*

高校野球の都道府県別出場校数と部員数

公開日: : 高校野球

 第96回高校野球大会は、甲子園で熱戦が繰り広げられている。今日は八頭高校が大阪桐蔭と対戦したが敗れた。大阪桐蔭は大阪府代表だが大阪府大会は180校が出場している。対する八頭高校は鳥取県の代表だが鳥取大会は24校の参加にとどまった。どれくらいの格差があるのかを調べてみる。

第96回選手権大会の都道府県大会参加高校数

 下表の通りもっとも出場校の多かったのは190校の神奈川県で、1校当たりの甲子園出場確率は0.53%、もっとも少なかったのは24校の鳥取県で確率は4.17%と、1校当たりの出場確率は鳥取県のほうが神奈川県より約8倍高いということになる。

 次に2013年度の高校野球部員数のデータを元に、各都道府県の1校当たりの部員数を見てみると、最も多いのは沖縄県で1校当たり約56人の部員がおり、最も少ないのは北海道の約33人だった。

都道府県 夏の大会参加校数 高校野球部員数(2013年度) 1校当たりの甲子園出場確率 1校当たり部員数
北北海道 103 7,381 0.97% 32.8
南北海道 122 0.82%
青森 68 2,247 1.47% 33.0
岩手  71 2,681 1.41% 37.8
秋田 50 2,043 2.00% 40.9
山形 49 1,973 2.04% 40.3
宮城 74 2,811 1.35% 38.0
福島 81 3,088 1.23% 38.1
茨城 100 3,885 1.00% 38.9
栃木  62 2,425 1.61% 39.1
群馬  67 2,829 1.49% 42.2
埼玉 156 7,327 0.64% 47.0
千葉 170 7,851 0.59% 46.2
東東京 137 10,972 0.73% 41.4
西東京 128 0.78%
神奈川 190 8,167 0.53% 43.0
山梨 37 1,671 2.70% 45.2
長野 87 3,613 1.15% 41.5
新潟 88 3,190 1.14% 36.3
富山 48 1,661 2.08% 34.6
石川 49 2,145 2.04% 43.8
福井 30 1,324 3.33% 44.1
愛知 189 8,513 0.53% 45.0
静岡 113 4,775 0.88% 42.3
三重 62 2,699 1.61% 43.5
岐阜 67 2,989 1.49% 44.6
滋賀 52 2,532 1.92% 48.7
京都 78 3,608 1.28% 46.3
奈良 42 2,112 2.38% 50.3
和歌山 39 1,576 2.56% 40.4
大阪 180 8,715 0.56% 48.4
兵庫 162 7,616 0.62% 47.0
岡山 59 2,822 1.69% 47.8
広島 93 4,082 1.08% 43.9
鳥取 24 866 4.17% 36.1
島根 39 1,510 2.56% 38.7
山口 58 2,102 1.72% 36.2
香川 40 1,640 2.50% 41.0
愛媛 59 2,130 1.69% 36.1
徳島 31 1,040 3.23% 33.5
高知 31 1,106 3.23% 35.7
福岡 135 6,970 0.74% 51.6
佐賀 41 1,853 2.44% 45.2
長崎 57 2,390 1.75% 41.9
熊本 65 3,348 1.54% 51.5
大分 47 2,225 2.13% 47.3
宮崎 49 2,176 2.04% 44.4
鹿児島 77 3,018 1.30% 39.2
沖縄 61 3,391 1.64% 55.6
合計 3917 167,088

 ちなみに関東を見ると、埼玉県は1校当たりの甲子園出場確率は0.64%で、しかも1校当たりの部員数は47人と最も多い。レギュラーの18人に入る確率は50%以下で、しかも出場確率も低い。

 逆に栃木県は1校当たりの甲子園出場確率が1.61%で1校当たりの部員数は約39人、50%に近い確率でレギュラーとなり甲子園出場の確立も1%以上となっている。

 

 もちろん学校の野球環境もあるし、強豪校は部員が100人を超す高校もある。単純ではないものの、参考としていただければ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

高校野球選手の進路とトレンド

 高校野球選手の進路、有力な選手は昨年の段階で大学に推薦が決まっていたり、社会人への内定が決まってい

記事を読む

センバツ高校野球大会、夢は夏に向かって

センバツ高校野球大会は今日、決勝戦を迎える。智弁学園vs高松商という、名門で強豪でありながら、決勝で

記事を読む

甲子園でホームランを打つのは5000人に1人の奇跡

 夏の高校野球、今大会は既に10号ホームランが出ている。甲子園でホームランを打つ事ができるのは、全国

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(1)

昨年、高校野球100年という事で、沢山のイベントが行われ、夏の甲子園も大いに盛り上がった。とても長い

記事を読む

高校野球100年、審判員も100年

 100年目の高校野球大会が開幕した。第一回全国中等学校優勝野球大会は1915年8月19日~23日に

記事を読む

横浜高校の渡辺監督が勇退、約半世紀の監督人生

 横浜高校の渡辺監督が今年限りで勇退するという報道がされた。70歳、昨年、同校の小倉部長が勇退したが

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑