*

高校野球のベスト8と地域の差

公開日: : 高校野球

 今年の夏の高校野球選手権、北信越地区や東北地区の活躍が目立った。しかしベスト8には実力のある東海、近畿、九州も残り、各地方を代表するチームの対戦となる。

ベスト8進出チームは?

 ベスト8の対戦カードは

三重(三重)vs沖縄尚学(沖縄)

敦賀気比(福井)vs八戸学院光星(青森)

健大高崎(群馬)vs大阪桐蔭(大阪)

聖光学院(福島)vs日本文理(新潟)

となった。富山商、佐久長聖、星稜なども初戦で勝利するなど北陸のチームの活躍が目立ったが、ベスト8には敦賀気比と日本文理の2校が残った。東北地方も山形中央、盛岡大付などが勝ち上がり活躍し、八戸学院光星と聖光学院がベスト8に残った。

 予想に反し、初戦で多くの高校が姿を消した近畿地方と九州地方だったが、一昨年春夏連覇の大阪桐蔭、そして、昨年秋、今年春の九州大会で優勝した沖縄尚学が面目を保った。

 東海地区では春の東海大会で優勝している三重高校が勝ち残り、関東も昨年夏の甲子園で優勝をしている前橋育英に続き、健大高崎が唯一勝ち残った。

 

地域の差

 かつては、北海道や東北地方の高校は、冬は雪で覆われ4月までは屋外での練習ができなず、しかも甲子園の暑さに弱いという印象があり、確かに北海道、東北地方は長い間優勝がなかった。しかし2004年に駒大苫小牧が夏の大会で全国制覇をすると、2012年には光星学院が春・夏準優勝を記録する。北海道や東北地方のハンデというのは、練習の施設だったり気候の変動でかなり減っているようだ。

 逆に九州など西の高校は暑さとの戦いとなってきた。5月には30度前後を記録する日も出てきており、逆に球児たちにとって厳しい環境となってきた。長期的な気候の変動が、甲子園の優勝にこれからも影響をしていくかもしれない。

 日本全体の南北の環境の差は減ったかもしれないが、都市部と地方の人数の多さ少なさというものは、少子化や人口減少の中でさらに大きくなりそうだ。野球環境や試合経験を求めて、同じ都道府県でも都市部、または強豪の高校に選手が集中する形になっていくかもしれない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第2回:甲子園常連高校~

 高校野球の応援特集、第1回では東京六大学由来の応援歌を紹介しましたが、第2回は甲子園常連校由来の応

記事を読む

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プ

記事を読む

代表に集った選手たちは、何を得たのか?

 8月の甲子園終了から約2週間、侍ジャパンU18代表が集まった。約17万人の高校野球部員の中から選ば

記事を読む

小豆島と小豆島高校と甲子園

小豆島高校がセンバツ大会に出場、1-2で惜しくも敗れ甲子園1勝はならなかったが、落ち着いた戦いぶりを

記事を読む

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典

記事を読む

バスターは難しい

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第4回:流行曲~

 高校野球応援特集、第4回、今回は流行曲です。  第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園

記事を読む

高校野球の監督の情熱

 済美高校の上甲監督が逝去された。1975年から宇和島東高校のコーチになると1977年に監督に就任、

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑