健造選手で、横浜高校でも主将となり高濱選手とともに戦った。

 また、背番号10で捕手として選ばれているのが小野郁選手、今年、西日本短大付で150キロを記録するピッチャーとして注目を浴びている。背番号18で内外野手として選ばれた森京賢大選手も海星高校で投手となった。140キロを超す速球を投げていたが今大会は背番号15でベンチに入ったのみ、登板機会はなかった。

 ほかにも各高校で活躍した選手がたくさんいたチームだったが、2008年の大会では東北楽天、千葉ロッテとの予選リーグで勝ち上がったものの、準決勝で北海道日本ハムジュニアに敗れている。ちなみに、その日本ハムジュニアには、超スローボールで話題を呼んだ東海大四の西嶋亮太投手が内野手として出場していた。

 

プロにつながり始めたジュニアチーム

 このジュニアチームだが、昨年も横浜ベイスターズジュニアでプレーした松井裕樹投手がドラフト1位でプロ入りしている。今年の高校生でも東京ヤクルトスワローズジュニアに横浜高校の浅間大基選手が、東海大相模の140キロカルテットの一人で先発した青嶋凌也投手が中日ドラゴンズジュニア、明徳義塾で4回甲子園に出場したエース・岸潤一郎投手はオリックスバファローズジュニアで出場している。

 このように、ジュニアチームで活躍した選手が高校野球でも活躍し、プロの舞台に進む道が広がっている。少年野球関係者に話を聞くと、少年野球チームの強豪などがジュニアトーナメントに出場した選手をごっそりと入団させているようだ。そしてチームとして結果を残すと今度は有名高校から声がかかり、甲子園につながっていく。

 

 いずれにしても福岡ソフトバンクジュニアで一緒に戦って大阪桐蔭に進んだメンバーが甲子園で優勝を経験した。高濱選手や小野投手などはドラフト候補としてプロ入りするところに来ており、大阪桐蔭のメンバーよりも一足先にプロ入りするかもしれないが、大阪桐蔭メンバーも大学でさらに成長しプロ入りするかもしれない。

 かつてのあのチームの選手がいろいろな道を進み、野球の夢を追い続ける。そして時にチームメイトとなり、時に対戦相手となってお互いに成長をしてゆく。その姿を見る事も野球の楽しさの一つだと感じる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む

高校野球選手の進路とトレンド

 高校野球選手の進路、有力な選手は昨年の段階で大学に推薦が決まっていたり、社会人への内定が決まってい

記事を読む

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典

記事を読む

高校野球のベスト8と地域の差

 今年の夏の高校野球選手権、北信越地区や東北地区の活躍が目立った。しかしベスト8には実力のある東海、

記事を読む

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プ

記事を読む

高校野球の名将の引退

 昨日、高校野球の佐賀大会では佐賀北高校が佐賀工業を下して甲子園出場を決めた。佐賀北の百崎監督は20

記事を読む

天理高校・坂口漠弥選手を元プロスカウトが評価する

 選抜高校野球大会が終わり、高校生たちは夏に向けて動き始めている。そのセンバツで長打力が注目されたの

記事を読む

公立高校の夏は激アツ!?

 夏の高校野球の興味の一つに、公立高校と私立高校の戦いというものがあります。私立高校では県外から選手

記事を読む

高校野球の都道府県別出場校数と部員数

 第96回高校野球大会は、甲子園で熱戦が繰り広げられている。今日は八頭高校が大阪桐蔭と対戦したが敗れ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑